スカイ・アンコール・エアラインズ(ZA/SWM)・トンレサップ航空(K9/TSP)・
ランメイ・エアラインズ(LQ/MKR)・カンボジア・エアウェイズ(KR/KME)・
KCインターナショナル・エアラインズ(3Q/KCH)・バッサカ・エア(5B/BSX)
カンボジアの航空会社で、カンボジア・アンコール航空とJCインターナショナル航空以外の紹介です。なぜかカンボジアは国土が小さく、空港も首都プノンペン、アンコール・ワット最寄りのシェムリアップ、海浜リゾートのシアヌークビル、この3カ所しかないのですが、航空会社は多数あります。これに過去の航空会社で運航をやめてしまった航空会社を含めるともっとあります。海外資本の航空会社が多いというのも特徴で、カンボジアには航空会社運営のしっかりした基盤がないように思えます。国内の3区間相互間も、外国人観光客の利用が見込めそうな区間のみといえ、カンボジアではまだまだ空の旅が一般化されてないといっていいでしょう。 2019年1月記
ランメイ・エアラインズのA321、XU-919がバンコクから到着。この機体は元ロイヤル・ヨルダン航空。プラサットラスゲストハウスの屋上より。(2019年1月9日 プノンペンPNH) 2019年1月記   ランメイ・エアラインズのA319、XU-971が香港から到着。この機体は元bmiで、ブリティッシュ・エアウェイズを経ています。プラサットラスゲストハウスの屋上より。(2019年1月9日 プノンペンPNH) 2019年1月記   カンボジア・エアウィズのA319、XU-797がマカオへ間もなく離陸。この機体は元アメリカのフロンティア航空。プラサットラスゲストハウスの屋上より。(2019年1月10日 プノンペンPNH) 2019年1月記  
カンボジア・エアウィズのA319、XU-787がシェムリアップへ間もなく離陸。この機体は元ハンブルク・インターナショナル。プラサットラスゲストハウスの屋上より。(2019年1月10日 プノンペンPNH) 2019年1月記   KCインターナショナル・エアラインズのA320、XU-127。この機体は元オーストリアのニキ航空で、スモール・プラネット・エアラインズ・ジャーマニーを経ています。(2019年1月13日 シアヌークビルKOS) 2019年1月記   スカイ・アンコール・エアラインズのA320、XU-717が厦門から滑走路21にアプローチ。この機体は元ヴォラーレ航空で、ターキッシュ・エアラインズなどを経ています。(2019年1月13日 シアヌークビルKOS) 2019年1月記  
カンボジア・エアウェイズのA319、XU-878がマカオへ出発。この機体は元ハンブルク・インターナショナルで、数々の航空会社を経ています。荷物検査後のエリアより。(2019年1月15日 シアヌークビルKOS) 2019年1月記   カンボジア・エアウェイズのA319、XU-878がマカオへ離陸。この機体は元ハンブルク・インターナショナルで、数々の航空会社を経ています。荷物検査後のエリアより。(2019年1月15日 シアヌークビルKOS) 2019年1月記   バッサカ・エアのA320、XU-113。この機体は元ベトナム航空。JCインターナショナル航空機内より。(2019年1月15日 プノンペンPNH) 2019年1月記  
ランメイ・エアラインズのA319、XU-983がプノンペンから滑走路07Lにアプローチ。この機体は元スピリット航空で数々の航空会社を経ています。(2018年2月8日 香港HKG) 2019年1月記   スカイ・アンコール・エアラインズのA320、XU-721が間もなく離陸。この機体は元ACESコロンビアで、シンガポールのヴァリュージェットを経ています。出国後のエリアより。(2018年2月11日 釜山PUS) 2019年1月記  スカイ・アンコール・エアラインズのA320、XU-721が間もなく離陸。この機体は元ACESコロンビアで、シンガポールのヴァリュージェットを経ています。出国後のエリアより。(2018年2月11日 釜山PUS) 2018年2月記 
スカイ・アンコール・エアラインズのA320、XU-706が離陸。年末年始のチャーター便として飛来。元中国西北航空の機体で、中国東方航空を経ています。ターミナル1の展望デッキより。(2016年1月3日 成田NRT) 2018年2月記   スカイ・アンコール・エアラインズのA320、XU-706が出発。年末年始のチャーター便。元中国西北航空の機体で、中国東方航空を経ています。ターミナル2北側の展望デッキより。(2015年12月30日 成田NRT) 2018年2月記   スカイ・アンコール・エアラインズのA320、XU-ZACは元香港ドラゴン航空の機体。大形連休のチャーター便として飛来。ターミナル2北側の展望デッキより。(2015年5月2日 成田NRT) 2015年9月記
スカイ・アンコール・エアラインズのA320、XU-ZACは元香港ドラゴン航空の機体。大形連休のチャーター便として飛来。ターミナル2北側の展望デッキより。(2015年5月2日 成田NRT) 2015年9月記 スカイ・アンコール・エアラインズのA320、XU-ZACは元香港ドラゴン航空の機体。大形連休のチャーター便として飛来。ターミナル1の展望デッキより。(2015年5月2日 成田NRT) 2015年9月記 トンレサップ航空のB737‐300、XU-TSDですが、この航空会社は運航停止になったようです。機体も海外に売却されたようです。元々はこの機体はTAPポルトガル航空でした。出国後のエリアより。(2013年3月6日 昆明KMG) 2015年9月記