熊本空港
熊本空港は2012年実績では日本で10番目に利用者の多い空港で、九州では福岡、鹿児島に次いで3番目になります。しかし日本で10番目ともなるとやはり地方空港然としていて、空港にはコンビニもありません。熊本の市街地より東に位置し、阿蘇にも近いため周囲は高原ムードが漂います。一方で霧が発生しやすく、高度な着陸誘導装置が設置されるまでは霧による欠航も多かったそうです。立派な国際線ターミナルもありますが、国際線の乗り入れは1社、韓国のアシアナ航空だけです。熊本から福岡空港へは高速バス1本で行けますから、福岡空港を利用したほうが便利なのでしょう。空港バスは熊本交通センター経由で熊本駅に向かいますが、渋滞に巻き込まれることが多く、JR九州豊肥本線を使った空港アクセスも試験運行中です。 2014年2月記
熊本空港。(2016年2月22日) 2016年3月記 滑走路の反対側の道路からは空港が見渡せます。駐車している車は飛行機見物。(2016年2月22日) 2016年3月記 日本航空とソラシドエアのB737-800が駐機しています。(2016年2月22日) 2016年3月記
日本航空B737-800が出発。背後には阿蘇に続く山。(2016年2月22日) 2016年3月記 ソラシドエアが離陸。阿蘇の外輪山に向かうような感じです。(2016年2月22日) 2016年3月記 香港からの香港航空A320が着陸。山が迫っています。(2016年2月22日) 2016年3月記
自衛隊機も離着陸します。ボーイング開発のCH-47チヌーク。(2016年2月22日) 2016年3月記 機体に熊本県と記されているので防災ヘリコプターでしょうか?(2016年2月22日) 2016年3月記 空港の反対側にはこのトンネルをくぐって滑走路を越えます。(2016年2月23日) 2016年3月記
ジェットスター・ジャパンのA320が離陸。今日は山に雲がまとわりついています。(2016年2月23日) 2016年3月記 空港ビルには木が多用されていました。(2016年2月23日) 2016年3月記 空港ビルには木が多用されていました。(2016年2月23日) 2016年3月記
JR豊肥本線肥後大津駅には「空港ライナー」が運行。(2016年2月23日) 2016年3月記 JR豊肥本線肥後大津駅には「空港ライナー」が運行。ここにもくまもん。(2016年2月23日) 2016年3月記 JR豊肥本線肥後大津駅には「空港ライナー」が運行。無料です!(2016年2月23日) 2016年3月記
熊本空港国内線ターミナル。木を使った感じの建築物になっています。(2011年10月31日) 2014年2月記 空港バスとは別に、最寄りのJR豊肥本線肥後大津駅へ「阿蘇くまもと空港ライナー」が、タクシーで試験運行していて無料でした。(2011年10月31日) 2014年2月記 国際線はアシアナ航空のソウル行きみのようです。おそらく熊本から海外へ行く場合は福岡空港利用なんでしょうね。(2011年10月31日) 2014年2月記
熊本空港に乗り入れる唯一の国際線アシアナ航空がA320でやってきました。(2011年10月31日) 2014年2月記 国際線ターミナルの出発待合室。(2011年10月31日) 2014年2月記 国際線の出国審査を終えると、小さな免税店がありました。(2011年10月31日) 2014年2月記
熊本空港国内線ターミナルと管制塔です。(2011年8月29日) 2014年2月記 熊本空港国内線ターミナル内の出発待合室です。(2011年8月29日) 2014年2月記 熊本空港国内線ターミナルの3階から吹き抜け部分です。(2011年8月29日) 2014年2月記
熊本空港国内線にある展望デッキ、フェンスがありますが、一段高い部分があるので撮影可能です。(2011年8月29日) 2014年2月記 熊本空港は阿蘇に近い位置にあり、高原の雰囲気があります。(2011年8月29日) 2014年2月記 熊本空港国際線は立派なターミナルですが、発着するのはソウル便のみです。(2011年8月29日) 2014年2月記