平成筑豊鉄道の旅
平成筑豊鉄道は、元国鉄伊田線、田川線、糸田線を引き継いだ第三セクター鉄道です。この地域は以前は筑豊炭鉱があり、国鉄路線が網の目のように張り巡らされ、炭鉱で働く人たちの活気があり、生活の路線で、さらに石炭を運ぶ貨物列車が多く運転されていました。しかし、炭鉱がなくなり、ごく一部の路線がJR路線となり、中堅の路線は第三セクター鉄道となり、細々した路線は廃止になりました。現在はこれといった観光資源もなく、ロングシート主体の列車が走るのみで、忘れ去られたローカル線といった風情でした。  2014年1月記
田川・伊田線400形の直方行き。(2016年2月19日 田川伊田) 2016年2月記 田川・伊田線400形の直方行き。地域のイメージと車両デザインがまったく合っていません。(2016年2月19日 田川伊田) 2016年2月記 田川線400形の行橋行き。(2016年2月19日 田川伊田) 2016年2月記
田川線の始発はJR日豊本線行橋駅で、JRと同じホームから出発します。(2015年12月14日 行橋) 2015年12月記 糸田線400形「炭都物語号」の直方行き。(2015年12月15日 田川後藤寺) 2015年12月記 糸田線400形「炭都物語号」の直方行きとJR後藤寺線キハ31系の新飯塚行き。(2015年12月15日 田川後藤寺) 2015年12月記
伊田線400形。現在は団体専用車両以外はこの400形一形式で運行。(2009年12月19日 直方) 2014年1月記 伊田線500形「へいちく浪漫」は、団体専用ですが、そんな需要があるのでしょうか?(2009年12月19日 直方) 2014年1月記 田川線400形。行橋駅ではJR駅の片隅から発車です。(2008年3月2日 直方) 2014年1月記
田川線400形。右の線路はJR九州日豊本線。(2008年3月2日 直方) 2014年1月記 田川線400形の行橋行き。(2008年3月2日 犀川) 2014年1月記 田川線400形車内。ほとんどロングシートです。(2008年3月2日) 2014年1月記
田川線400形。申し訳程度のボックス席も優先席でした。(2008年3月2日) 2014年1月記 田川線400形。ほとんどがロングシート、汽車旅が楽しめないせいか乗客も限りなくゼロに近かったです。(2008年3月2日) 2014年1月記 田川線100形の行橋行きですが、この車両は引退、一部はミャンマーに譲渡されたそうです。(2008年3月2日 油須原) 2014年1月記
田川線400形の直方行きより。(2008年3月2日 赤〜内田) 2014年1月記 田川線100形の行橋行きですが、この車両は引退、一部はミャンマーに譲渡されたそうです。(2008年3月2日 勾金) 2014年1月記 田川線100形の行橋行きですが、この車両は引退、一部はミャンマーに譲渡されたそうです。(2008年3月2日 勾金) 2014年1月記
伊田線から糸田線が分岐する金田駅。(2008年3月2日 金田) 2014年1月記 伊田線から糸田線が分岐する金田駅構内は広い敷地を持て余しているようでした。(2008年3月2日 金田) 2014年1月記 糸田線300形ですが、引退し、一部はミャンマーに譲渡されたそうです。(2008年3月2日 金田) 2014年1月記
伊田線100形の行橋行きですが、引退し、一部はミャンマーに譲渡されたそうです。(2008年3月2日 金田) 2014年1月記 伊田線200形の行橋行きですが、この車両は引退したそうです。(2008年3月2日 金田) 2014年1月記 伊田線300形ですが、引退し、一部はミャンマーに譲渡されたそうです。(2008年3月2日 金田) 2014年1月記
伊田線100形と糸田線400形の田川後藤寺行き。100形は引退し、一部はミャンマーに譲渡されたそうです。(2008年3月2日 金田) 2014年1月記 糸田線400形の田川後藤寺行き。(2008年3月2日 金田) 2014年1月記 糸田線400形とJR九州日田彦山線キハ40系の小倉行き。(2008年3月2日 田川後藤寺) 2014年1月記
伊田線の起点、直方駅。ここでJR九州筑豊本線と接続。(2008年3月2日 直方) 2014年1月記 伊田線400形の直方行きが終着駅に到着。(2008年3月2日 直方) 2014年1月記 伊田線200形の田川伊田行きですが、この車両は引退したそうです。(2008年3月2日 直方) 2014年1月記