タイ・エアアジア(FD/AIQ) ・タイ・エアアジアX(XJ/TAX)
タイ・エアアジアはマレーシアのエアアジアがタイで展開する航空会社で、エアアジアとタイ企業の共同出資となっています。そしてタイ・エアアジアXはエア・アジアの長距離部門で、成田、関西にも乗り入れています。タイ・エアアジアは当初バンコクのメインの空港であるスワンナプーム国際空港を拠点にしていましたが、フライトが大幅に増えたため、空港が飽和状態となり、バンコクの以前の空港だったドンムアン空港に発着地を変更しています。そのときに他のLCCもドンムアン空港発着に変更しているほか、タイ・エアアジアXの日本からの便もドンムアン空港発着です。 2015年12月記
タイ・エアアジアのA320、HS-BBGがアンダマン海を眼下に滑走路09にアプローチ。(2017年3月4日 プーケットHKT) 2017年9月記  タイ・エアアジアXのA330、HS-XTD。この機体は元香港ドラゴン航空で、エア・アジアXを経ています。ターミナル2の荷物検査後のエリアより。(2017年3月7日 バンコクDMK) 2017年9月記   タイ・エアアジアXのA330、HS-XTAがバンコクから到着。この機体は元香港ドラゴン航空で、エア・アジアXを経ています。ターミナル3の荷物検査後のエリアより。(2016年1月10日 成田NRT) 2017年9月記   
タイ・エアアジアXのA330-300、HS-XTCがバンコクへ離陸。ハングルの大きな文字。この機体は元香港ドラゴン航空でエアアジアXを経ています。ターミナル1の展望デッキより。(2015年5月2日 成田NRT) 2015年12月記 タイ・エアアジアXのA330-300、HS-XTAがバンコクへ離陸。この機体は元香港ドラゴン航空でエアアジアXを経ています。ターミナル1の展望デッキより。(2015年5月2日 成田NRT) 2015年12月記 タイ・エアアジアのA320、HS-XTAがバンコクから空港東側にアプローチ。(2014年11月2日 ヤンゴンRGN) 2015年12月記
タイ・エアアジアのA320がバンコクから空港東側にアプローチ。こちらはシャークレット付き。(2014年11月3日 ヤンゴンRGN) 2015年12月記 タイ・エアアジアXのA330-300、HS-XTAがバンコクへ出発。この機体は元香港ドラゴン航空でエアアジアXを経てタイ・エアアジアXへ。ターミナル1の展望デッキより。(2014年10月3日 成田NRT) 2015年12月記 タイ・エアアジアのA320、HS-ABLが出発。展望デッキよりガラス越し。(2013年1月12日 バンコクDMK) 2015年12月記
 
 
タイ・エアアジアのA320、HS-ABLが出発。タイ・エアアジアの機首にはタイの国旗。展望デッキよりガラス越し。(2013年1月12日 バンコクDMK) 2015年12月記 タイ・エアアジアのA320、HS-ABL機内。チェンマイからプーケットに向かっています。機内はいたるところに広告。(2013年1月14日) 2015年12月記 タイ・エアアジアのA320、HS-ABL機内。チェンマイからプーケットに向かっています。(2013年1月14日) 2015年12月記
タイ・エアアジアのA320、HS-ABL機内。チェンマイからプーケットに向かっています。(2013年1月14日) 2015年12月記 タイ・エアアジアのA320、HS-ABL機内。チェンマイからプーケットに向かっています。(2013年1月14日) 2015年12月記 タイ・エアアジアのA320、HS-ABLがプーケットに到着しました。(2013年1月14日 プーケットHKT) 2015年12月記
タイ・エアアジアのA320、HS-ABQがアプローチ。(2013年1月15日 プーケットHKT) 2015年12月記 タイ・エアアジアのA320、HS-ABDがアプローチ。(2013年1月15日 プーケットHKT) 2015年12月記 タイ・エアアジアのA320、HS-ABQが出発。(2013年1月15日 プーケットHKT) 2015年12月記
タイ・エアアジアのA320がアプローチ。(2013年1月15日 プーケットHKT) 2015年12月記 タイ・エアアジアのA320、HS-ABW機内。プーケットからバンコクへ向かっています。(2013年1月15日) 2015年12月記 タイ・エアアジアのA320、HS-ABWがバンコクに到着しました。(2013年1月15日 バンコクDMK) 2015年12月記
