ANA(NH/ANA) その8 B787
B787はANAが世界でもっとも早くに運航をはじめたボーイングの最新鋭機です。多くは日本の技術によって製造されていて、機体が複合材(プラスチック)というのが特徴です。機体自体は中型でB767の後継にあたるため、B777よりはかなり小さいです。ANAのB787はバリエーションが多く、-8と機体の長い-9があり、それぞれに国内線用と国際線用があります。また、-8の初期に導入された機体は特別デザインが施され、その後の機体にも大きく「787」と記され、さらに最近になって通常デザインとなりましたので、B787-8には3種の機体デザインがあります。 2012年9月記
B787-9、JA873Aが到着。ターミナル1の展望デッキより。(2017年7月10日 成田NRT) 2017年10月記  B787-9、JA883Aが出発。ターミナル1の展望デッキより。(2017年7月10日 成田NRT) 2017年10月記   B787-9、JA873Aが出発。ターミナル1の展望デッキより。(2017年7月10日 成田NRT) 2017年10月記  
B787-8、JA811Aが羽田から到着。展望デッキより。(2017年6月27日 新千歳CTS) 2017年10月記   B787-8、JA831Aが到着。ターミナル2の出国後のエリアより。(2017年2月28日 成田NRT) 2017年10月記   B787-9、JA887Aが羽田から滑走路19Rに到着。空港周辺の歩道橋より。(2017年3月9日 バンコクBKK) 2017年10月記  
B787-9、JA886Aが羽田から到着。空港周辺のグランインカムホテルの客室より。(2017年3月13日 バンコクBKK) 2017年10月記    B787-8、JA821Aが到着。ターミナル1の展望デッキより。(2017年1月6日 羽田HND) 2017年10月記    B787-8、JA834Aが到着。ターミナル1の展望デッキより。(2017年1月6日 羽田HND) 2017年10月記    
B787-8、JA838Aが羽田へ出発。展望デッキより窓越し。(2016年10月10日 台北TSA) 2017年10月記     B787-8、JA818Aが羽田から到着。展望デッキより。(2016年8月17日 那覇OKA) 2017年10月記     B787-8、JA812Aが羽田へ出発。展望デッキより。(2016年8月4日 松山MYJ) 2017年10月記     
B787-8、JA832Aがシンガポールへ出発。国際線ターミナルの展望デッキより。(2016年6月3日 羽田HND) 2016年6月記 B787-8、JA813Aがアプローチ。さくらの山公園より。(2016年4月30日 成田NRT) 2016年6月記 B787-8、JA825Aが羽田へ出発。展望デッキより。(2016年4月7日 広島HIJ) 2016年6月記
B787-8、JA821Aが羽田から到着。ターミナル2の展望デッキより。(2016年2月18日 福岡FUK) 2016年3月記 B787-8、JA821Aが羽田から到着。ターミナル2の展望デッキより。(2016年2月18日 福岡FUK) 2016年3月記 B787-8、JA821Aが羽田から到着。ターミナル2の展望デッキより。(2016年2月18日 福岡FUK) 2016年3月記
B787-8、JA821Aが羽田へ出発。ターミナル2の展望デッキより。(2016年2月18日 福岡FUK) 2016年3月記 B787-9、JA830Aが羽田へ出発。ターミナル2の展望デッキより。(2016年2月18日 福岡FUK) 2016年3月記 B787-8、JA809Aが羽田へ出発。ターミナル2の展望デッキより。(2016年2月18日 福岡FUK) 2016年3月記
B787-8、JA809Aが間もなく羽田へ出発。ターミナル2の展望デッキより。(2016年2月18日 福岡FUK) 2016年3月記 B787-8、JA812Aが羽田から到着。(2016年2月22日 熊本KMJ) 2016年3月記 B787-8、JA812Aが羽田から到着。(2016年2月22日 熊本KMJ) 2016年3月記
