佐賀の路線バス その2 昭和自動車・祐徳バス
昭和自動車は唐津から玄界灘に沿って福岡までを、また、玄界灘に沿う地域と県庁所在地の佐賀を結んでいます。佐賀県には険しい山が少なく、隣の福岡県とは平地で連続しているので、昭和自動車は佐賀県だけでなく、福岡市にも多くの路線を持っています。祐徳バスは鹿島を中心に運行し、佐賀市にも多くの便が乗り入れています。佐賀を中心とした鉄道網は、博多、長崎、佐世保などに向かう都市間特急列車は頻繁にありますが、ローカル輸送はバスのほうが充実しています。しかし、かといって多くの乗客があるわけでもないのか、ほとんどの便が中型車で運行していました。 2014年1月記
祐徳バスの中型ノンステップ車。(2016年2月24日 佐賀駅バスセンター) 2016年3月記 昭和自動車の中型ノンステップ車。(2016年2月26日 佐賀駅バスセンター) 2016年3月記 昭和自動車の中型車。(2016年2月27日 佐賀駅バスセンター) 2016年3月記
昭和自動車の中型車。(2016年2月27日 佐賀駅バスセンター) 2016年3月記 祐徳バスの中型車。(2016年2月27日 佐賀駅バスセンター) 2016年3月記 祐徳バスの中型車。昔からこのデザインです。(2010年3月10日 佐賀駅バスセンター) 2014年1月記
昭和自動車の中型車。唐津行き。(2010年3月10日 佐賀駅バスセンター) 2014年1月記 昭和自動車の中型車。雪が降ってきました。(2010年3月10日 佐賀駅バスセンター) 2014年1月記 昭和自動車。左下の写真と同じ車種ですが、方向幕が窓の下にあります。(2010年3月10日 唐津大手口) 2014年1月記
昭和自動車の日産ディーゼル車。(2010年3月10日 唐津大手口) 2014年1月記 昭和自動車の小型車。これに乗ると壱岐に行くフェリー乗場に行きます。(2010年3月11日 唐津大手口) 2014年1月記 昭和自動車の小型車の唐津行き。(2010年3月11日 唐津フェリーターミナル) 2014年1月記