上信電鉄の旅
上信電鉄は上野(こうづけ)と信濃、つまり群馬と長野を結ぶ予定だったための社名だそうです。この鉄道はあまり鉄道写真向けとはいえないようで、ほとんどの車両が派手な全面広告車です。街中を走る路面電車ならまだいいかもしれないのですが、群馬の田舎の風景にはあまりマッチしないような気がします。そもそも沿線人口の少ないところで広告効果あるのでしょうか?そんな上信電鉄ですが、デキと呼ばれる凸型電気機関車はファンの間で人気があるようです。 2012年10月記
7000形の高崎行きが終着駅に到着。(2014年8月24日 高崎) 2014年8月記 7000形の下仁田行き。(2014年8月24日 高崎) 2014年8月記 250形の下仁田行き。(2014年8月24日 高崎) 2014年8月記
上信電鉄はJR高崎駅の片隅から出ます。(2013年7月21日 高崎) 2013年7月記 300形。上信電鉄は高崎駅0番線から出発です。(2013年7月21日 高崎) 2013年7月記 上信電鉄の高崎駅では車両の両側にホームがあります。(2013年7月21日 高崎) 2013年7月記
250形。上信電鉄は広告電車が多く、あまり電車を撮ろうという気になりません。(2013年7月21日 高崎) 2013年7月記 150形は元西武鉄道の車両。前パンです。(2013年7月21日 高崎) 2013年7月記 この日はデキ形電気機関車運転で多くのファンで賑わっていました。(2013年7月21日 高崎) 2013年7月記
300形車内。ごく平凡なロングシートです。(2013年7月21日) 2013年7月記 300形車内。運賃箱も整理券発行機も運転室のすぐ後です。(2013年7月21日) 2013年7月記 この日は「一日全線フリー乗車券」が安かったのでこれを利用。(2013年7月21日) 2013年7月記
6000形。(2013年7月21日 山名) 2013年7月記 500形は元西武鉄道新101系。(2013年7月21日 上州福島) 2013年7月記 貨物車両が放置されていました。(2013年7月21日 上州福島) 2013年7月記
終点の下仁田。葱で有名なところです。確かタレントの井森美幸さんはここ出身では?(2013年7月21日 下仁田) 2013年7月記 終点の下仁田駅は昭和の香りに満ちていました。(2013年7月21日 下仁田) 2013年7月記 終点の下仁田。山が迫っている地形でした。(2013年7月21日 下仁田) 2013年7月記
251形と300形の2両編成。(2013年7月21日 下仁田) 2013年7月記 251形と300形の2両編成。かたわらには錆び放題の貨物車両。(2013年7月21日 下仁田) 2013年7月記 山が迫ってきたので終点になったというような感じでした。(2013年7月21日 下仁田) 2013年7月記
デキ形。イベントで走ることがあります。(2008年7月11日 高崎) 2012年10月記 150形。元西武鉄道の車両です。(2008年7月11日 高崎) 2012年10月記 500形。元西武鉄道新101系です。(2008年7月11日 高崎) 2012年10月記
500形。もう1本の500形で色が異なりますが、現在は広告車両のようです。(2008年7月11日 高崎) 2012年10月記 6000形。パンタグラフが両端にある自社発注の車両。(2008年7月11日 高崎) 2012年10月記 1000形。上信電鉄は広告車両が多く、鉄道写真としては被写体向きではないように思います。(2008年7月11日 高崎) 2012年10月記
1000形。これなど前面デザインも何もありません。(2008年7月11日 高崎) 2012年10月記 250形。これじゃ走る看板?(2008年7月11日 高崎) 2012年10月記 300形。(2008年7月11日 高崎) 2012年10月記