議政府軽電鉄の旅
議政府軽電鉄はソウルメトロ1号線がそのまま乗り入れるコレイル首都広域電鉄京元本線の回龍駅から周辺の住宅地を結ぶゴムタイヤ駆動、無人運転の交通機関です。日本でいえば東京のお台場を走るゆりかもめのような乗物ですが、韓国での漢字表記では「軽電鉄」と呼ばれていて分かりやすいと思います。日本ではゆりかもめは一般的には「モノレール」と呼ぶ人が多いですが、あれはモノレールではないものの「じゃ何なんだ?」と問われると答えづらいですよね。車両はドイツのシーメンスVAL208で、フランスやイタリアでも運行している、いわば既製品です。日本は何でも自国開発のオリジナル車両ですが、既製品を買ったほうが安くはならないんでしょうかね?疑問です。 2014年11月記
東側の起点鉢谷駅。周辺は高層住宅が立ち並んでいました。(2014年3月15日 鉢谷) 2014年11月記 東側の起点鉢谷駅前には漢江の支流が流れていました。(2014年3月15日 鉢谷) 2014年11月記 東側の起点鉢谷駅前。川に沿ってサイクリングロードがありました。(2014年3月15日 鉢谷) 2014年11月記
シーメンスVAL208。車両はシーメンスの既製品で、フランスやイタリアでも運行しています。(2014年3月15日 鉢谷) 2014年11月記 シーメンスVAL208。ゴムタイヤ駆動の無人運転です。(2014年3月15日 回龍) 2014年11月記 回龍駅でコレイル京元本線と接続します。(2014年3月15日 回龍) 2014年11月記
シーメンスVAL208。回龍駅でコレイル京元本線と接続します。(2014年3月15日 回龍) 2014年11月記 シーメンスVAL208。コレイルの駅と住宅地を結びます。(2014年3月15日 回龍) 2014年11月記 シーメンスVAL208車内。(2014年3月15日) 2014年11月記
シーメンスVAL208車内。(2014年3月15日) 2014年11月記 シーメンスVAL208。(2014年3月15日) 2014年11月記 シーメンスVAL208。(2014年3月15日) 2014年11月記
車内からは前面展望が楽しめます。(2014年3月15日) 2014年11月記 西の終点、塔石駅。(2014年3月15日 塔石) 2014年11月記 西の終点、塔石駅前はやはり高層住宅が立ち並んでいました。(2014年3月15日 塔石) 2014年11月記
西の終点、塔石駅も川に沿っていて、サイクリングロードが整備されていました。(2014年3月15日 塔石) 2014年11月記