福島の路線バス その3 JRバス関東・JRバス東北・磐梯東都バス・新常磐交通
福島県の路線バス、浜通りと呼ばれる太平洋側を運行するのが新常磐交通、磐梯山周辺を運行する磐梯東都バス、そしてJRバスです。新常磐交通は経営の悪かった常磐交通が子会社に譲渡されて、その際に新常磐交通に改名したのですが、何とか常磐交通のままの社名にすることはできなかったのでしょうか?磐梯東都バスは東京で貸切バスを運行する東都観光バスの系列で、東京では定期路線がないという異色の会社です。JRバス東北は福島から太平洋側の浪江まで運行していたのですが、現在は途中の川俣止まりのようです。川俣といえばその昔、国鉄川俣線というのがありましたが、その路線を走るルートのバスは廃止されていて、異なるルートでの運行です。JRバス東北とともに、福島県にはJRバス関東の路線もあり、関東と東北の狭間であることを感じます。 2012年11月記
JRバス関東の白棚線。白河駅行きが終着に到着。(2014年3月28日 白河駅) 2014年4月記 JRバス関東のワンステップ車で運行の白棚線棚倉駅行き。(2014年3月28日 白河駅) 2014年4月記 JRバス東北の福浪線。福島と太平洋側の浪江を結んでいたのですが、現在は川俣までの運行のようです。(2009年8月3日 福島駅東口) 2012年11月記
磐梯東都バスは東京で貸切バスを運行している東都観光バスの系列会社。(2008年10月4日 猪苗代駅) 2012年11月記 磐梯東都バスの中型車。主に磐梯山周辺の観光路線を運行。(2008年10月4日 猪苗代駅) 2012年11月記 磐梯東都バスの「ぐるっと周遊磐梯山」ですが、運行されなくなったようです。(2008年10月4日 裏磐梯高原駅) 2012年11月記
磐梯東都バスのボンネットバス「檜原湖周遊レトロバス<森のくまさん>」。(2008年10月4日 裏磐梯高原駅) 2012年11月記 磐梯東都バスのボンネットバス「檜原湖周遊レトロバス<森のくまさん>」車内。(2008年10月4日) 2012年11月記 磐梯東都バスのボンネットバス「檜原湖周遊レトロバス<森のくまさん>」運転台。実にシンプル。(2008年10月4日) 2012年11月記
磐梯東都バスのオープンビューバスですが定期運行はなくなったようです。(2008年10月4日 裏磐梯高原駅) 2012年11月記 磐梯東都バスのオープンビューバス車内。晴れていれば気持ちのいいバスです。(2008年10月4日) 2012年11月記 磐梯東都バス。西日本車体工業製の車体なので、九州かどこかの中古バスに思われます。(2008年10月4日 五色沼入口) 2012年11月記
磐梯東都バスのオープンビューバス。このようなバスが定期運行された例は少ないと思います。(2008年10月4日 五色沼入口) 2012年11月記 磐梯東都バスのボンネットバス「檜原湖周遊レトロバス<森のくまさん>」。(2008年10月4日 五色沼入口) 2012年11月記 新常磐交通の高速バスと並んだ路線バスはともに新デザイン。(2008年7月15日 いわき駅前) 2012年11月記
新常磐交通ですが、常磐交通時代のデザインです。(2008年7月15日 いわき駅前) 2012年11月記 新常磐交通って変な社名です。利用者には何が「新」なのかはっきりしません。(2008年7月15日 いわき駅前) 2012年11月記 新常磐交通のワンステップ車。どうも「新加勢大周」を思い出してしまう社名です。(2008年7月15日 いわき駅前) 2012年11月記
新常磐交通のノンステップ車。新デザインより旧デザインのほうが落ち着いていていいと思います。(2008年7月15日 いわき駅前) 2012年11月記 新常磐交通を名乗るようになってからのデザインです。(2008年7月15日 いわき駅前) 2012年11月記