北条鉄道・三木鉄道の旅
北条鉄道はJR加古川線の粟生から分岐するローカル鉄道で、国鉄北条線を受け継いでいて、兵庫県、沿線自治体、また神姫バスも出資しています。同じ加古川線沿線には国鉄三木線を受け継いだ第三セクター三木鉄道もあったのですが、そちらは廃止になり、三木鉄道の車両のうち1両が北条鉄道で運転されています。沿線にこれといった観光地などもないので、忘れ去られたローカル線といった風情です。 2013年8月記
北条鉄道はJR西日本加古川線の粟生駅が始発、ここには神戸電鉄も乗り入れます。(2015年7月21日 粟生) 2015年7月記 北条鉄道の粟生駅周辺はちょっとスペインかメキシコの回廊といった雰囲気。(2015年7月21日 粟生) 2015年7月記 北条鉄道の粟生駅前ではゲートボール大会が開かれていました。(2015年7月21日 粟生) 2015年7月記
北条鉄道の粟生駅の裏側はのどかな田園風景でした。(2015年7月21日 粟生) 2015年7月記 北条鉄道の粟生駅はローマ字表記だとAO。英語圏の人はどう発音するのでしょう?(2015年7月21日 粟生) 2015年7月記 北条鉄道はJR西日本加古川線の向かい側のホームから出発します。(2015年7月21日 粟生) 2015年7月記
北条鉄道のフラワ2000形の北条町行き。この日は乗り鉄の親子も。(2015年7月21日 粟生) 2015年7月記 北条鉄道は第三セクター鉄道になって30年も経つんですね。(2015年7月21日 粟生) 2015年7月記 北条鉄道のフラワ2000形の北条町行きが出発しました。(2015年7月21日 粟生) 2015年7月記
北条鉄道のフラワ2000形の北条町行きが出発しました。右の線路がJR西日本加古川線。(2015年7月21日 粟生) 2015年7月記 北条鉄道のフラワ2000形。元三木鉄道ミキ300形。ホームはJR加古川線の向かい側。(2009年8月8日 粟生) 2013年8月記 北条鉄道のフラワ2000形車内。元三木鉄道ミキ300形。(2009年8月8日) 2013年8月記
北条鉄道の終点、北条町駅。(2009年8月8日 北条町) 2013年8月記 北条鉄道のフラワ2000形。元三木鉄道ミキ300形。三木鉄道当時のデザインのままです。(2009年8月8日 北条町) 2013年8月記 北条鉄道のフラワ2000形。(2009年8月11日 粟生) 2013年8月記
北条鉄道のフラワ2000形。こちらは北条鉄道オリジナルの車両。(2009年8月11日 粟生) 2013年8月記 三木鉄道のミキ300形に乗って三木へ向かいます。その後、三木鉄道はなくなりました。(2005年12月24日 厄神) 2020年4月記 三木鉄道のミキ300形車内、厄神から三木へ向かっています。その後、三木鉄道はなくなりました。(2005年12月24日) 2020年4月記
三木鉄道のミキ300形。その後、三木鉄道はなくなりました。(2005年12月24日 三木) 2020年4月記  三木鉄道の終点三木駅。ここで神戸電鉄に接続していました。その後、三木鉄道はなくなりました。(2005年12月24日 三木) 2020年4月記   三木鉄道のミキ300形に乗って厄神へ向かいます。その後、三木鉄道はなくなりました。(2005年12月24日 三木) 2020年4月記  
三木鉄道のミキ300形に乗って厄神へ向かいます。その後、三木鉄道はなくなりました。(2005年12月24日 三木) 2020年4月記    三木鉄道のミキ300形に乗って厄神へ向かいます。その後、三木鉄道はなくなりました。(2005年12月24日 三木) 2020年4月記    三木鉄道のミキ300形車内、三木から厄神へ向かっています。その後、三木鉄道はなくなりました。(2005年12月24日) 2020年4月記
三木鉄道のミキ300形の厄神行きワンマンレールバスが終着駅に到着。(2004年12月22日 厄神) 2020年6月記  三木鉄道のミキ300形の三木行きワンマンレールバス。(2004年12月22日 厄神) 2020年6月記