黒部峡谷鉄道の旅
JR富山駅に隣接する電鉄富山駅から富山地方鉄道本線に乗り、終点の宇奈月温泉へ。徒歩5分ほど行くと黒部峡谷鉄道の宇奈月駅があります。人気の列車のようで駅前には観光バスがたくさん並んでいて、アジアからの観光客も目立ちます。ここから山深くに黒部川の渓谷に沿って走ります。元々はダム建設のための工事資材輸送のための鉄道でした。沿線は豪雪地帯で、冬季は運休、一部は架線などを撤去してトンネル内にしまっておくそうです。そうしないと、どうせ積雪や雪崩で壊されてしまうんだそうです。 2013年5月記
黒部峡谷鉄道の宇奈月駅は富山地方鉄道の宇奈月温泉駅から徒歩5分くらい。(2009年7月5日 宇奈月) 2013年5月記 宇奈月駅。黒部峡谷鉄道は編成は長いのですが、車両はミニサイズ。(2009年7月5日 宇奈月) 2013年5月記 宇奈月駅。紫陽花のような花が咲いていました。後方は「リラックス客車」。(2009年7月5日 宇奈月) 2013年5月記
宇奈月駅前にはこんな機関車の模型が。記念写真用です。(2009年7月5日 宇奈月) 2013年5月記 斜面にへばり付いて出発です。(2009年7月5日 宇奈月) 2013年5月記 こちらは宇奈月に戻ってきた列車です。(2009年7月5日 宇奈月) 2013年5月記
新山彦橋を渡るトロッコ列車。(2009年7月5日 宇奈月) 2013年5月記 新山彦橋を渡るトロッコ列車、下を流れるのはもちろん黒部川。(2009年7月5日 宇奈月) 2013年5月記 トロッコ列車が出発、気持ちよさそうです。(2009年7月5日 宇奈月) 2013年5月記
機関車重連+普通客車7両+「リラックス客車」6両の編成。(2009年7月5日 宇奈月) 2013年5月記 でもやっぱりトロッコ列車は吹きっさらしがいいと思います。(2009年7月5日 宇奈月) 2013年5月記 次にやってきた列車は3種の客車が連結されていました。(2009年7月5日 宇奈月) 2013年5月記
両サイドが「特別客車」、中央が「リラックス客車」。すべて料金が異なります。(2009年7月5日 宇奈月) 2013年5月記 こちらが基本となる普通客車です。(2009年7月5日 宇奈月) 2013年5月記 やまびこ展望台から。列車がトンネルから出てきました。(2009年7月5日 宇奈月) 2013年5月記
やまびこ展望台から。ポスターなどでおなじみの構図です。(2009年7月5日 宇奈月) 2013年5月記 トロッコ列車が出発。紅葉の時期は綺麗なんでしょうね。(2009年7月5日 宇奈月) 2013年5月記 トロッコ列車がトンネルに消えていきました。(2009年7月5日 宇奈月) 2013年5月記