エアポート・レール・リンクの旅
バンコクのスワンナプーム国際空港へはエアポート・エア・リンクという空港アクセス鉄道があります。運行するのはタイ国鉄の系列会社なので、実質国営です。停車駅が少なく、車内がクロスシートの「エクスプレス」と各駅停車で車内がロングシートの「シティ・ライン」がありますが、運賃は同じです。時間に正確でダイヤ通りの運転でしたが、人気列車ではありませんでした。バンコクのホテルエリアは広範囲になっていて、この路線で行けるところが限られているため、空港へはタクシーを利用する人が多いからで、タクシーもそう高くないほか、高速道路の完成で空港〜市内間はあまり渋滞しなくなったという事情があるようです。2012年旅行時の為替レートはATMで1万THB引き出したところ、2万7291円でしたので、1THB=2.7円でした。 2015年11月記
ドイツ製電車の「スワンナプーム・エアポート・エクスプレス」。(2012年2月21日 パヤータイ) 2015年11月記 ドイツ製電車の「スワンナプーム・エアポート・エクスプレス」。(2012年2月21日 パヤータイ) 2015年11月記 ドイツ製電車の「スワンナプーム・エアポート・エクスプレス」。(2012年2月21日 パヤータイ) 2015年11月記
ドイツ製電車の「スワンナプーム・シティ・ライン」。(2012年2月21日 パヤータイ) 2015年11月記 ドイツ製電車の「スワンナプーム・シティ・ライン」。(2012年2月21日 パヤータイ) 2015年11月記 ドイツ製電車の「スワンナプーム・シティ・ライン」。(2012年2月21日 パヤータイ) 2015年11月記
ドイツ製電車の「スワンナプーム・シティ・ライン」車内。(2012年2月21日) 2015年11月記 ドイツ製電車の「スワンナプーム・エアポート・エクスプレス」。(2012年2月21日 ラーチャプローラップ) 2015年11月記 ドイツ製電車の「スワンナプーム・シティ・ライン」。(2012年2月21日 ラーチャプローラップ) 2015年11月記
券売機。(2012年2月21日 ラーチャプローラップ) 2015年11月記 券売機でICトークンを買って自動改札で入ります。(2012年2月21日 ラーチャプローラップ) 2015年11月記 マッカサン駅はシティエアターミナル。(2012年2月21日 マッカサン) 2015年11月記
マッカサン駅はシティエアターミナル。(2012年2月21日 マッカサン) 2015年11月記 マッカサン駅はシティエアターミナル。(2012年2月21日 マッカサン) 2015年11月記 地下鉄のペッチャブリー駅からエアポート・レール・リンクのマッカサン駅への無料連絡電気自動車車内。(2012年2月22日) 2015年11月記
エアポート・レール・リンクのマッカサン駅から地下鉄ペチャブリー駅への無料連絡電気自動車。(2012年2月22日 マッカサン) 2015年11月記 ドイツ製電車の「スワンナプーム・エアポート・シティ・ライン」。(2012年2月22日 マッカサン) 2015年11月記 ドイツ製電車の「スワンナプーム・エアポート・シティ・ライン」。(2012年2月22日 バンコク・スワンナプーム国際空港) 2015年11月記
空港直下にある地下駅。(2012年2月22日 バンコク・スワンナプーム国際空港) 2015年11月記 このときはお試し価格のようでした。(2012年2月22日 バンコク・スワンナプーム国際空港) 2015年11月記 ドイツ製電車の「スワンナプーム・エクスプレス」。(2012年2月22日 バンコク・スワンナプーム国際空港) 2015年11月記
ドイツ製電車の「スワンナプーム・エクスプレス」車内。(2012年2月22日) 2015年11月記 ドイツ製電車の「スワンナプーム・エクスプレス」車内。(2012年2月22日) 2015年11月記 ドイツ製電車の「スワンナプーム・エクスプレス」車内。(2012年2月22日) 2015年11月記
ドイツ製電車の「スワンナプーム・エクスプレス」と「スワンナプーム・エアポート・シティ・ライン」。(2012年2月22日 パヤータイ) 2015年11月記 ドイツ製電車の「スワンナプーム・エクスプレス」。(2012年2月22日 パヤータイ) 2015年11月記 券売機。(2012年2月22日 パヤータイ) 2015年11月記
エアポート・レール・リンクのマッカサン駅から地下鉄ペチャブリー駅への無料連絡電気自動車。(2013年1月13日 マッカサン) 2015年11月記