台湾高速鉄道の旅
台湾高速鉄道は日本の新幹線技術によってつくられた高速鉄道で、東海道・山陽新幹線700系の台湾版700T型で運行します。世界の高速鉄道の中では数少ない、日本同様の在来線とは全く別の線路で駅の改札口なども別です。日本人には馴染みやすい高速鉄道ですが、世界的には少数派のシステムです。開業当初は全席座席指定だったのですが、その後に自由席が新設されたのも日本同様です。真っ直ぐな線路で速いのですが、トンネルが多く旅情は希薄です。ハードスケジュールで時間短縮したい時に乗ればいい程度で、列車の旅を楽しむのであれば在来線がおすすめです。2013年旅行時の為替レートはATMで1万TWD引き出したところ、3万4587円でしたので、1TWD=3.5円でした。 2015年4月記
台北発左営行き657列車で新竹へ。自由席に乗ります。(2013年10月9日 台北) 2015年4月記 台北発左営行き657列車の自由席車内。(2013年10月9日) 2015年4月記 台北発左営行き657列車の自由席車内。板橋からの乗車客が多く立客まで。(2013年10月9日) 2015年4月記
台北から新竹まで自由席で305TWD。切符に自由席の号車が記されているのは親切。(2013年10月9日) 2015年4月記 台北発左営行き657列車の自由席車内。車内誌がありました。(2013年10月9日) 2015年4月記 台北発左営行き657列車が新竹に到着。(2013年10月9日 新竹) 2015年4月記
新竹といっても高速鉄道の新竹駅周辺は未開発です。(2013年10月9日 新竹) 2015年4月記 高速鉄道の新竹駅。台湾では場所がぜんぜん違っても新竹駅を名乗っています。日本風にいえば明らかに「新新竹」です。(2013年10月9日 新竹) 2015年4月記 高速鉄道の新竹駅。(2013年10月9日 新竹) 2015年4月記
高速鉄道の新竹駅。(2013年10月9日 新竹) 2015年4月記 高速鉄道の新竹駅。(2013年10月9日 新竹) 2015年4月記 高速鉄道の台南駅。ここも在来線の台南駅とは離れています。(2009年2月4日 台南) 2015年4月記
高速鉄道の台南駅。(2009年2月4日 台南) 2015年4月記 8時51分発の405列車で左営へ向かいます。(2009年2月4日 台南) 2015年4月記 左営発台北行き112列車が通過。(2009年2月4日 台南) 2015年4月記
台北発左営行き405列車。(2009年2月4日 台南) 2015年4月記 台北発左営行き405列車。(2009年2月4日 台南) 2015年4月記 台北発左営行き405列車。(2009年2月4日 台南) 2015年4月記
台北発左営行き405列車。(2009年2月4日 台南) 2015年4月記 台北発左営行き405列車の自由席車内。台南から左営まで利用しました。運賃130TWD。(2009年2月4日) 2015年4月記 台北発左営行き405列車の自由席車内。「博愛座」という優先席もあります。(2009年2月4日) 2015年4月記
台北発左営行き405列車の自由席車内。(2009年2月4日) 2015年4月記 台北発左営行き405列車の自由席車内。(2009年2月4日) 2015年4月記 台北発左営行き405列車が終点の左営に到着。(2009年2月4日 左営) 2015年4月記
台北発左営行き405列車が終点の左営に到着。(2009年2月4日 左営) 2015年4月記 台北発左営行き109列車が終点の左営に到着。(2009年2月4日 左営) 2015年4月記 台北発左営行き109列車が終点の左営に到着。(2009年2月4日 左営) 2015年4月記
700T型は日本製。JR東海、JR西日本の700系の台湾版。(2009年2月4日 左営) 2015年4月記 台北発左営行き407列車が終点の左営に到着。(2009年2月4日 左営) 2015年4月記 台北発左営行き407列車が終点の左営に到着。(2009年2月4日 左営) 2015年4月記
左営発台北行き118列車。(2009年2月4日 左営) 2015年4月記 左営発台北行き118列車。自由席は「自由座」と書きます。(2009年2月4日 左営) 2015年4月記 左営駅は高速鉄道の南の終点。(2009年2月4日 左営) 2015年4月記
左営駅で高速鉄道と在来線が接続します。(2009年2月4日 左営) 2015年4月記 高速鉄道は略して「高鉄」(高鐵)と呼ばれます。(2009年2月4日 左営) 2015年4月記 台中駅。(2009年2月9日 台中) 2015年4月記
これから446列車で台北に向かいます。(2009年2月9日 台中) 2015年4月記 高速鉄道の台中駅ホームから見た在来線ホーム。ただし在来線は新鳥日駅です。(2009年2月9日 台中) 2015年4月記 左営発台北行き446列車に乗って台北へ。(2009年2月9日 台中) 2015年4月記
左営発台北行き446列車の自由席車内。台中から台北へ650TWD。(2009年2月9日) 2015年4月記 左営発台北行き446列車の自由席車内。(2009年2月9日) 2015年4月記 高速鉄道乗車前にコンビニで弁当購入45TWD。(2007年6月8日 台北) 2015年4月記
高速鉄道の改札口。403列車で左営へ向かいます。(2007年6月8日 台北) 2015年4月記 403列車で左営へ向かいます。(2007年6月8日 台北) 2015年4月記 台北発左営行き403列車。(2007年6月8日 台北) 2015年4月記
台北発左営行き403列車。(2007年6月8日 台北) 2015年4月記 台北発左営行き403列車車内。(2007年6月8日) 2015年4月記 台北発左営行き403列車車内。(2007年6月8日) 2015年4月記
台北発左営行き403列車車内。(2007年6月8日) 2015年4月記 台北発左営行き403列車車内。(2007年6月8日) 2015年4月記 台北発左営行き403列車車内。(2007年6月8日) 2015年4月記
台北発左営行き403列車車内。(2007年6月8日) 2015年4月記 台北発左営行き403列車車内。(2007年6月8日) 2015年4月記 台北発左営行き403列車車内。(2007年6月8日) 2015年4月記
台北発左営行き403列車。台北から左営まで1490TWD。(2007年6月8日) 2015年4月記 台北発左営行き403列車車内。(2007年6月8日) 2015年4月記 台北発左営行き403列車が嘉義に到着。(2007年6月8日 嘉義) 2015年4月記
台北発左営行き403列車車内。(2007年6月8日) 2015年4月記 台北発左営行き403列車車内。(2007年6月8日) 2015年4月記 台北発左営行き403列車車内より。間もなく左営。(2007年6月8日) 2015年4月記
台北発左営行き403列車車内より。間もなく左営。(2007年6月8日) 2015年4月記 台北発左営行き403列車が終着の左営に到着。(2007年6月8日 左営) 2015年4月記 台北発左営行き403列車が終着の左営に到着。(2007年6月8日 左営) 2015年4月記
左営発台北行き114列車が出発。(2007年6月8日 左営) 2015年4月記 台北発左営行き107列車が終着の左営に到着。(2007年6月8日 左営) 2015年4月記 台北発左営行き107列車が終着の左営に到着。(2007年6月8日 左営) 2015年4月記
台北発左営行き107列車が終着の左営に到着。(2007年6月8日 左営) 2015年4月記 左営駅は高速鉄道の南の終点。(2007年6月8日 左営) 2015年4月記 左営駅前。(2007年6月8日 左営) 2015年4月記
左営駅。ここで在来線と接続。(2007年6月8日 左営) 2015年4月記 左営駅。(2007年6月8日 左営) 2015年4月記