新潟空港(KIJ)
新潟空港は日本海に面した空港で、展望デッキからも日本海がよく見えます。そして信濃川の河口と阿賀野川の河口に挟まれたところにあります。小樽行きや佐渡行きのカーフェリーもよく見えます。しかし、羽田便などはなく、国内線は小型ジェット機かプロペラ機、国際線も小型機ばかりで、利用者が多いとはいえず、空港が立派なだけに、いつもがらんとしている印象があります。国際線も以前はロシアの航空会社が複数乗り入れていたのですが、現在はなくなりました。この空港唯一といえるのは佐渡への便があることくらいになったといえるでしょうか。 2012年11月記
台湾便がファーイースタン航空によって就航したようです。(2017年4月12日) 2017年4月記 海上保安庁のプロペラ機。(2017年4月12日) 2017年4月記 ANAのプロペラ機が日本海を右手に成田に離陸。(2014年9月5日) 2017年4月記
ANA便の乗客を運ぶ新潟交通のランプバス。(2014年9月6日) 2014年9月記 ANA便の乗客を運ぶランプバスですが、阪急バスのお古のようです。(2014年9月6日) 2014年9月記 東へ向けて離陸するジェイ・エア機。空港の東側には工場があります。(2014年9月6日) 2014年9月記
ANA機が2機、大韓航空、フジドリームエアラインズ機です。(2014年9月6日) 2014年9月記 離陸するフジドリームエアラインズ機と佐渡汽船の両津行き。(2014年9月6日) 2014年9月記 タキシングするANA便と新日本海フェリーの小樽行き。(2014年9月6日) 2014年9月記
国内線のチェックインカウンター。フジドリームエアラインズも乗り入れるようになりました。(2013年7月1日) 2013年7月記 この空港ならではの航空会社というと、やはり佐渡行きの新日本航空です。(2013年7月1日) 2013年7月記 年間利用者数の割に施設が立派な空港です。(2013年7月1日) 2013年7月記
入口は回転ドアだったのですが、事故を恐れてか普通の自動ドアに改造されています。(2013年7月1日) 2013年7月記 屋上展望デッキは現在でも有料100円。(2013年7月1日) 2013年7月記 3階のガラス越しの展望エリアなら無料です。見るだけならここで充分。(2013年7月1日) 2013年7月記
以前乗り入れていたウラジオストク航空の事務所はその時のままでした。(2013年7月1日) 2013年7月記 エア・ドゥ機の着陸を待ってANA機が出発、後方は阿賀野川河口付近。(2010年1月18日) 2012年11月記 ロシアとの定期便があり、ロシア人で混雑したものですが、現在はなくなったようです。(2010年1月18日) 2012年11月記
空港バス乗場。大きな屋根に覆われているので雨の日でも濡れません。(2010年1月18日) 2012年11月記 展望デッキからは新潟港を出港する新日本海フェリーの小樽行きがよく見えました。(2009年9月6日) 2012年11月記 ターミナルビルと管制塔。地方空港としては立派な建物です。(2008年8月10日) 2012年11月記
ターミナルビル内部。立派な建物ですが、いつも空いている印象があります。(2008年8月10日) 2012年11月記 新潟空港は立派ですが、佐渡行きはターミナル向かいの簡素な建物が乗場になります。現在は運航する航空会社も変わりましたが、どのようになったのでしょうか?(2008年8月10日) 2012年11月記 展望デッキから見た夕陽。新潟港からは佐渡島行き佐渡汽船のカーフェリー「おおさど丸」が出港。(2008年8月10日) 2012年11月記
正面玄関はバス乗場がすっぽり入る大屋根で覆われています。(2008年8月12日) 2012年11月記 展望デッキはフェンスなどのない気持ちのいいところですが、入場料100円。(2008年8月13日) 2012年11月記