B787-8、JA825Aが羽田へ出発。(2016年2月23日 熊本KMJ) 2016年3月記 B787-8、JA816Aが羽田へ離陸。(2016年2月23日 熊本KMJ) 2016年3月記 B787-8、JA811Aが羽田へ出発。南側の展望デッキより。(2016年1月22日 那覇OKA) 2016年3月記
B787-8、JA811Aが羽田へ離陸。南側の展望デッキより。(2016年1月22日 那覇OKA) 2016年3月記 B787-8、JA825Aが羽田へ出発。展望デッキより。(2016年1月22日 石垣ISG) 2016年2月記 B787-8、JA825Aが羽田へ出発。展望デッキより。バックは意外に山。(2016年1月22日 石垣ISG) 2016年2月記
B787-8、JA818Aが羽田へ間もなく離陸。展望デッキより。(2016年1月23日 石垣ISG) 2016年2月記 B787-8、JA825Aが羽田へ出発。南側の展望デッキより。(2016年1月24日 那覇OKA) 2016年2月記 B787-8、JA825Aが羽田へ離陸。南側の展望デッキより。(2016年1月24日 那覇OKA) 2016年2月記
B787-8、JA821Aが羽田へ出発。南側の展望デッキより。(2016年1月25日 那覇OKA) 2016年2月記 B787-8、JA811Aが霧島を右手に羽田へ離陸。展望デッキより。(2016年1月10日 鹿児島KOJ) 2016年1月記 これからANAのB787-8に乗って羽田へ向かいます。(2016年1月14日 福岡FUK) 2016年1月記
B787-8、JA811Aが福岡空港を北へ向かって離陸しました。(2016年1月14日) 2016年1月記 B787-8、JA811A機内。福岡から羽田に向かっています。(2016年1月14日) 2016年1月記 B787-8、JA811A機内。福岡から羽田に向かっています。(2016年1月14日) 2016年1月記
B787-8、JA811A機内。福岡から羽田に向かっています。前の座席の人は窓を暗くしています。(2016年1月14日) 2016年1月記 B787-8、JA811A機内。福岡から羽田に向かっています。従来式の日よけはなく、このスイッチで明るさをコントロールします。(2016年1月14日) 2016年1月記 B787-8、JA811A機内。福岡から羽田に向かっています。(2016年1月14日) 2016年1月記
B787-8、JA811A機内。福岡から羽田に向かっています。大手といっても飲物が出るだけ。(2016年1月14日) 2016年1月記 B787-8、JA811A。福岡から羽田に向かっています。通常の窓の状態で撮影。(2016年1月14日) 2016年1月記 B787-8、JA811A。福岡から羽田に向かっています。窓をもっとも暗くした状態で撮影。(2016年1月14日) 2016年1月記
B787-8、JA811A。福岡から羽田に向かっています。スポイラーを立てて降下中。(2016年1月14日) 2016年1月記 B787-8、JA811A。A滑走路に南側から着陸。(2016年1月14日 羽田HND) 2016年1月記 B787-8、JA811Aが福岡から羽田に到着。(2016年1月14日 羽田HND) 2016年1月記
B787-8、JA831Aが到着。ターミナル2北側の展望デッキより。(2016年1月3日 成田NRT) 2016年1月記 B787-8、JA806Aがデュッセルドルフへ離陸。ターミナル1の展望デッキより。(2015年12月30日 成田NRT) 2015年12月記 B787-8、JA821Aが羽田へ離陸。展望デッキより。(2015年12月10日 高松TAK) 2015年12月記
B787-9、JA833Aが羽田から到着。展望デッキより。(2015年11月7日 新千歳CTS) 2015年11月記 B787-8、JA824Aが羽田から到着。展望デッキより。(2015年11月7日 新千歳CTS) 2015年11月記 B787-8、JA828Aがブリュッセルへ離陸。ターミナル1の展望デッキより。(2015年10月25日 成田NRT) 2015年10月記
B787-9、JA830Aが羽田から到着。ターミナル2の展望デッキより。(2015年10月9日 福岡FUK) 2015年10月記 B777-200、JA702A。ターミナル2の展望デッキより。(2015年10月10日 福岡FUK) 2015年10月記 B787-8、JA822Aがアプローチ。出国後のエリアより。(2015年8月11日 成田NRT) 2015年8月記
