台北捷運(文湖線)の旅
台北捷運は現在5路線ありますが、そのうちの1号線、文湖線だけはゴムタイヤ駆動による自動運転の高架路線です。台北市中心街東部をぐるりと回るような路線ですが、環状線にはなっていません。システムはフランス技術によるものですが、車両はドイツ製です。途中、台北松山空港も通るので、空港アクセス交通も兼ねています。台北松山空港はかつて国内線専用空港でしたが、現在は羽田空港との間に定期便があります。地下鉄と違って景色が楽しめるので、台北の雰囲気を手っ取り早くつかむのに乗車してみるのもいいでしょう。 2015年5月記
南港展覧館行き車内から見た台北松山空港。忠考復興から松山機場に向かっています。(2013年10月7日 中山国中〜松山機場) 2015年5月記 南港展覧館行き車内より。自動運転なので前面も見えます。松山機場から南港展覧館に向かっています。(2013年10月7日) 2015年5月記 南港展覧館が東の終着駅。(2013年10月7日 南港展覧館) 2015年5月記
ドイツ製CITYFLO650型の南港展覧館行き。(2013年10月7日 忠考復興) 2015年5月記 ドイツ製CITYFLO650型の動物園行き。(2013年10月7日 忠考復興) 2015年5月記 フランス技術によるドイツ製VAL256型の南港展覧館行き。(2013年10月7日 忠考復興) 2015年5月記
ドイツ製CITYFLO650型の南港展覧館行き。(2013年10月7日 忠考復興) 2015年5月記 ドイツ製CITYFLO650型の動物園行き。(2013年10月7日 忠考復興) 2015年5月記 ドイツ製CITYFLO650型の動物園行き。(2013年10月7日 忠考復興) 2015年5月記
ドイツ製CITYFLO650型の南港展覧館行き。(2013年10月7日 忠考復興) 2015年5月記 フランス技術によるドイツ製VAL256型の動物園行き車内より。忠考復興から動物園に向かっています。(2009年2月7日 科技大楼〜六張犁) 2015年5月記 フランス技術によるドイツ製VAL256型の中山国中行き。(2009年2月7日 動物園) 2015年5月記
フランス技術によるドイツ製VAL256型の中山国中行き。(2009年2月7日 動物園) 2015年5月記 フランス技術によるドイツ製VAL256型の中山国中行き。(2009年2月7日 動物園) 2015年5月記 フランス技術によるドイツ製VAL256型の中山国中行き。(2009年2月7日 動物園) 2015年5月記
フランス技術によるドイツ製VAL256型の中山国中行き。(2009年2月7日 動物園) 2015年5月記 フランス技術によるドイツ製VAL256型の動物園行き。(2009年2月7日 動物園) 2015年5月記 フランス技術によるドイツ製VAL256型の動物園行き。(2009年2月7日 動物園) 2015年5月記
フランス技術によるドイツ製VAL256型の中山国中行き。(2009年2月8日 忠考復興) 2015年5月記 フランス技術によるドイツ製VAL256型の中山国中行き車内。忠考復興から中山国中に向かっています。(2009年2月8日) 2015年5月記 フランス技術によるドイツ製VAL256型の中山国中行き。(2009年2月8日 中山国中) 2015年5月記
フランス技術によるドイツ製VAL256型の動物園行き。(2009年2月8日 中山国中) 2015年5月記 フランス技術によるドイツ製VAL256型の動物園行き。(2009年2月8日 中山国中) 2015年5月記 フランス技術によるドイツ製VAL256型の動物園行き。(2009年2月8日 忠考復興) 2015年5月記
フランス技術によるドイツ製VAL256型の動物園行き。(2007年6月10日 忠考復興) 2015年5月記 フランス技術によるドイツ製VAL256型の動物園行きと中山国中行き。(2007年6月10日 忠考復興) 2015年5月記 フランス技術によるドイツ製VAL256型の中山国中行き。(2007年6月10日 忠考復興) 2015年5月記
フランス技術によるドイツ製VAL256型の中山国中行き。(2007年6月10日 忠考復興) 2015年5月記 フランス技術によるドイツ製VAL256型の動物園行き。(2007年6月10日 忠考復興) 2015年5月記