スリウィジャヤ航空(SJ/SJY)・ウイングス・エア(IW/WON)・リナス・エアウェイズ(LAI)・
カルディグエア(8F/CAD)・トライエムジー・イントラ・アジア航空(GM/TMG)・
アジアリンク・カーゴ・エアラインズ
インドネシアのローカル航空会社の紹介です。スリウィジャヤ航空はB737で国内線を運航します。ウイングス・エアは現在はプロペラ機のみを使って国内線を運航しているようです。リスナ・エアウェイズは運航停止になったようです。カルディグエア、トライエムジー・イントラ・アジア航空、アジアリンク・カーゴ・エアラインズは3社とも貨物専門の航空会社のようです。数々の島から成り、陸上交通も発達していないので、航空貨物が重要な輸送機関なのだと考えられます。 2016年5月記
アジアリンク・カーゴ・エアラインズのF-27、PK-KRJですが、引退したようです。元エジプトのエアシナイの旅客機を貨物機に改造。チャンギビーチパークより。(2010年5月10日 シンガポールSIN) 2016年5月記 カルディグエアのB737-300SF、PK-BBBがアプローチ。元アメリカのウエスタン航空の旅客機で、デルタ航空を経て貨物機に改造。チャンギビーチパークより。(2010年5月12日 シンガポールSIN) 2016年5月記 トライエムジー・イントラ・アジア航空のB727-100F、PK-YGZ。元トランス・ワールド航空の旅客機を貨物機に改造したものですが、引退しました。チャンギビーチパークより。(2010年5月12日 シンガポールSIN) 2016年5月記
アジアリンク・カーゴ・エアラインズのF-27、PK-KRJですが、引退したようです。元エジプトのエアシナイの旅客機を貨物機に改造。チャンギビーチパークより。(2010年5月12日 シンガポールSIN) 2016年5月記 カルディグエアのB737-300SF、PK-BBAがアプローチ。元アメリカのウエスタン航空の旅客機で、デルタ航空を経て貨物機に改造。チャンギビジネスパークより。(2010年5月13日 シンガポールSIN) 2016年5月記 アジアリンク・カーゴ・エアラインズのF-27、PK-KRJがアプローチ。元エジプトのエアシナイの旅客機を貨物機に改造。チャンギビジネスパークより。(2010年5月13日 シンガポールSIN) 2016年5月記
スリウィジャヤ航空のB737-200、PK-CJG。元マレーシア航空の機体。展望デッキより。(2008年6月14日 ジャカルタCGK) 2016年5月記 スリウィジャヤ航空のB737-200、PK-CJF。元オリンピック航空の機体。展望デッキより。(2008年6月14日 ジャカルタCGK) 2016年5月記 リスナ・エアウェイズのBAe146、PK-LNIですが、運航停止になったようです。元イタリアのメリィディアーナの機体。展望デッキより。(2008年6月14日 ジャカルタCGK) 2016年5月記
ウイングス・エアのMD-82が2機並んでいますが、手前の機体からはエンジンがはずされています。展望デッキより。(2008年6月14日 ジャカルタCGK) 2016年5月記 ウイングス・エアのMD-82、PK-LMGですが、エンジンがはずされています。元大韓航空の機体で、ライオン・エアを経ています。展望デッキより。(2008年6月14日 ジャカルタCGK) 2016年5月記 ウイングス・エアのMD-82、PK-WIP。元アエロメヒコ航空の機体で、ライオン・エアを経ています。展望デッキより。(2008年6月14日 ジャカルタCGK) 2016年5月記