東京の路線バス その10 日の丸自動車興業
日の丸自動車興業が定期観光バスを運行するようになったのは最近のことですが、屋根なしのオープントップバスに限っていえば、このバス会社が日本でパイオニア的存在ではないのでしょうか?はとバスもオープントップバスを導入しましたが、日の丸自動車興業が先でした。このほか2013年からは水陸両用バスを使ったコースも始めていて、はとバスとは違ったユニークな個性的な路線が多いようです。 2012年9月記
日の丸自動車興業の水陸両用バス「スカイダック」。(2013年6月24日 旧中川・川の駅) 2016年7月記 日の丸自動車興業の水陸両用バス「スカイダック」が川岸に降ります。(2013年6月24日 旧中川・川の駅) 2016年7月記 日の丸自動車興業の水陸両用バス「スカイダック」。2013年から運行をはじめました。(2013年6月24日 旧中川・川の駅) 2013年6月記
日の丸自動車興業の水陸両用バス「スカイダック」。勢いよく川に入りました。(2013年6月24日 旧中川・川の駅) 2013年6月記 日の丸自動車興業の水陸両用バス「スカイダック」。こう見ると船です。(2013年6月24日 旧中川・川の駅) 2013年6月記 日の丸自動車興業の水陸両用バス「スカイダック」。15分ほど川を散歩です。(2013年6月24日 旧中川・川の駅) 2013年6月記
日の丸自動車興業の水陸両用バス「スカイダック」。けっこう緑があります。(2013年6月24日 旧中川・川の駅) 2013年6月記 日の丸自動車興業の水陸両用バス「スカイダック」。「東京スカイツリー」と「亀戸」の2コースがあります。(2013年6月24日 旧中川・川の駅) 2013年6月記 日の丸自動車興業の水陸両用バス「スカイダック」。陸地に向かってきました。(2013年6月24日 旧中川・川の駅) 2013年6月記
日の丸自動車興業の水陸両用バス「スカイダック」。陸地に戻ってきました。(2013年6月24日 旧中川・川の駅) 2013年6月記 日の丸自動車興業の水陸両用バス「スカイダック」。乗降は備え付けのタラップで。(2013年6月24日 旧中川・川の駅) 2013年6月記 日の丸自動車興業の水陸両用バス「スカイダック」。再びバスとして出発。(2013年6月24日 旧中川・川の駅) 2013年6月記
日の丸自動車興業「スカイバス東京」はオープントップバス。ドイツのネオプラン製ですが2車種あるようです。(2012年11月9日 三菱ビル前) 2012年11月記 日の丸自動車興業「スカイバス東京」はオープントップバス。東京の観光アトラクションとして定着してきたようです。(2012年11月9日 三菱ビル前) 2012年11月記 日の丸自動車興業「スカイバス東京」はオープントップバス。やはり屋根なしは気持ちよさそうです。(2012年11月9日 三菱ビル前) 2012年11月記
日の丸自動車興業の「東京ベイシャトル」はドイツのネオプラン製で運行。(2009年9月22日 東京テレポート駅) 2012年9月記 日の丸自動車興業「クラシックスカイバス東京」でしたが無くなったようです。(2009年9月18日 三菱ビル前) 2012年9月記 日の丸自動車興業の「メトロリンク日本橋」は国産の電気ハイブリッド車。(2009年7月9日 第二鉄鋼ビル) 2012年9月記
日の丸自動車興業の「丸の内シャトル」はニュージーランドのデザインライン製。(2009年7月9日 三菱ビル) 2012年9月記 日の丸自動車興業の「東京ベイシャトル」。「シャトル」を名乗っていますが実際の運行は「ループ」。(2008年2月18日 日本科学未来館) 2012年9月記 日の丸自動車興業の「東京ベイシャトル」車内。(2008年2月18日) 2012年9月記
日の丸自動車興業の「丸の内シャトル」はニュージーランドのデザインライン製。タービンエンジンで発電してモーター駆動。(2007年12月24日 三菱ビル) 2012年9月記 日の丸自動車興業の「メトロリンク日本橋」も当初はニュージーランド製車両で運行。(2007年12月24日 第二鉄鋼ビル) 2012年9月記 日の丸自動車興業「スカイバス東京」はオープントップバス。ドイツのネオプラン製。(2007年12月24日 三菱ビル前) 2012年9月記