インドネシア・エアアジア(QZ/AWQ)・インドネシア・エアアジアX(XT/IDX)・
ライオン・エア(JT/LNI)
インドネシア・エアアジアはマレーシアのエアアジ系列のLCCで、インドネシア国内線とインドネシア発着のタイ、マレーシア、シンガポール、オーストラリアへの近隣国際線を運航します。さらにインドネシア・エアアジアXという中距離国際線を運航する会社もあり、日本へも運航を検討しているそうですが、まだ実現には至っていません。ライオン・エアはインドネシア最大のLCCで、インドネシア国内線と近隣国際線を運航するほか、タイでも系列会社を設立しています。 2016年5月記
インドネシア・エアアジアXのA330-300、PK-XRCがデンパサールへ出発。この機体は元香港ドラゴン航空で、エアアジアXを経ています。ターミナル2南側の展望デッキより。(2017年7月10日 成田NRT) 2018年9月記  インドネシア・エアアジアXのA330-300、PK-XRCがデンパサールへ出発。この機体は元香港ドラゴン航空で、エアアジアXを経ています。ターミナル2南側の展望デッキより。(2017年7月10日 成田NRT) 2018年9月記   インドネシア・エアアジアのA320-AZA。展望デッキより窓越し。(2017年3月2日 バンコクDMK) 2018年9月記  
ライオン・エアのB737-900ER、PK-LGJが滑走路32Rを間もなくジャカルタへ離陸。(2012年4月14日 クアラルンプールKUL) 2016年5月記 ライオン・エアのB737-900ER、PK-LHRが滑走路32Rを間もなくジャカルタへ離陸。(2012年4月14日 クアラルンプールKUL) 2016年5月記 インドネシア・エアアジアのA320、PK-LGJがジャカルタへ出発。出国後のエリアより。(2012年4月18日 クアラルンプールKUL) 2016年5月記
インドネシア・エアアジアのB737-300、PK-AWUがアプローチ。チャンギビーチパークより。(2010年5月10日 シンガポールSIN) 2016年5月記 ライオン・エアのB737-900ER、PK-LGFがアプローチ。この機体は海外に売却されたようです。チャンギビーチパークより。(2010年5月10日 シンガポールSIN) 2016年5月記 インドネシア・エアアジアのA320、PK-AXFがアプローチ。チャンギビーチパークより。(2010年5月10日 シンガポールSIN) 2016年5月記
インドネシア・エアアジアのA320、PK-AXJがアプローチ。チャンギビーチパークより。(2010年5月12日 シンガポールSIN) 2016年5月記 ライオン・エアのB737-900ER、PK-LGQがアプローチ。チャンギビーチパークより。(2010年5月12日 シンガポールSIN) 2016年5月記 ライオン・エアのB737-900ER、PK-LGFがアプローチ。この機体は海外に売却されたようです。チャンギビジネスパークより。(2010年5月13日 シンガポールSIN) 2016年5月記
インドネシア・エアアジアのA320、PK-AXIがアプローチ。チャンギビジネスパークより。(2010年5月13日 シンガポールSIN) 2016年5月記 ライオン・エアのB737-400、PK-LIT。展望デッキより。(2008年6月14日 ジャカルタCGK) 2016年5月記 ライオン・エアのB737-400、PK-LIT。展望デッキより。(2008年6月14日 ジャカルタCGK) 2016年5月記
ライオン・エアのB737-900ER、PK-LFI。展望デッキより。(2008年6月14日 ジャカルタCGK) 2016年5月記 インドネシア・エアアジアのB737-300、PK-AWT。展望デッキより。(2008年6月14日 ジャカルタCGK) 2016年5月記