大分(別府温泉)の旅
日本を代表する温泉が別府ではないでしょうか。別府温泉、鉄輪温泉、明礬温泉など、代表的な八湯からなり、別府八湯と呼ばれています。別府では温泉は入るだけでなく、地獄めぐりという、温泉の池のようなものを観光する施設があります。地獄=湧き出た温泉だと思えばよく、いかに湧出湯量が多いかを物語っています。また、ゆけむり展望台なるものもあり、鉄輪温泉の立ち上る湯けむりが眺められます。ちょっとユニークな展望台だと思います。 2014年1月記
別府駅前、とよ常の天丼680円は地元では有名なようです。(2013年4月15日) 2014年1月記 別府のホテルニューツルタ。ツインで6300円+入湯税1人100円。楽天で予約。(2013年4月15日) 2014年1月記 別府のホテルニューツルタの部屋からの眺め。山々に朝日が当たっています。(2013年4月16日) 2014年1月記
別府のホテルニューツルタの部屋からの眺め。左のほうに鉄輪温泉の湯けむり。(2013年4月16日) 2014年1月記 別府のホテルニューツルタの部屋からの眺め。大分自動車道のアーチ橋が見えます。(2013年4月16日) 2014年1月記 別府の駅前高等温泉。共同浴場で、宿泊もできます。(2013年4月16日) 2014年1月記
別府ロープウェイの別府高原駅。鶴見岳に登ります。(2013年4月16日) 2014年1月記 別府ロープウェイの別府高原駅。鶴見岳に登ります。(2013年4月16日) 2014年1月記 別府ロープウェイ。鶴見岳に登ります。(2013年4月16日) 2014年1月記
別府ロープウェイ。青いのが「ゆふ号」。(2013年4月16日) 2014年1月記 別府ロープウェイ。赤いのが「つるみ号」。視界が悪いですが別府湾が。(2013年4月16日) 2014年1月記 別府ロープウェイの「ゆふ号」が山上に到着。往復1200円。(2013年4月16日) 2014年1月記
別府ロープウェイからの眺め。(2013年4月16日) 2014年1月記 別府ロープウェイからの眺め。(2013年4月16日) 2014年1月記 別府ロープウェイからの別府の眺め。高崎山も見えます。(2013年4月16日) 2014年1月記
鶴見岳からの眺め。別府観光港に停泊中のフェリーさんふらわあ、入港するのは宇和島運輸。(2013年4月16日) 2014年1月記 鶴見岳から見た由布岳。(2013年4月16日) 2014年1月記 ロープウェイの山上駅から山頂まで歩きました。(2013年4月16日) 2014年1月記
別府北浜にある別府タワー。以前昇ったことがあります。(2013年4月16日) 2014年1月記 別府駅近くで食べた大分名物のニラ豚定食850円。(2013年4月17日) 2014年1月記 別府駅近くで食べた大分名物。妻はとり天を注文。(2013年4月17日) 2014年1月記
別府のホテルニューツルタは別府駅から徒歩8分です。(2013年4月18日) 2014年1月記 別府は国際大学があるせいか韓国人留学生が多く、市内にはハングル表記も。(2013年4月18日) 2014年1月記 別府市内はやはり南国を思わせる雰囲気があります。(2013年4月18日) 2014年1月記
別府湾。別府の街が見えます。(2013年4月18日) 2014年1月記 別府湾に沿う国道10号線。(2013年4月18日) 2014年1月記 別府湾に沿う国道10号線。九州東海岸には高速道がないので重要な幹線道路。(2013年4月18日) 2014年1月記
別府湾に沿う国道10号線の大分方向。海に迫っているのは高崎山。(2013年4月18日) 2014年1月記 別府湾に沿う国道10号線。高崎山が別府湾に迫っている部分。(2013年4月18日) 2014年1月記 別府湾に沿う国道10号線は別府大分毎日マラソンのコースですが、練習でしょうか?(2013年4月18日) 2014年1月記
別府湾には漁船の姿が。何が獲れるんでしょうか?(2013年4月18日) 2014年1月記 別府湾に沿う国道10号線沿線にあるうみたまご。(2013年4月18日) 2014年1月記 別府湾に沿う国道10号線沿線にあるうみたまご。(2013年4月18日) 2014年1月記
別府の竹瓦温泉は共同浴場の代表格。温泉風情があります。(2013年4月18日) 2014年1月記 別府の竹瓦温泉は共同浴場の代表格。(2013年4月18日) 2014年1月記 別府の竹瓦温泉近くの横丁。(2013年4月18日) 2014年1月記
別府の花菱ホテル。和室でした。(2013年3月23日) 2014年1月記 別府の花菱ホテル。夕食バイキング。(2013年3月23日) 2014年1月記 別府の花菱ホテル。屋上の露天風呂より別府タワー方向。(2013年3月24日) 2014年1月記
