中部国際空港(NGO)
中部空港は常滑沖の海上空港、国内線・国際線双方が発着しますが、ここを訪れて思うのは、国際線などは賑わうのは朝と午後で、朝の出発便が一通り離陸すると、空港内はがらんとして寂しい状況になります。展望デッキは広々としていて、伊勢湾も間近に見えます。フェンスはありますが、比較的写真が撮りやすいように配慮されています。撮影環境はいいのですが、海上空港だけあって、冬は吹きっさらしで寒く、夏は熱風が吹いていて暑いです。ショッピング街は、建物が南北で対称なスタイルなのを活かして、和風エリアと洋風エリアに分かれています。 2013年4月記
アントノフの貨物機が駐機していました。展望デッキより。(2018年6月24日) 2018年7月記    スターフライヤーの国際線が就航するようです。(2018年6月24日) 2018年7月記    航空局のボンバルディア機が離陸。展望デッキより。(2018年6月25日) 2018年7月記   
展望デッキで皆さんがカメラを構えていますが…。(2018年6月25日) 2018年7月記    間もなくB747LCFの後部のふたが開けられるようです。展望デッキより。(2018年6月25日) 2018年7月記     B747LCFの後部のふたが開きました。手前はA330のVIP機か何かのようです。展望デッキより。(2018年6月25日) 2018年7月記     
この場所にLCCターミナルが建設されるようです。展望デッキより。(2018年6月25日) 2018年7月記      国内線の荷物検査後のエリア。(2018年5月28日) 2018年6月記    国内線の荷物検査後のエリア。(2018年5月28日) 2018年6月記    
国内線の荷物検査後のエリア。(2018年5月28日) 2018年5月記   国内線の荷物検査後のエリアより。(2018年5月28日) 2018年5月記    国内線の荷物検査後のエリアより。(2018年5月28日) 2018年5月記    
ANAのプロペラ機が出発。展望デッキより。昼間のターミナルは閑散としています。(2018年3月15日) 2018年3月記  日本航空のB737が到着。展望デッキより。昼間のターミナルは閑散としています。(2018年3月15日) 2018年3月記   チェックインカウンターの案内表示。(2018年3月16日) 2018年3月記  
B737やA320が並ぶ雨上がりの国内線スポット。展望デッキより。(2018年3月16日) 2018年3月記    ANA機が並ぶ国内線スポット。展望デッキより。(2016年7月22日) 2018年3月記    787の1号機でしょうか?この機体は展示用のようです。(2015年7月26日) 2018年3月記   
B787の機体部品を運ぶB747ドリーム・リフターが駐機していました。展望デッキより。(2015年7月26日) 2015年7月記 滑走路の沖の伊勢湾を航行するのは仙台からのフェリー。展望デッキより。(2015年7月26日) 2015年7月記 展望デッキではときおりボランティアの人の説明が行われます。(2015年7月26日) 2015年7月記
ターミナル4階は催し物が開かれるようになっていました。(2014年12月27日) 2013年4月記 展望デッキは寒かったですが飛行機撮影の人で賑わっていました。(2014年12月27日) 2013年4月記 展望デッキは午後になると滑走路方向へは逆光になります。(2014年12月27日) 2013年4月記
国内線はナローボディ機が中心です。(2014年12月27日) 2013年4月記 早朝に行くと朝便となる機体がずらりと並んでいます。(2014年12月27日) 2013年4月記 東南アジアからの便は朝にすべて出発します。(2014年12月27日) 2013年4月記
中部空港でも中国パワーに圧倒されます。(2014年12月27日) 2013年4月記 近年はLCCの国内線も多く飛ぶようになりました。(2014年12月27日) 2013年4月記 日本で製造されたB787のパーツは中部空港からシアトルに飛び立つそうです。(2014年12月27日) 2013年4月記
滑走路にある3本線は中間を示しているので、ターミナルビルは滑走路の真ん中あたりにあることになります。(2014年12月27日) 2013年4月記 昼過ぎまでは南から着陸する機体は逆光になります。(2014年12月27日) 2013年4月記 夕方になると光線状態が変わってきます。(2014年12月27日) 2013年4月記
朝の国際線チェックインカウンターは混雑します。(2009年7月26日 中部空港) 2013年4月記 出発階の上階にある和風に作られているエリア。(2009年7月26日 中部空港) 2013年4月記 出発階の上のエリアに温浴施設がありますが、飛行機を見ながらお風呂に入れるのはここだけだそうです。(2009年7月26日 中部空港) 2013年4月記
国際線エリア、朝は出発機が並びます。後方は伊勢湾。(2009年7月26日 中部空港) 2013年4月記 展望デッキは広く、警備員はセグウェイに乗っています。(2008年10月9日 中部空港) 2013年4月記 たまにセグウェイを使ったツアーが実施されているようです。やってみたいです。(2008年10月9日 中部空港) 2013年4月記
国内線エリア。とくに日本航空とANAを分けていないようです。(2008年10月9日 中部空港) 2013年4月記 展望デッキからは伊勢湾に沈む夕日が見られます。(2008年10月9日 中部空港) 2013年4月記 間もなく日没、トヨタ自動車があるせいか自動車運搬船がよく通ります。(2008年10月9日 中部空港) 2013年4月記
展望デッキの柵は比較的写真が撮りやすいタイプ。(2008年10月10日 中部空港) 2013年4月記 展望デッキから国内線エリアを眺めると後方に管制塔が入ります。(2007年9月1日 中部空港) 2013年4月記 国際線エリア。韓国、香港、ハワイからの午後便が並びます。(2007年9月1日 中部空港) 2013年4月記
展望デッキは広々しているのが自慢です。(2007年9月1日 中部空港) 2013年4月記 展望デッキは柵で覆われていますが、ご覧のようなスタイルなのでカメラのレンズを外に出しやすくできています。(2007年9月1日 中部空港) 2013年4月記 北側から日本航空のB747ジャンボ機が降りてきました。(2007年9月1日 中部空港) 2013年4月記
夜のとばりが降りました。チャイナエアラインズの貨物機が離陸です。(2007年9月1日 中部空港) 2013年4月記 展望デッキから国際線エリアの夜景。現在はなくなってしまったノースウエスト航空機も見えます。(2007年9月1日 中部空港) 2013年4月記 出発階の国際線側。(2007年9月2日 中部空港) 2013年4月記
出発階の国内線側。(2007年9月2日 中部空港) 2013年4月記 ショッピング街の和風エリア。(2007年9月2日 中部空港) 2013年4月記 ショッピング街の洋風エリア。(2007年9月2日 中部空港) 2013年4月記
朝の国内線エリア。引退した日本航空のMD機も見えます。(2007年9月2日 中部空港) 2013年4月記 朝の国際線エリア。(2007年9月2日 中部空港) 2013年4月記 展望デッキ。(2006年8月5日) 2018年9月記
国際線エリア。展望デッキより。(2006年8月5日) 2018年9月記  離陸するジャンボ機。展望デッキより。(2006年8月5日) 2018年9月記   夕方、カンタス航空のB767が伊勢湾を右手に着陸。展望デッキより。(2006年8月5日) 2018年9月記  
国内線エリア。展望デッキより。(2006年8月5日) 2018年9月記   飲食・ショッピングエリア。(2006年8月5日) 2018年9月記   飲食・ショッピングエリア。(2006年8月5日) 2018年9月記