韓国のバス2006
ソウルではシティ・ツアーのバスを利用しました。観光客の行きそうな場所を回っていて、1日券で利用しました。いわゆる「ホップ・オン・ホップ・オフ・バス」などと呼ばれる形態の循環観光バスです。ソウル近郊の水原でも定期観光バスを利用しました。こちらは観光バスっぽい車両で運行し、ガイドさんが付くものです。このほか、利用はしませんでしたが、ソウルにはダブルデッカーの定期観光バスも運行していました。旅行時の為替レートは2万円が16万4000KRWでしたので、1KRW=0.12円でした。 2018年11月記
ソウル・シティ・ツアーのバスを利用しました。(2006年6月6日 南山タワー) 2018年11月記 ソウル・シティ・ツアーのバス車内。1日券9000KRW。(2006年6月6日) 2018年11月記 ソウル・シティ・ツアーのバス車内。案内放送は多言語に対応していました。(2006年6月6日) 2018年11月記
ソウルの路線バス。(2006年6月6日 明洞) 2018年11月記 ソウルの定期観光バス。(2006年6月6日 光化門) 2018年11月記 水原でも定期観光バスを利用しました。料金8000KRW。(2006年6月7日) 2018年11月記
水原の定期観光バスは、ガイドさんとともに観光地を回ります。(2006年6月7日) 2018年11月記 水原でも定期観光バスを利用しました。(2006年6月7日) 2018年11月記 水原の路線バス。(2006年6月7日) 2018年11月記
ソウルの路線バス。(2006年6月7日 南大門) 2018年11月記 ソウルの定期観光バス。(2006年6月7日 南大門) 2018年11月記 金浦空港の空港バス。(2006年6月7日 金浦空港国際線ターミナル) 2018年11月記