別府の花菱ホテル。客室より別府湾と高崎山方向。(2013年3月24日) 2014年1月記 別府の花菱ホテル。客室より別府市街地方向。(2013年3月24日) 2014年1月記 別府の花菱ホテルは別府駅から徒歩10分。(2013年3月24日) 2014年1月記
別府の花菱ホテルのレストラン。別府湾が望めます。(2013年3月24日) 2014年1月記 別府の花菱ホテル。朝食もバイキング。(2013年3月24日) 2014年1月記 別府鉄輪温泉の地獄めぐりはゆけむりの温泉街を行きます。(2013年3月24日) 2014年1月記
別府の地獄めぐり。海地獄。(2013年3月24日) 2014年1月記 別府の地獄めぐり。海地獄の足湯。(2013年3月24日) 2014年1月記 別府の地獄めぐり。海地獄の足湯。(2013年3月24日) 2014年1月記
別府の地獄めぐり。山地獄。(2013年3月24日) 2014年1月記 別府の地獄めぐり。坊主地獄。(2013年3月24日) 2014年1月記 別府のゆけむり展望台より。(2013年3月24日) 2014年1月記
別府のゆけむり展望台より。(2013年3月24日) 2014年1月記 別府のホテルはやし3200円。(2010年12月30日) 2014年1月記 別府駅前のホテル2軒。左がホテルはやし、右が別府ステーションホテル、2軒は同系列。(2010年12月31日) 2014年1月記
別府で食べた大分名物のとり天とだんご汁がセットになった定食900円。(2010年1月11日) 2014年1月記 別府で食べた大分名物のとり天とだんご汁がセットになった定食900円。(2010年1月11日) 2014年1月記 別府ゲストハウス。2人で4000円ですが、共同トイレ、共同シャワー。(2010年1月11日) 2014年1月記
別府ゲストハウスは別府駅から徒歩4分。(2010年1月12日) 2014年1月記 別府駅前温泉100円。(2010年1月12日) 2014年1月記 別府ステーションホテル。ツイン6800円。(2008年1月7日) 2014年1月記
別府明礬温泉。(2008年1月7日) 2014年1月記 別府明礬温泉。(2008年1月7日) 2014年1月記 別府明礬温泉。(2008年1月7日) 2014年1月記
別府明礬温泉。温泉玉子ご飯300円。(2008年1月7日) 2014年1月記 別府明礬温泉。地獄蒸しプリン210円。(2008年1月7日) 2014年1月記 別府鉄輪温泉の貴船城からの眺め。入場料300円。(2008年1月7日) 2014年1月記
別府鉄輪温泉の貴船城からの眺め。(2008年1月7日) 2014年1月記 別府鉄輪温泉の貴船城からの眺め。(2008年1月7日) 2014年1月記 別府鉄輪温泉の貴船城からの眺め。(2008年1月7日) 2014年1月記
別府鉄輪温泉の貴船城からの眺め。(2008年1月7日) 2014年1月記 別府鉄輪温泉の貴船城からの眺め。(2008年1月7日) 2014年1月記 別府鉄輪温泉の貴船城からの眺め。(2008年1月7日) 2014年1月記
別府鉄輪温泉の貴船城からの眺め。別府観光港に停泊中のフェリーさんふらわあ。(2008年1月7日) 2014年1月記 別府の竹瓦温泉。(2008年1月7日) 2014年1月記 別府の竹瓦温泉。(2008年1月8日) 2014年1月記
別府の竹瓦温泉。砂蒸し湯1000円。(2008年1月8日) 2014年1月記 別府鉄輪温泉の地獄めぐり。海地獄。手前の棒の先には玉子の籠。(2008年1月8日) 2014年1月記 別府鉄輪温泉の地獄めぐり。中央に見えるのは玉子。(2008年1月8日) 2014年1月記
別府鉄輪温泉の地獄めぐり。山地獄。(2008年1月8日) 2014年1月記 別府鉄輪温泉の地獄めぐり。かまど地獄。(2008年1月8日) 2014年1月記 別府鉄輪温泉の地獄めぐり。白池地獄。(2008年1月8日) 2014年1月記
別府鉄輪温泉の地獄めぐり。なぜか動物園も併設。(2008年1月8日) 2014年1月記 別府鉄輪温泉の地獄めぐり。なぜか動物園も併設。(2008年1月8日) 2014年1月記 別府鉄輪温泉の地獄めぐり。血の池地獄。確かに赤いです。(2008年1月8日) 2014年1月記
別府鉄輪温泉の地獄めぐり。龍巻地獄の間欠泉。(2008年1月8日) 2014年1月記 別府鉄輪温泉の地獄めぐり。龍巻地獄の間欠泉は噴出を知らせる信号が外にあります。(2008年1月8日) 2014年1月記 別府のホテルはやし。ツイン6000円。(2008年1月9日) 2014年1月記
別府観光港から見た別府。(2008年1月9日) 2014年1月記 別府観光港から見た別府と鶴見岳。(2008年1月9日) 2014年1月記