ミャンマー・ナショナル航空(UB/UBA)・アジアン・ウイングス(YJ/AWM)・
ヤンゴン航空(YH/AYG)・マン・ヤダナルポン・エアラインズ(7Y/MYP)・
バガン航空(W9)
ミャンマー・ナショナル航空は古くからのミャンマーの航空会社で、以前はフォッカーのジェット機やプロペラ機を使って国際線と国内線を運航していましたが、現在はB737を使ってバンコクや香港まで飛ぶようになりました。ミャンマーも民主化が進んで、さまざまな航空会社が飛ぶようになっていますが、国内線航空会社はプロペラ便ばかりです。やはり貧しい国なので国内を航空機で飛べるのはごくごく限られた人なのだと思います。 2015年10月記
ミャンマー・ナショナル航空のB737-800、XY-ALGがヤンゴンへ間もなく離陸。シャーロン湾の観景台より。(2019年11月20日 香港HKG) 2019年12月記    ミャンマー・ナショナル航空のB737-800、XY-ALCがヤンゴンから滑走路07Lへアプローチ。(2018年2月7日 香港HKG) 2019年12月記     ミャンマー・ナショナル航空のB737-800、XY-ALFがヤンゴンから滑走路19Rへ到着。空港周辺の歩道橋より。(2017年3月5日 バンコクBKK) 2019年12月記     
ミャンマー・ナショナル航空のエンブラエルERJ-190、XY-AGQがマンダレーから到着。空港周辺の歩道橋より。(2017年3月13日 バンコクBKK) 2017年9月記   アジアン・ウイングスのATR-72、XY-AISが空港東側からアプローチ。この機体は元アリタリア・エクスプレス。(2014年11月2日 ヤンゴンRGN) 2015年10月記 バガン航空のATR-72、XY-AIHが空港東側からアプローチ。この機体は元マンダレー航空のもので、タイのバンコクエアウィズを経てバガン航空へ。(2014年11月2日 ヤンゴンRGN) 2015年10月記
ミャンマー・ナショナル航空のエンブラエルERJ-190、XY-AGPが空港東側からアプローチ。この機体は元ニューギニア航空のもの。(2014年11月2日 ヤンゴンRGN) 2015年10月記 マン・ヤダナルポン・エアラインズのATR-72、XY-AJOが空港東側からアプローチ。(2014年11月2日 ヤンゴンRGN) 2015年10月記 ミャンマー・ナショナル航空のセスナ208、XY-AJKが空港東側からアプローチ。(2014年11月2日 ヤンゴンRGN) 2015年10月記
ヤンゴン航空のATR-72、XY-AINが空港東側からアプローチ。(2014年11月3日 ヤンゴンRGN) 2015年10月記 ミャンマー・ナショナル航空のフォッカーF-27フレンドシップ、XY-ADZ。他の便搭乗時にランプ内より。(2004年11月5日 マンダレーMDL) 2020年6月記   ミャンマー・ナショナル航空のフォッカーF-27フレンドシップ、XY-ADZ。他の便搭乗時にランプ内より。(2004年11月5日 マンダレーMDL) 2020年6月記  
ミャンマー・ナショナル航空のフォッカーF-27フレンドシップ、XY-AGB。他の便搭乗時にランプ内より。(2004年11月5日 マンダレーMDL) 2020年6月記    ヤンゴン航空のATR-72、F-OIYBが到着。荷物検査後のエリアより。(2004年11月7日 へ―ホーHEH) 2020年6月記