ノンカーイから寝台車の旅
タイでは長距離列車の多くが夜行です。バンコク〜チェンマイ間には寝台専用列車も走っているほか、だいたいの夜行列車には寝台車が連結されています。マレーシアへ向かう国際夜行列車もあります。食堂車が連結されていて、食堂車は出前も行います。電化区間はないので全列車がディーゼル電気機関車が引く客車列車です。始発駅を出発する時点ではだいたい定刻なのですが、翌朝はだいたい1時間から1時間半遅れというのが普通です。タイはどこに行っても車窓が単調であまり面白くないのですが、列車自体はけっこう楽しめます。 旅行時の為替レートはATMで1万THB引き出したところ、3万1269円でしたので、1THB=3.1円でした。 2015年11月記
ノンカーイ駅。(2013年1月11日 ノンカーイ) 2015年11月記 ノンカーイ駅。(2013年1月11日 ノンカーイ) 2015年11月記 ノンカーイ駅前。駅は街の中心から離れているようで、駅周辺は寂しいところでした。(2013年1月11日 ノンカーイ) 2015年11月記
ノンカーイ駅前には客車が飾られていました。(2013年1月11日 ノンカーイ) 2015年11月記 ノンカーイ駅はラオスとの国境駅で、次の駅はラオスのタナレーンです。(2013年1月11日 ノンカーイ) 2015年11月記 GEA型アメリカ製ディーゼル電気機関車の引くバンコク行き夜行列車。(2013年1月11日 ノンカーイ) 2015年11月記
GEA型アメリカ製ディーゼル電気機関車の引くバンコク行き夜行列車。(2013年1月11日 ノンカーイ) 2015年11月記 GEA型アメリカ製ディーゼル電気機関車の引くバンコク行き夜行列車。(2013年1月11日 ノンカーイ) 2015年11月記 バンコク行き夜行列車。荷物車の次は一等寝台車。(2013年1月11日 ノンカーイ) 2015年11月記
バンコク行き夜行列車。主流になるのは二等寝台車。(2013年1月11日 ノンカーイ) 2015年11月記 バンコク行き夜行列車。(2013年1月11日 ノンカーイ) 2015年11月記 バンコク行き夜行列車の食堂車。(2013年1月11日 ノンカーイ) 2015年11月記
バンコク行き夜行列車。食堂車から後は座席車でした。(2013年1月11日 ノンカーイ) 2015年11月記 バンコク行き夜行列車。(2013年1月11日 ノンカーイ) 2015年11月記 ノンカーイ駅前で焼きそばをテークアウト。きしめんのような麺でした。45THB。(2013年1月11日) 2015年11月記
バンコク行き夜行列車車内。エアコン付き二等寝台を利用。ノンカーイからバンコクまでをネット予約で688THB、予約料20THB、手数料21,24THB。(2013年1月11日) 2015年11月記 バンコク行き夜行列車の二等寝台車内。(2013年1月11日) 2015年11月記 バンコク行き夜行列車の二等寝台車内。(2013年1月11日) 2015年11月記
バンコク行き夜行列車の食堂車車内。(2013年1月11日) 2015年11月記 バンコク行き夜行列車の食堂車車内。(2013年1月11日) 2015年11月記 バンコク行き夜行列車の座席車車内。(2013年1月11日) 2015年11月記
バンコク行き夜行列車の二等寝台車内。ベッドがセットされました。(2013年1月11日) 2015年11月記 バンコク行き夜行列車の二等寝台車内。ベッドがセットされました。(2013年1月11日) 2015年11月記 バンコク行き夜行列車の二等寝台車内。ベッドがセットされました。ここが私のベッドで上段でした。(2013年1月11日) 2015年11月記
バンコク行き夜行列車の二等寝台車内。お休みモードになりました。(2013年1月11日) 2015年11月記 バンコク行き夜行列車の二等寝台車内。お休みモードになりました。(2013年1月11日) 2015年11月記 バンコク行き夜行列車の二等寝台車内。翌朝の車内です。(2013年1月12日) 2015年11月記
バンコク行き夜行列車の二等寝台車内。車両は韓国製です。(2013年1月12日) 2015年11月記 バンコク行き夜行列車の二等寝台車内。朝食は前日のうちに出前を注文しておきました。160THB。車内はやっぱり高いですね。駅前で買った焼きそばと値段を比べてみてください。(2013年1月12日) 2015年11月記 バンコク行き夜行列車。バンコクのフアランポーン駅まで行かず、途中のドンムアン空港で下車しました。(2013年1月12日) 2015年11月記
バンコク行き夜行列車。バンコクのフアランポーン駅まで行かず、途中のドンムアン空港で下車しました。(2013年1月12日) 2015年11月記