福岡市営地下鉄の旅
福岡といえば鉄道、バスともに西日本鉄道の存在が圧倒的に強いですが、その西鉄でも地下鉄運行はできないようで、市営地下鉄です。日本の市の交通局で、地下鉄を運行し、路面電車も市バスも運行したことがないというのは福岡だけです。福岡市営地下鉄には空港線、箱崎線、七隈線と3路線あり、空港線と箱崎線は同じ車両、七隈線は断面の小さなリニアモーター地下鉄です。空港線はJR筑肥線と相互直通運転、というより、正確には国鉄筑肥線はかつて博多を起点にしていましたので、筑肥線の生まれ変わりが市営地下鉄空港線ということになります。 2014年1月記
七隈線の天神南駅は空港線の天神駅からかなり離れています。(2015年12月15日 天神南) 2015年12月記 七隈線3000系車内。リニア地下鉄なのでやはり車内が狭いです。(2015年12月15日) 2015年12月記 福岡市営地下鉄の1日乗車券は平日620円、土・休日は520円なので、だいたい1日乗車券を使います。(2015年10月10日) 2015年12月記
空港線1000N系の福岡空港行き。VVVF制御に改められて、型式にNが付きましたが、実質的には1000系です。(2010年8月13日 天神) 2013年8月記 空港線1000N系の福岡空港行きと姪浜止まりの列車。(2008年3月2日 姪浜) 2013年8月記 空港線1000N系の福岡空港行きと姪浜止まりの列車。ワンマン運転のため、ホームの端に大きな鏡があります。(2008年3月2日 姪浜) 2013年8月記
空港線1000N系の福岡空港行き。(2008年3月2日 姪浜) 2013年8月記 空港線2000系の福岡空港行き。2000系は当初からVVVF制御。(2008年3月2日 JR九州筑肥線下山門) 2013年8月記 空港線1000N系の筑前深江行きと2000系の福岡空港行き。(2008年3月2日 JR九州筑肥線下山門) 2013年8月記
空港線1000N系の筑前前原行き。福岡市営地下鉄はJR筑肥線に乗り入れます。(2008年3月2日 JR九州筑肥線下山門) 2013年8月記 空港線1000N系の福岡空港行き。(2008年3月2日 JR九州筑肥線今宿) 2013年8月記 空港線1000N系の福岡空港行き。(2008年3月2日 JR九州筑肥線波多江) 2013年8月記
七隈線3000系の橋本行き。リニアモーター地下鉄です。(2008年3月2日 天神南) 2013年8月記 天神駅と天神南駅の間は改札を出ての乗り継ぎとなりますが、120分までOKです。(2008年3月2日 天神) 2013年8月記 空港線1000N系の筑前前原行き。(2008年3月3日 天神) 2013年8月記
七隈線の天神南駅は天神駅と少し離れています。(2006年1月10日 天神南) 2019年3月記  七隈線3000系の橋本行きに乗ります。(2006年1月10日 天神南) 2019年3月記   七隈線の終点、橋本駅。(2006年1月10日 橋本) 2019年3月記   
七隈線3000系に乗って天神南へ向かいます。(2006年1月10日 橋本) 2019年3月記