東京湾フェリー
神奈川県横須賀市の久里浜港と千葉県富津市の金谷港を結ぶのが東京湾フェリーです。東京湾の最も狭くなっている部分を横断するようなルートで、40分の乗船時間ですが、東京から日帰りで行ける気軽な船旅ルートです。車を載せている利用者は南房総への近道といった感じです。車無しで乗っても金谷港の近くには鋸山があり、ロープウェイで登ることができます。品川からは電車、バス、フェリーの往復セット券がありますが、割引率は高くありません。このフェリーで金谷に行き、JR内房線で東京方面へ帰ってくる東京湾一周ルートもいいかもしれません。 2012年10月記
東京湾フェリーの久里浜港。京浜急行やJRの久里浜駅からバスですぐですが、歩くとけっこうあります。(2012年8月11日 久里浜) 2012年10月記 「しらはま丸」船内。週末だったのでけっこう混んでいました。(2012年8月11日) 2012年10月記 「しらはま丸」船内。船の前部は普通の座席です。(2012年8月11日) 2012年10月記
「しらはま丸」船内。ここは屋根がありますが外です。(2012年8月11日) 2012年10月記 「しらはま丸」船内。最上階の甲板。(2012年8月11日) 2012年10月記 「しらはま丸」が久里浜を出港。カモメが付いてきます。(2012年8月11日) 2012年10月記
途中、ほぼ中間地点で「かなや丸」とすれ違い。「しらはま丸」から。(2012年8月11日) 2012年10月記 「しらはま丸」から。千葉にやってきました。やはり久里浜と違って田舎の風景です。(2012年8月11日) 2012年10月記 「しらはま丸」が金谷に到着。大型貸切バスも載っていました。(2012年8月11日 金谷) 2012年10月記
帰りに乗った「かなや丸」船内。(2012年8月11日) 2012年10月記 「かなや丸」から。帰りは行きよりたくさんのカモメと一緒です。(2012年8月11日) 2012年10月記 「かなや丸」船内。ゴルフ客が多く、ゴルフの荷物置場があるんですね。(2012年8月11日) 2012年10月記
品川から京浜急行電鉄、京浜急行バス、フェリーがセットになった往復割引券を利用しました。(2012年8月11日) 2012年10月記 「しらはま丸」3351t、1989年竣工が入港。(2008年1月26日 久里浜) 2012年10月記 「しらはま丸」。(2008年1月26日 久里浜) 2012年10月記
「しらはま丸」。久里浜港は漁港と隣接。(2008年1月26日 久里浜) 2012年10月記 「しらはま丸」が出港。漁船が戻ってきました。(2008年1月26日 久里浜) 2012年10月記 「くりはま丸」2796t、1986年竣工でしたが、引退しいてフィリピンに払い下げられたようです。(2008年1月26日 久里浜) 2012年10月記
「かなや丸」3580t、1991年竣工。(2008年1月26日 久里浜) 2012年10月記 「かなや丸」は東京湾フェリーで最新、最大の船のようです。(2008年1月26日 久里浜) 2012年10月記