芝山鉄道の旅
第三セクター鉄道というと、国鉄やJRから切り離された地方ローカル線を思い浮かべますが、千葉県には国鉄ともJRとも縁のない第三セクター鉄道が4社あります。そのうちの1社が芝山鉄道です。芝山鉄道の車両は京成電鉄3600形8両編成のリースでしたが、現在は3500形4両に変わったようです。車両の運転はすべて京成電鉄に委託されていて自社線内を走るのはごく稀という変わった車両です。 2013年5月記
芝山鉄道の起点、東成田へは京成電鉄の空港第2ビルから連絡通路があります。(2013年5月18日 京成電鉄空港第2ビル) 2013年5月記 京成電鉄空港第2ビルと東成田を結ぶ通路には誰もいません。不気味です。(2013年5月18日) 2013年5月記 京成電鉄空港第2ビルと東成田を結ぶ通路は500メートルあります。(2013年5月18日) 2013年5月記
京成電鉄空港第2ビルと東成田を結ぶ通路は監視カメラだらけ、死角はありません。怖い!(2013年5月18日) 2013年5月記 500メートル歩いて東成田に到着しました。(2013年5月18日 東成田) 2013年5月記 ここがかつての京成電鉄成田空港駅。エスカレーターの上で検問、そしてターミナル行き連絡バスが出てました。(2013年5月18日 東成田) 2013年5月記
現在は地上に出ても何もありません。(2013年5月18日 東成田) 2013年5月記 東成田駅。何もないだけでなく、ここはフェンスで囲まれていてどこにも行けません。(2013年5月18日 東成田) 2013年5月記 東成田駅では、メインではなく第5ゲートという階段を登ると、検問があり外に出られます。(2013年5月18日 東成田) 2013年5月記
東成田駅の第5ゲート。この建物の中で検問、外に出てもゴーストタウンのように人がいません。(2013年5月18日 東成田) 2013年5月記 東成田駅のそばにターミナル間連絡無料バスのバス停があります。(2013年5月18日 東成田) 2013年5月記 芝山鉄道とは東成田と芝山千代田の1駅の間です。運賃190円。(2013年5月18日 東成田) 2013年5月記
芝山鉄道は平日の昼間、1時間に1本の時間帯もあります。(2013年5月18日 東成田) 2013年5月記 かつてここが成田空港駅だったころ、ここを通って海外旅行に行ったものです。(2013年5月18日 東成田) 2013年5月記 ところが現在はこんな様子で、廃墟といった感じです。(2013年5月18日 東成田) 2013年5月記
殺風景というか、朽ち果てたというか・・・。(2013年5月18日 東成田) 2013年5月記 でも、要所要所に監視カメラは必ずあります。(2013年5月18日 東成田) 2013年5月記 下りエスカレーターは動いていません。(2013年5月18日 東成田) 2013年5月記
使ってないもう1面のホームは暗く、不気味でした。(2013年5月18日 東成田) 2013年5月記 大きなボードはおそらく看板だったのでしょう。(2013年5月18日 東成田) 2013年5月記 京成電鉄3500形がやってきました。芝山鉄道の車両に出逢う確率はかなり低いです。(2013年5月18日 東成田) 2013年5月記
芝山鉄道線内では必ず警官が2人添乗します。(2013年5月18日) 2013年5月記 終点の芝山千代田に到着。(2013年5月18日 芝山千代田) 2013年5月記 終点の芝山千代田のホームからは飛行機が見えます。(2013年5月18日 芝山千代田) 2013年5月記
線路は芝山千代田で終わっていますが、雰囲気的に延伸は可能かも。(2013年5月18日 芝山千代田) 2013年5月記 芝山千代田駅は空港敷地がすぐそこ。(2013年5月18日 芝山千代田) 2013年5月記 望遠レンズがあれば芝山千代田駅ホームから離陸する機体が撮れます。アリタリア航空B777-200ERです。(2013年5月18日 芝山千代田) 2013年5月記
芝山鉄道の終点、芝山千代田駅。(2013年5月18日 芝山千代田) 2013年5月記 芝山鉄道の終点、芝山千代田駅前にはこんな看板。絵は京成3700系の芝山鉄道デザインでリアルです。(2013年5月18日 芝山千代田) 2013年5月記 3600形。京成電鉄からのリースですが、自社線内を走ることがほとんどありません。(2008年2月5日 京成電鉄押上線八広) 2012年10月記