上田電鉄の旅
上田電鉄は別所温泉へ運行、ここのところずっと東急の電車で運行していますが、かつて丸窓電車があることで知られ、現在は丸窓を復活させた電車が走っています(あまり意味はありませんが)。最新の車両は元東京急行電鉄1000系ステンレス車で、田舎の電車という雰囲気ではなく、地方私鉄もかなり近代的な電車が走るようになったと感じます。距離が短いので、ちょっとローカルな地方私鉄の旅という感じで楽しめます。  2012年11月記
1000系「自然と友だち1号」の上田行きが信濃川を渡ります。この車両は元東京急行電鉄。(2015年7月7日 上田) 2015年7月記 1000系「自然と友だち1号」の別所温泉行き。この車両は元東京急行電鉄。(2015年7月7日 上田) 2015年7月記 6000系「さなだどりーむ」の上田行きが信濃川を渡ります。この車両は元東京急行電鉄1000系中間車の先頭車化改造。(2015年7月7日 上田) 2015年7月記
6000系「さなだどりーむ」の別所温泉行き。この車両は元東京急行電鉄1000系中間車の先頭車化改造。(2015年7月7日 上田) 2015年7月記 1000系「まるまどりーむ」の上田行きが信濃川を渡ります。この車両は元東京急行電鉄。(2015年7月7日 上田) 2015年7月記 1000系「まるまどりーむ」の別所温泉行き。この車両は元東京急行電鉄。(2015年7月7日 上田) 2015年7月記
長野新幹線、しなの鉄道と一体になった駅から上田電鉄も出発します。(2013年9月5日 上田) 2012年11月記 駅では歴代の車両写真が1枚100円で販売中。まるでアイドル生写真っていう感じです。(2013年9月5日 上田) 2012年11月記 その日運行している電車が、どういう車両かが分かるようになっていて、これは撮影に便利です。(2013年9月5日 上田) 2012年11月記
丸窓電車を意識してか、駅にホームの窓まで丸窓でした。(2013年9月5日 上田) 2012年11月記 1000系の別所温泉行き。(2013年9月5日 上田) 2012年11月記 7200系の上田行き。(2013年9月5日 上田) 2012年11月記
1000系の別所温泉行き。上田を出ると間もなく千曲川を渡ります。(2013年9月5日 上田) 2012年11月記 7200系の上田行きが千曲川を渡ります。この川は新潟県に入ると信濃川に名を変えます。(2013年9月5日 上田) 2012年11月記 水量豊かな千曲川。(2013年9月5日 上田) 2012年11月記
長野新幹線、しなの鉄道、上田電鉄がひとまとめになっている上田駅。上田電鉄はここが始発。(2008年8月30日 上田) 2012年11月記 1000系。1000系運転開始のヘッドマーク付き。始発の上田駅は意外にも高架で都会的。(2008年8月30日 上田) 2012年11月記 1000系車内は東京急行電鉄時代と同じロングシート。(2008年8月30日) 2012年11月記
7200系丸窓電車を再現した「まるまどどりーむ」車内。(2008年8月30日) 2012年11月記 7200系丸窓電車を再現した「まるまどりーむ」。丸窓から見た沿線風景。(2008年8月30日 神畑〜寺下) 2012年11月記 7200系はかつての丸窓電車を再現した「まるまどりーむ」。(2008年8月30日 別所温泉) 2012年11月記
1000系。2両編成だというだけで東急時代と変わりません。(2008年8月30日 別所温泉) 2012年11月記 7200系はかつての丸窓電車を再現した「まるまどりーむ」。(2008年8月30日 別所温泉) 2012年11月記 7200系。別所温泉駅駅長はレトロな服装でお出迎え。(2008年8月30日 別所温泉) 2012年11月記
別所温泉駅に保存というか放置されているモハ5250形丸窓電車。(2008年8月30日 別所温泉) 2012年11月記