江ノ島電鉄の旅
「えのでん」の愛称で親しまれる江ノ島電鉄は小田急電鉄の系列会社。東京から日帰りで楽しむのに最適な電車といえるでしょう。軒先をかすめ、道路上を車と一緒に走り、海岸沿いを走りと変化に富んだ車窓を楽しめます。沿線には江ノ島、鎌倉、湘南海岸、大仏様と見どころも多いので、一日乗車券「のりおりくん」を利用するのもいいと思います。車両はバラエティに富んでいるほか、デザインも様々なのですが、やはり何といっても江ノ電らしいのは現存する中では300形ですね。 2012年8月記
江ノ島電鉄のいっぽうのターミナル、藤沢駅は小田急デパートの2階。(2013年5月1日 藤沢) 2013年5月記 江ノ島電鉄のいっぽうのターミナル、藤沢駅は行き止まり式のホームです。(2013年5月1日 藤沢) 2013年5月記 藤沢駅の改札機には「江ノ電」であることがしつこく表示されています。(2013年5月1日 藤沢) 2013年5月記
藤沢駅の売店には江ノ電グッズが一杯!我が家にも江ノ電クッションが2個あります。(2013年5月1日 藤沢) 2013年5月記 江ノ島駅前の商店街にも江ノ電グッズを売る店がありました。見えているのは記念撮影用の運転台。(2013年5月1日 江ノ島) 2013年5月記 江ノ島電鉄江ノ島駅には鉄道模型のレイアウトが。(2009年1月15日 江ノ島) 2012年8月記
江ノ島電鉄300形。江ノ電といえば何といってもこの車両でしょう。(2009年1月15日 湘南海岸公園) 2012年8月記 江ノ島電鉄1000形は最大勢力の車両ですが、それでも6編成です。(2009年1月15日 湘南海岸公園) 2012年8月記 江ノ島電鉄20形が路上区間を走ります。(2009年1月15日 江ノ島) 2012年8月記
江ノ島電鉄300形。このレトロな雰囲気がいいです。(2009年1月15日 江ノ島) 2012年8月記 江ノ島電鉄20形は窓の形などにレトロな雰囲気を出しています。(2009年1月15日 江ノ島) 2012年8月記 江ノ島電鉄車内は普通のロングシート。(2009年1月15日) 2012年8月記
江ノ島電鉄の鎌倉駅はJR鎌倉駅に隣接。(2008年11月17日 鎌倉) 2012年8月記 江ノ島電鉄2000形と1000形。(2008年1月28日 江ノ島) 2012年8月記 江ノ島電鉄1000形は製造時によってヘッドライトの形が違います。(2008年1月28日 江ノ島) 2012年8月記
江ノ島電鉄500形と1000形。(2008年1月28日 江ノ島) 2012年8月記 江ノ島電鉄1000形と20形。単線なので駅では上下線が出合います。(2008年1月28日 江ノ島) 2012年8月記 江ノ島電鉄江ノ島駅。(2008年1月28日 江ノ島) 2012年8月記
江ノ島電鉄1000形。(2008年1月28日 江ノ島) 2012年8月記 江ノ島電鉄2000形。(2008年1月28日 江ノ島) 2012年8月記 江ノ島電鉄500形は最も新しい車両。(2008年1月28日 江ノ島) 2012年8月記
江ノ島電鉄10形は「オリエント急行」風デザイン。(2008年1月28日 江ノ島) 2012年8月記 江ノ島電鉄1000形がおそるおそる路面区間をゆっくり走ります。(2008年1月28日 江ノ島) 2012年8月記 江ノ島電鉄2000形。路面は走りますが、路面から乗れる駅はありません。(2008年1月28日 江ノ島) 2012年8月記
江ノ島電鉄1000形。軒先をかすめて走るのも江ノ電なら。(2008年1月28日 江ノ島) 2012年8月記 江ノ島電鉄1000形。龍口寺の門を横に。(2008年1月28日 江ノ島) 2012年8月記 江ノ島電鉄江ノ島駅近くにある江ノ電もなかの店。(2008年1月28日 江ノ島) 2012年8月記
江ノ島電鉄江ノ島駅近くの踏切ですが、遮断器などはありません。(2008年1月28日 江ノ島) 2012年8月記 江ノ島電鉄江ノ島駅近く。遮断機の代わりに「電車接近」の電光板が。(2008年1月28日 江ノ島) 2012年8月記