ビバアエロバス(VB/VIV)・マグニチャーターズ(UJ/GMT)・
アエロマル(VW/TAO)・マス・エア(M7/MAA)

メキシコのマイナーな航空会社をまとめて紹介です。ビバアエロバスはB737を運航するLCCで、国内線とアメリカへの国際線を運航しています。マグニチャーターズはその名の通りチャーター便で運航をはじめたものと思われますが、実際は国内に定期便を運航していて、LCCのような存在になっています。アエロマルも国内線を運航、アメリカにも運航していますが、プロペラ便での運航なのでローカルな区間ばかりになります。マス・エアはメキシコの貨物航空会社でしたが、現在はチリのラタム系列となりラタム・エア・メキシコを名乗っています。 2017年6月記
マグニチャーターズのB737-300、XA-UNMは元ユナイテッド航空の機体。空港周辺の歩道橋より。(2010年12月6日 メキシコシティMEX) 2017年6月記 マグニチャーターズのB737-300、XA-UNMが滑走路05Lを間もなく離陸。この機体は元ユナイテッド航空。空港周辺の歩道橋より。(2010年12月6日 メキシコシティMEX) 2017年6月記 アエロマルのATR-42、XA-UAVは元イタリアのエア・ドロミティの機体。空港周辺の歩道橋より。(2010年12月6日 メキシコシティMEX) 2017年6月記
マグニチャーターズのB737-300、XA-MAIが滑走路05Lを間もなく離陸。この機体は元ユナイテッド航空。空港周辺の歩道橋より。(2010年12月6日 メキシコシティMEX) 2017年6月記 マグニチャーターズのB737-300、XA-MAIが滑走路05Lを間もなく離陸。この機体は元ユナイテッド航空。空港周辺の歩道橋より。(2010年12月6日 メキシコシティMEX) 2017年6月記 マグニチャーターズのB737-300、XA-MAIが滑走路05Lを間もなく離陸。この機体は元ユナイテッド航空。空港周辺の歩道橋より。(2010年12月8日 メキシコシティMEX) 2017年6月記
マス・エアのB767-300F、N420LAが滑走路05Lを間もなく離陸。この会社は現在はラタム・エア・メキシコになりました。空港周辺の歩道橋より。(2010年12月8日 メキシコシティMEX) 2017年6月記 マス・エアのB767-300F、N420LAが滑走路05Lを間もなく離陸。この会社は現在はラタム・エア・メキシコになりました。空港周辺の歩道橋より。(2010年12月8日 メキシコシティMEX) 2017年6月記 マス・エアのB767-300F、N420LAが滑走路05Lを間もなく離陸。この会社は現在はラタム・エア・メキシコになりました。空港周辺の歩道橋より。(2010年12月8日 メキシコシティMEX) 2017年6月記
ビバアエロバスのB737-300、XA-VIBが滑走路05Lを間もなく離陸。この機体は元USエアで、タイ・エアアジアなどを経ています。空港周辺の歩道橋より。(2010年12月8日 メキシコシティMEX) 2017年6月記 マグニエアチャーターズのB737-300、XA-UNMが滑走路05Rへ間もなく着陸。この機体は元ユナイテッド航空。空港周辺の歩道橋より。(2010年12月8日 メキシコシティMEX) 2017年6月記 マグニチャーターズのB737-300、XA-UNMが滑走路05Lを間もなく離陸。この機体は元ユナイテッド航空。空港周辺の歩道橋より。(2010年12月8日 メキシコシティMEX) 2017年6月記
ビバアエロバスのB737-300、XA-VIF。この機体は元ピードモント・エアラインズで、インドネシア・エアアジアなどを経ています。空港周辺の歩道橋より。(2010年12月8日 メキシコシティMEX) 2017年6月記 アエロマルのATR-42、XA-TPSが滑走路05Rへ間もなく着陸。空港周辺の歩道橋より。(2010年12月8日 メキシコシティMEX) 2017年6月記