紀州鉄道の旅
紀州鉄道は元は御坊臨港鉄道でしたが、不動産会社が鉄道会社のネームバリューを得るために買収したというのが誕生の経緯だそうです。確かに「東急不動産」というと信用度が増しますからね。つまり紀州鉄道は不動産業の副業ということでしょうか。乗ってみると、確かに「紀州鉄道」というより「御坊臨港鉄道」といった雰囲気でした(港の近くを通るわけではありませんが)。全体的にタイムスリップしたような旅が楽しめ、昭和の香りがプンプンしました。 2013年8月記
KR301形の御坊行きが終着駅に到着。この車両は元信楽高原鐵道。(2016年3月21日 御坊) 2016年3月記 KR301形の西御坊行き。この車両は元信楽高原鐵道。(2016年3月21日 御坊) 2016年3月記 KR301形の西御坊行き。この車両は元信楽高原鐵道。(2016年3月21日 御坊) 2016年3月記
キテツ2形の西御坊行き。JR西日本紀勢本線と同じ駅の片隅から出ます。(2015年4月7日 御坊) 2015年4月記 キテツ2形の西御坊行き。この車両は元第三セクター北条鉄道フラワ1985形。(2015年4月7日 御坊) 2015年4月記 キテツ2形の御坊行き車内。(2015年4月7日) 2015年4月記
キテツ2形の西御坊行きより。変わった駅名ですが字が違います。(2015年4月7日 学門) 2015年4月記 キテツ2形の西御坊行きより。キハ600形がまだありました。(2015年4月7日 紀伊御坊) 2015年4月記 キテツ2形の西御坊行きより。もう1両のレールバスもいました。(2015年4月7日 紀伊御坊) 2015年4月記
西御坊駅が終点です。(2015年4月7日 西御坊) 2015年4月記 キテツ2形の御坊行き。この車両は元第三セクター北条鉄道フラワ1985形。(2015年4月7日 西御坊) 2015年4月記 キテツ2形の御坊行き。(2015年4月7日 西御坊) 2015年4月記
キテツ2形の御坊行き。(2015年4月7日 西御坊) 2015年4月記 キテツ2形の御坊行きと。意外にも終点の西御坊駅は有人駅で、窓口で切符を買ったら硬券でした。(2015年4月7日 西御坊) 2015年4月記 キテツ2形の御坊行き。(2015年4月7日 西御坊) 2015年4月記
キテツ2形の御坊行き。(2015年4月7日 西御坊) 2015年4月記 キテツ2形の御坊行き。(2015年4月7日 西御坊) 2015年4月記 キテツ2形の御坊行き。(2015年4月7日 西御坊) 2015年4月記
キテツ1形は元第三セクター北条鉄道フラワ1985形。今どき珍しい2軸のレールバス。(2009年1月6日 御坊) 2013年8月記 キテツ1形は元第三セクター北条鉄道フラワ1985形。この地ではスノープラウは必要なさそうですね。(2009年1月6日 御坊) 2013年8月記 キテツ1形は元第三セクター北条鉄道フラワ1985形。右の線路はJR紀勢本線。(2009年1月6日 御坊) 2013年8月記
キハ600形は元大分交通でしたが、引退したようです。(2009年1月9日 御坊) 2013年8月記 キハ600形は元大分交通でしたが、引退したようです。左にJR阪和線113系が見えます。(2009年1月9日 御坊) 2013年8月記 キハ600形は元大分交通でしたが、引退したようです。0番線から出発です。(2009年1月9日 御坊) 2013年8月記
キハ600形は元大分交通車両でしたが、引退したようです。背の低いミニ列車といった雰囲気でした。(2009年1月9日 御坊) 2013年8月記 キハ600形車内。元大分交通車両でしたが、引退したようです。昭和の香りがプンプンでした。(2009年1月9日) 2013年8月記 キハ600形車内。元大分交通車両でしたが、引退したようです。ここに4人は窮屈だったことでしょう。(2009年1月9日) 2013年8月記
キハ600形車内。元大分交通車両でしたが、引退したようです。開放的な運転台。(2009年1月9日) 2013年8月記