北陸鉄道の旅
北陸は3県とも県庁所在地を中心に私鉄電車が走っています。金沢を中心に走るのは北陸鉄道、すでにオリジナル車両は姿を消したようで、浅野川線はすべて元京王電鉄井の頭線車両で、石川線は元京王電鉄井の頭線と東京急行電鉄車両で運転されます。元東京急行電鉄車両の中には、中間車だった車両を先頭車化した車両も含まれますが、ほぼ原形のままの姿で走っているので、東京の人が見れば「井の頭線だ」「東急だ」と分かると思います。すべての車両にいえるのは、スノープラウが付いていることで、雪国ならではの改造です。 2013年5月記
内灘駅は浅野川線の終着駅。(2016年6月25日 内灘) 2016年6月記 浅野川線8800系の北鉄金沢行きワンマン列車。元京王電鉄3000系。(2016年6月25日 内灘) 2016年6月記 浅野川線8800系の北鉄金沢行きワンマン列車。元京王電鉄3000系。この日は週末だったので「浅野川線1日フリーエコきっぷ」400円を利用。(2016年6月25日 内灘) 2016年6月記
浅野川線8800系の北鉄金沢行きワンマン列車。元京王電鉄3000系。内灘駅が終点で線路の先は住宅地。(2016年6月25日 内灘) 2016年6月記 浅野川線8800系の北鉄金沢行きワンマン列車。元京王電鉄3000系。終点の内灘に車庫もあるようです。(2016年6月25日 内灘) 2016年6月記 野町駅は石川線の始発駅。(2016年6月25日 野町) 2016年6月記
鶴来駅は石川線の終着駅。(2016年6月25日 鶴来) 2016年6月記 鶴来駅周辺は山が迫っていました。(2016年6月25日 鶴来) 2016年6月記 鶴来駅周辺は山が迫っていました。(2016年6月25日 鶴来) 2016年6月記
石川線7100系の野町行きワンマン列車。7700系も停車中でした。(2016年6月25日 鶴来) 2016年6月記 石川線7100系の野町行きワンマン列車。7700系も停車中でした。(2016年6月25日 鶴来) 2016年6月記 石川線7100系の野町行きワンマン列車。週末だったので「石川線1日フリーエコきっぷ」500円を利用。(2016年6月25日 鶴来) 2016年6月記
浅野川線8800系は元京王電鉄井の頭線3000系。始発は地下ホーム。(2008年10月16日 北鉄金沢) 2013年5月記 浅野川線8800系は元京王電鉄井の頭線3000系。「鉄道の日」のヘッドマーク付き。(2008年10月16日 北鉄金沢) 2013年5月記 浅野川線8800系車内。元京王電鉄井の頭線3000系。京王時代と同じですが。(2008年10月16日) 2013年5月記
浅野川線8800系車内。元京王電鉄井の頭線3000系。運転室のすぐ後は座席がなく運賃箱が。(2008年10月16日) 2013年5月記 浅野川線8800系は元京王電鉄井の頭線3000系。単線なので途中で行き違い。(2008年10月16日 三ツ屋) 2013年5月記 浅野川線8800系は元京王電鉄井の頭線3000系。スノープラウ付き。(2008年10月16日 三ツ屋) 2013年5月記
浅野川線8800系は元京王電鉄井の頭線3000系。ススキを揺らして。(2008年10月16日 三ツ屋) 2013年5月記 浅野川線8800系は元京王電鉄井の頭線3000系。井の頭線と同じデザインというのがいいです。(2008年10月16日 三ツ屋) 2013年5月記 浅野川線8800系は元京王電鉄井の頭線3000系。浅野川線は全列車が元井の頭線。(2008年10月16日 三ツ屋) 2013年5月記
浅野川線8800系は元京王電鉄井の頭線3000系。こちらは車体が寸胴のタイプ。(2008年10月16日 三ツ屋) 2013年5月記 浅野川線8800系は元京王電鉄井の頭線3000系。こちらは車体が広幅のタイプ。(2008年10月16日 三ツ屋) 2013年5月記 石川線新西金沢駅はJR西日本北陸本線西金沢駅の向かいにあります。(2008年10月16日 新西金沢) 2013年5月記
石川線7700系は元京王電鉄井の頭線3000系。(2008年10月16日 新西金沢) 2013年5月記 石川線7700系は元京王電鉄井の頭線3000系。(2008年10月16日 新西金沢) 2013年5月記 石川線7100系は元東京急行電鉄7000系。「鉄道の日」のヘッドマーク付き。(2008年10月16日 新西金沢) 2013年5月記
石川線7200系は元東京急行電鉄7000系。こちらは中間車の先頭車化改造。(2008年10月16日 新西金沢) 2013年5月記