宮崎空港(KMI)

宮崎空港はJRでもアクセスでき、市街地からも比較的近い空港です。ソラシドエアの前身のスカイネットアジア航空はこの宮崎を拠点にして、格安運賃を目指して日本の空に参入しましたが、けっきょくは大手ANAと提携することで生き延びていて、現在となっては存在価値のない航空会社になってしまいました。スカイネットアジア航空が発着していたことでスカイマークも就航しておらず、LCCも関西からピーチアビエーションが1往復するのみなので、東京とは安い運賃でつながっておらず、九州の中ではパッとしない空港です。 2014年4月記
宮崎空港ターミナルビル。(2016年1月13日) 2016年1月記 宮崎空港ターミナルビル。宮崎交通のバスが宮崎、都城、延岡に運行します。(2016年1月13日) 2016年1月記 宮崎空港ターミナルビルとJRの駅は隣接しています。(2016年1月13日) 2016年1月記
1階のANAチェックインカウンター。(2016年1月13日) 2016年1月記 1階の国内線到着ロビー。(2016年1月13日) 2016年1月記 国際線は韓国、台湾、香港から1社ずつ乗り入れ。(2016年1月13日) 2016年1月記
1階の国際線チェックインカウンター。(2016年1月13日) 2016年1月記 中央部分は吹き抜けです。(2016年1月13日) 2016年1月記 中央部分は吹き抜けです。(2016年1月13日) 2016年1月記
荷物検査場は国内線も国際線も同じところを通ります。(2016年1月13日) 2016年1月記 子供用トイレがありました。(2016年1月13日) 2016年1月記 国際線乗客はほとんど訪日外国人で、到着時間には貸切バスが並んでいます。(2016年1月13日) 2016年1月記
1階のラーメン屋さんで700円。(2016年1月13日) 2016年1月記 展望デッキのフェンスは横のワイヤーなので写真は撮れます。(2016年1月13日) 2016年1月記 旅客ターミナルの向かい側には航空大学校があります。展望デッキより。(2016年1月13日) 2016年1月記
空港に乗り入れる特急列車787系。展望デッキより。(2016年1月13日) 2016年1月記 宮崎空港の次の田吉駅でJRの特急列車同士が交換するのが見えます。展望デッキより。(2016年1月13日) 2016年1月記 空港に乗り入れる特急列車「ハイパーサルーン」。展望デッキより。(2016年1月13日) 2016年1月記
日向灘を眼下にアプローチするANA機。展望デッキより。(2016年1月13日) 2016年1月記 展望デッキにある小型プロペラ機。(2016年1月13日) 2016年1月記 展望デッキにある小型プロペラ機より。機内に入れます。(2016年1月13日) 2016年1月記
展望デッキにある小型プロペラ機。(2016年1月13日) 2016年1月記 展望デッキにある小型プロペラ機。航空大学校で使われていた機体のようです。(2016年1月13日) 2016年1月記 展望デッキにある小型プロペラ機華かに入れて操縦席に座れます。(2016年1月13日) 2016年1月記
展望デッキにある小型プロペラ機は夜になるとライトアップ。(2016年1月13日) 2016年1月記 展望デッキにある小型プロペラ機。(2016年1月13日) 2016年1月記 展望デッキにある小型プロペラ機。今日はおしまいのようです。(2016年1月13日) 2016年1月記
夜の宮崎空港ターミナル。(2016年1月13日) 2016年1月記 荷物検査後のエリア。(2016年1月14日) 2016年1月記 ターミナルビル正面には南国風の木がありました。(2010年3月8日) 2014年4月記
内部は大きな吹き抜けになっていました。(2010年3月8日) 2014年4月記 内部の中央部は特設の売店がいろいろ出展されていました。(2010年3月8日) 2014年4月記 中心地から近く、空港から市街地が望めます。(2010年3月8日) 2014年4月記
展望デッキもフェンスを増設する工事中でした。(2010年3月8日) 2014年4月記 展望デッキ。工事中のフェンスを覗いてみると、まともそうなフェンスで安心しました。(2010年3月8日) 2014年4月記 スカイネットアジア航空(現在のブランド名はソラシドエア)は宮崎が本拠地。(2010年3月8日) 2014年4月記