長野の路線バス その3 JRバス関東・西武高原バス・草軽交通
長野県でもJRバスは関東が運行します。長野新幹線が開通して久しいですが、それまでは信越本線は高崎から長野を経由して新潟まで通じていて、碓氷峠部分にも在来線が走っていました。現在この区間はバス連絡です。バスで登ってもかなりの急勾配で、よくそこに鉄道が通っていたものだと感心します。そのほか軽井沢周辺には西武系列の西武高原バス、以前東急系列だった草軽交通が運行しています。草軽交通の「草」は草津温泉のことで、群馬県に越境して運行、この会社も元は鉄道を運行していたそうです。 2012年10月記
JRバス関東の和田峠北線。(2013年9月5日 上田駅) 2013年9月記 JRバス関東の高遠線。(2013年9月2日 伊那市駅) 2013年9月記 JRバス関東の高遠線。(2013年9月2日 伊那市駅) 2013年9月記
JRバス関東の高峰高原線。佐久平で新幹線と接続し、小諸駅を通って浅間山を目指します。(2011年1月19日 佐久平駅) 2012年11月記 JRバス関東の横川〜軽井沢間を運行するバス。かつて信越本線の区間だった碓氷峠のバス。(2008年7月11日 横川駅) 2012年11月記 JRバス関東の碓氷峠区間には路線バススタイルの車両と長距離タイプの車両双方がありました。(2008年7月11日 横川駅) 2012年11月記
JRバス関東の碓氷峠を運行するバス。(2008年7月11日 軽井沢駅) 2012年11月記 JRバス関東。バスに乗るといかに急な峠だったかが体験できます。(2008年7月11日 軽井沢駅) 2012年11月記 西武高原バスの小型車は軽井沢町内の循環バス。日野「リエッセ」。(2008年7月11日 軽井沢駅) 2012年11月記
西武高原バスは見た目通り西武系列のバス。ライオンズカラーのバスが草津に向かいます。(2008年7月11日 軽井沢駅) 2012年11月記 西武高原バスは路線バスタイプの車両と長距離タイプの車両双方で運行。(2008年7月11日 軽井沢駅) 2012年11月記 草軽交通。東急バスの昔の貸切車両デザイン、懐かしいですが、現在は東急系列ではないようです。(2008年7月11日 軽井沢駅) 2012年11月記
草軽交通。こちらも東急バスのデザインです。このデザインは北海道に多いです。(2008年7月11日 軽井沢駅) 2012年11月記 草軽交通。これは現在でも東急バスの空港バスにあるデザインです。草軽交通はその名の通り草津と軽井沢を結び、以前は鉄道もあったそうです。(2008年7月11日 軽井沢駅) 2012年11月記 草軽交通。こちらも東急バスそのものです。(2008年7月11 草軽交通 軽井沢バス営業所) 2012年11月記