国道九四フェリー
国道九四フェリーは、愛媛県の三崎と大分県の佐賀関を結びます。三崎は佐多岬半島の先っぽで、この航路は四国と九州が最も接近している部分です。社名に「国道」と付いている通り、この航路は国道197号線の一部になっているようで、国道197号線はこの航路を介して高知と大分を結んでいます。トラックの利用が多く、早朝から深夜まで運航していますが、徒歩で乗ると、大分側の交通アクセスはいいのですが、愛媛側はバスが1日3本しかありません。 2014年2月記
三崎〜佐賀関間「ニュー豊予2」。佐賀関の港は湾の中にあります。(2013年4月17日 佐賀関) 2014年2月記 三崎〜佐賀関間「ニュー豊予2」が出港、蓋を閉めます。(2013年4月17日 佐賀関) 2014年2月記 三崎〜佐賀関間「ニュー豊予2」がバックして向きを変えます。(2013年4月17日 佐賀関) 2014年2月記
三崎〜佐賀関間「ニュー豊予2」699t、1993年竣工が向きを変えました。(2013年4月17日 佐賀関) 2014年2月記 三崎〜佐賀関間「ニュー豊予2」。湾は漁村と工場に囲まれていました。(2013年4月17日 佐賀関) 2014年2月記 三崎〜佐賀関間「シャトル豊予」995t、2012年竣工。(2013年4月17日 佐賀関) 2014年2月記
三崎〜佐賀関間「シャトル豊予」。フェリー乗場の隣は漁港。(2013年4月17日 佐賀関) 2014年2月記 三崎〜佐賀関間「シャトル豊予」が蓋を開けました。(2013年4月17日 佐賀関) 2014年2月記 三崎〜佐賀関間「シャトル豊予」が出港、蓋を閉めます。(2013年4月17日 佐賀関) 2014年2月記
三崎〜佐賀関間「シャトル豊予」が出港。最も新しい船です。(2013年4月17日 佐賀関) 2014年2月記 三崎〜佐賀関間「シャトル豊予」が佐賀関の町を後にします。(2013年4月17日 佐賀関) 2014年2月記 三崎〜佐賀関間「ニュー豊予3」が入港しました。(2008年1月11日 佐賀関) 2014年2月記
三崎〜佐賀関間「ニュー豊予3」と「ニュー豊予」。「ニュー豊予」は引退したようです。(2008年1月11日 佐賀関) 2014年2月記 三崎〜佐賀関間「ニュー豊予3」。この航路は四国と九州が最も接近している部分を結びます。(2008年1月11日 佐賀関) 2014年2月記 三崎〜佐賀関間「ニュー豊予3」697t、2001年竣工が出港。(2008年1月11日 佐賀関) 2014年2月記
三崎〜佐賀関間「ニュー豊予」699t、1990年竣工ですが、引退したようです。(2008年1月11日 佐賀関) 2014年2月記 三崎〜佐賀関間「ニュー豊予」ですが、引退したようです。(2008年1月11日 佐賀関) 2014年2月記 三崎〜佐賀関間「ニュー豊予2」がやってきました。(2008年1月11日 佐賀関) 2014年2月記
三崎〜佐賀関間「ニュー豊予2」からトラックが出てきました。(2008年1月11日 佐賀関) 2014年2月記 三崎〜佐賀関間「ニュー豊予2」が四国に向けて出港です。(2008年1月11日 佐賀関) 2014年2月記