B787-8、JA822Aが到着。出国後のエリアより。(2015年8月11日 成田NRT) 2015年8月記 B787-8、JA822Aが到着。出国後のエリアより。(2015年8月11日 成田NRT) 2015年8月記 B787-9、JA836Aがミュンヘンへ出発。国際線ターミナルの展望デッキより。(2015年6月2日 羽田HND) 2015年8月記
B787-8、JA815Aが上海へ離陸。ターミナル1の展望デッキより。(2015年5月2日 成田NRT) 2015年5月記 B787-8、JA822Aが到着。ターミナル2北側の展望デッキより。(2015年3月17日 成田NRT) 2015年5月記 B787-8、JA801Aがジャカルタから到着。ターミナル2南側の展望デッキより。(2015年3月17日 成田NRT) 2015年3月記
B787-8、JA801A。他の機体へ搭乗直前に撮影。(2014年11月5日 バンコクBKK) 2015年3月記 B787-9、JA833Aが出発。国内線ターミナル2の展望デッキより。(2014年10月25日 羽田HND) 2015年3月記 B787‐8、JA825Aが松山から到着。国内線ターミナル2の展望デッキより。(2014年10月25日 羽田HND) 2014年10月記
B787‐9、JA830AがA滑走路を南側から着陸。国際線ターミナルの展望デッキより。(2014年8月17日 羽田HND) 2014年10月記 B787‐9、JA830A。ターミナル2の展望デッキより。(2014年8月17日 羽田HND) 2014年8月記 B787‐9、JA830A。先端がけっこう剃っています。ターミナル2の展望デッキより。(2014年8月17日 羽田HND) 2014年8月記
B787‐8、JA828A。B787も特別の塗装ではなくなりました。国際線ターミナルの展望デッキより。(2014年5月25日 羽田HND) 2014年8月記 B787-8、JA822A。国際線ターミナル展望デッキより管制塔をバックに。(2014年4月17日 羽田HND) 2014年5月記 B787-8、JA812A。「Inspiretion of JAPAN」と入った機体がずいぶんあります。(2014年1月14日 羽田HND) 2014年1月記
B787-8、JA801Aが羽田に向けて出発。(2013年8月8日 秋田AXT) 2014年1月記 B787-8、JA804Aが羽田から到着。(2013年6月30日 富山TYO) 2014年1月記 B787-8、JA813A。バッテリー問題でしばらく運航休止になっていましたが、試験飛行でしょうか。(2013年5月18日 成田NRT) 2013年5月記
B787-8、JA813A。バッテリー問題でしばらく運航休止になっていましたが、試験飛行でしょうか。しばらくすると着陸してきました。(2013年5月18日 成田NRT) 2013年5月記 B787-8、JA813A。バッテリー問題でしばらく運航休止になっていましたが、試験飛行でしょうか。エンジンのギザギザが特徴。(2013年5月18日 成田NRT) 2013年5月記 B787-8、JA813A。ANAはB787を国内線とともに国際線にも運航。(2012年12月11日 成田NRT) 2013年4月記
B787-8、JA802A。国内線ターミナルをバックにスラストリバーサーを使って減速中。(2012年11月9日 羽田HND) 2013年4月記 B787-8、JA801A。特別塗装が施されたB787のANA1号機。(2012年2月4日 羽田HND) 2012年9月記 B787-8、JA804A。こちらは通常のデザインに近い機体。(2012年2月4日 羽田HND) 2012年9月記
B787-8、JA804A。ANAは世界で最初にB787を運航、この低燃費の機体導入で収益性の向上を図られるそうです。(2012年2月4日 羽田HND) 2012年9月記 B787-8、N787EXですが、試験飛行時のもので現在はアメリカ政府所有の機体となりました。(2011年7月7日 羽田HND) 2012年9月記 B787-8、N787EX。アメリカ籍の機体番号で試験飛行にやってきた時の一コマです。(2011年7月5日 羽田HND) 2012年9月記