アジアの客船(マニラ、シンガポール他)
アジアエリアのさまざまな船をまとめて紹介です。訪日中国人観光客増加で多くなったのが中国からのクルーズ船で、爆買いしてもLCCと違って荷物に追加料金などがないことから人気だそうです。アジアエリアで以前から定期クルーズを行うのがスタークルーズで、香港やシンガポールを拠点に運航、以前は日本人利用者も多かったはずですが、現在はアジアから沖縄エリアなどへのクルーズが多くなったようです。フィリピンはさまざまな島から成るのでフェリーが発達していて、その多くは元日本のフェリーだった中古船です。台風シーズンはよく海難事故があるほか、近年の台風は地球温暖化のせいか強烈になっているので、その時期の利用は避けたほうがよさそうですが。 2016年3月記
中国の天海郵船「スカイ・シー・ゴールデン・エラ」は元アメリカのセレブリティ・クルーズ「セレブリティ・センチュリー」。那覇空港の展望デッキより。(2016年1月25日 那覇) 2016年3月記 中国の天海郵船「スカイ・シー・ゴールデン・エラ」72458t、1995年竣工。元アメリカのセレブリティ・クルーズ「セレブリティ・センチュリー」。(2015年10月9日 福岡) 2016年3月記 中国の天海郵船「スカイ・シー・ゴールデン・エラ」は元アメリカのセレブリティ・クルーズ「セレブリティ・センチュリー」。(2015年10月9日 福岡) 2016年3月記
中国の天海郵船「スカイ・シー・ゴールデン・エラ」は元アメリカのセレブリティ・クルーズ「セレブリティ・センチュリー」。(2015年10月9日 福岡) 2016年3月記 中国の天海郵船「スカイ・シー・ゴールデン・エラ」は元アメリカのセレブリティ・クルーズ「セレブリティ・センチュリー」。船体後部も客室。(2015年10月9日 福岡) 2016年3月記 中国の天海郵船「スカイ・シー・ゴールデン・エラ」は元アメリカのセレブリティ・クルーズ「セレブリティ・センチュリー」。右はカメリアライン。(2015年10月9日 福岡) 2016年3月記
フィリピンのマニラにあるフェリー乗場。(2014年11月8日 マニラ) 2016年3月記 2ゴーの「セント・フランシスコ・ザビエル」は元ダイヤモンドフェリー「スターダイヤモンド」。(2014年11月8日 マニラ) 2016年3月記 フィリピンのマニラにあるフェリー乗場。(2014年11月9日 マニラ) 2016年3月記
2ゴーの「セント・ポープ・ヨハネ・パウロU」は元阪九フェリー「ニューみやこ」。(2014年11月9日 マニラ) 2016年3月記 2ゴーの「セント・ジョン・オブ・アーク」は元名門フェリー「フェリーはこざき」。(2014年11月9日 マニラ) 2016年3月記 2ゴーの「セント・アウグスティヌス・オブ・ヒッポ」は元南海フェリー「フェリーくまの」。(2014年11月10日 マニラ) 2016年3月記
スタークルーズの「スターパイシス」は香港発着1泊2日クルーズのようです。(2011年4月11日 香港) 2016年3月記 スタークルーズの「スターパイシス」。(2011年4月14日 香港) 2016年3月記 スタークルーズの「スターパイシス」。(2011年4月14日 香港) 2016年3月記
スタークルーズの「スターパイシス」。(2011年4月14日 香港) 2016年3月記 スタークルーズの「スターパイシス」40053t、1991年竣工。(2011年4月14日 香港) 2016年3月記 スタークルーズの「スターパイシス」。(2011年4月19日 香港) 2016年3月記
スタークルーズの「スターパイシス」。(2011年4月19日 香港) 2016年3月記 インドネシアのバタム行き「バタム・ファスト12」。(2010年5月9日 シンガポール) 2016年3月記 インドネシアのバタム行き「バタム・ファスト5」。(2010年5月12日 シンガポール) 2016年3月記
スタークルーズの「スターヴァーゴ」75338t、1999年竣工。(2010年5月12日 シンガポール) 2016年3月記 スタークルーズの「スターヴァーゴ」。このときはマレーシア方面へのクルーズを行っていました。(2010年5月12日 シンガポール) 2016年3月記 「PENGUIN SEKETAR」とありますが、用途などは不明。(2010年5月12日 シンガポール) 2016年3月記
インドネシアのバタム行き「ヘロン・スピリット」。(2010年5月12日 シンガポール) 2016年3月記