タイ・エアアジアのA320、HS-ABWがバンコクに到着、ランプバスでターミナルへ。(2013年1月15日 バンコクDMK) 2015年12月記 タイ・エアアジアのA320、HS-ABNが滑走路32Rを離陸。(2012年4月14日 クアラルンプールKUL) 2015年12月記 タイ・エアアジアのA320、HS-ABUがアプローチ。空港鉄道のラートクラバン駅界隈より。ただし、この空港への発着はなくなったようです。(2012年2月22日 バンコクBKK) 2015年12月記
タイ・エアアジアのA320、HS-ABUが到着。展望デッキより二重のガラス越し。ただし、この空港への発着はなくなったようです。(2012年2月23日 バンコクBKK) 2015年12月記 タイ・エアアジアのA320、HS-ABDが滑走路19Rにアプローチ。空港周辺の歩道橋より。ただし、この空港への発着はなくなったようです。(2012年2月23日 バンコクBKK) 2015年12月記 タイ・エアアジアのA320、HS-ABCが滑走路19Rにアプローチ。空港周辺の歩道橋より。ただし、この空港への発着はなくなったようです。(2012年2月23日 バンコクBKK) 2015年12月記
タイ・エアアジアのA320、HS-ABFが離陸。空港周辺のグランインカムホテルの客室より。ただし、この空港への発着はなくなったようです。(2012年2月25日 バンコクBKK) 2015年12月記 タイ・エアアジアのA320、HS-ABQが離陸。空港周辺のグランインカムホテルの客室より。ただし、この空港への発着はなくなったようです。(2012年2月25日 バンコクBKK) 2015年12月記 タイ・エアアジアのA320が到着。空港周辺のグランインカムホテルの客室より。ただし、この空港への発着はなくなったようです。(2012年2月25日 バンコクBKK) 2015年12月記
タイ・エアアジアのA320、HS-ABRが到着。空港周辺のグランインカムホテルの客室より。ただし、この空港への発着はなくなったようです。(2012年2月25日 バンコクBKK) 2015年12月記 タイ・エアアジアのA320、HS-ABCが到着。空港周辺のグランインカムホテルの客室より。ただし、この空港への発着はなくなったようです。(2012年2月25日 バンコクBKK) 2015年12月記 タイ・エアアジアのA320、HS-ABPが離陸。空港周辺のグランインカムホテルの客室より。ただし、この空港への発着はなくなったようです。(2012年2月26日 バンコクBKK) 2015年12月記
タイ・エアアジアのA320、HS-ABJが離陸。空港周辺のグランインカムホテルの客室より。ただし、この空港への発着はなくなったようです。(2012年2月26日 バンコクBKK) 2015年12月記 タイ・エアアジアのA320、HS-ABWが滑走路19Rにアプローチ。空港周辺の歩道橋より。ただし、この空港への発着はなくなったようです。(2012年2月26日 バンコクBKK) 2015年12月記 タイ・エアアジアのA320、HS-ABMが滑走路19Rにアプローチ。空港周辺の歩道橋より。ただし、この空港への発着はなくなったようです。(2012年2月26日 バンコクBKK) 2015年12月記
タイ・エアアジアのA320が滑走路25Rにアプローチ。スカイデッキより。(2011年4月16日 香港HKG) 2015年12月記 タイ・エアアジアのA320、HS-ABE。(2011年4月19日 マカオMFM) 2015年12月記 タイ・エアアジアのA320、HS-ABCが出発。(2011年4月19日 マカオMFM) 2015年12月記
タイ・エアアジアのA320、HS-ABCが出発。(2011年4月19日 マカオMFM) 2015年12月記 タイ・エアアジアのA320、HS-ABDがアプローチ。チャンギビーチパークより。(2010年5月10日 シンガポールSIN) 2015年12月記 タイ・エアアジアのB737-300、HS-AAPが滑走路02Lにアプローチ。この機体は元ニューヨークエアでコンチネンタル航空、エアアジアを経てタイ・エアアジアへ。(2010年5月10日 シンガポールSIN) 2015年12月記