大田広域市都市鉄道公社(大田地下鉄)の旅
大田はソウルから南へ約160キロ、KTXなら約1時間、在来線なら約2時間に位置する都市です。観光的な見どころがあるわけではないので、日本人観光客などに馴染みがあるわけではありませんが、大都市で地下鉄があります。全線が地下、ホームドア完備なので車両撮影ができないというタイプです。現在は1号線の1路線のみですが、2本目、3本目、4本目の地下鉄も計画されています。ちなみに、この大田は、昔の歌謡曲ファンの方は知っている地名で、「大田ブルース」という曲が韓国と、そして日本ででもヒットしました。 2014年11月記
東の起点となる板岩駅。この路線は全線地下で地上区間はありません。(2008年11月12日 板岩) 2014年11月記 東の起点となる板岩駅の地上の様子。近くの山が紅葉していました。(2008年11月12日 板岩) 2014年11月記 東の起点となる板岩駅。新しい駅のため駅のトイレは洗浄機付き。(2008年11月12日 板岩) 2014年11月記
東の起点となる板岩駅ホーム。全駅がホームドア完備。(2008年11月12日 板岩) 2014年11月記 1000系車内。(2008年11月12日) 2014年11月記 1000系車内。(2008年11月12日) 2014年11月記
1000系車内。ドア上部の路線図。(2008年11月12日) 2014年11月記 路線の中心となる大田駅。ここでコレイルと接続します。(2008年11月12日 大田駅) 2014年11月記 切符の券売機。紙の切符はありません。(2008年11月12日 大田駅) 2014年11月記
ICチップ入りのコインが切符となります。(2008年11月12日 大田駅) 2014年11月記 改札口。(2008年11月12日 大田駅) 2014年11月記 路線の中心となる大田駅ホーム。(2008年11月12日 大田駅) 2014年11月記
儒城温泉駅ホーム。(2008年11月12日 儒城温泉) 2014年11月記 儒城温泉駅。温泉があるそうですが、街中といった雰囲気でした。(2008年11月12日 儒城温泉) 2014年11月記 儒城温泉駅。温泉があるそうですが、街中といった雰囲気でした。(2008年11月12日 儒城温泉) 2014年11月記
儒城温泉駅の地上風景。温泉があるそうですが、街中といった雰囲気でした。(2008年11月12日 儒城温泉) 2014年11月記 西の終点、盤石駅。(2008年11月12日 盤石) 2014年11月記 西の終点、盤石駅のホーム。ガラス越しに1000系が見えます。(2008年11月12日 盤石) 2014年11月記