オリエンタルエアブリッジ(NGK)・天草エアライン(AMX)・エアトランセ

オリエンタルエアブリッジは長崎を拠点に福江、壱岐、対馬、また福岡〜福江間と、長崎県の離島路線を運航します。以前は長崎航空という社名で、設立目的も長崎県の離島路線運航のためでした。3レターのNGKも長崎航空時代の名残です。天草エアラインはその名の通り天草空港を拠点にします。天草空港が開港したのと時を同じくして運航を始めています。熊本と福岡路線があるほか、熊本経由で伊丹にも足を延ばしています。エアトランセは小型プロペラ機を使って地方ローカル線に参入しましたが、さまざまな路線を運航しようとしたものの、どの路線もごく短期間の運航で撤退、現在は定期便運航は行わなくなりました。 2014年2月記

天草エアラインのDHC-8-100、JA81AMが天草から到着。(2016年2月18日 福岡FUK) 2016年3月記 天草エアラインのATR-42、JA81AMが天草へ離陸。(2016年2月22日 熊本KMJ) 2016年3月記 天草エアラインのATR-42、JA81AMが伊丹へ出発。(2016年2月23日 熊本KMJ) 2016年3月記
オリエンタルエアブリッジのDHC-8-200、JA802Bが大村湾を眼下に福江から到着。展望デッキより。(2016年2月25日 長崎NGS) 2016年3月記 オリエンタルエアブリッジのDHC-8-200、JA801Bが壱岐へ離陸。ターミナル1の展望デッキより。(2016年1月9日 福岡FUK) 2016年3月記 天草エアラインのATR-42、JA81AMが天草から到着。ターミナル2の展望デッキより。(2016年1月10日 福岡FUK) 2016年3月記
オリエンタルエアブリッジのDHC-8-200、JA801Bが出発、JALエクスプレスが着陸。(2012年3月25日 長崎NGS) 2014年2月記 オリエンタルエアブリッジのDHC-8-200、JA802Bが福江から到着。(2012年2月11日 福岡FUK) 2014年2月記 オリエンタルエアブリッジのDHC-8-200、JA802Bが福江へ出発。(2012年2月12日 福岡FUK) 2014年2月記
天草エアラインのDHC-8-100、JA81AMですが、現在はデザインが変わったようです。(2011年10月31日 熊本KMJ) 2014年2月記 天草エアラインのDHC-8-100、JA81AMですが、現在はデザインが変わったようです。(2011年10月31日 熊本KMJ) 2014年2月記 天草エアラインのDHC-8-100、JA81AMですが、現在はデザインが変わったようです。(2011年8月10日 福岡FUK) 2014年2月記
オリエンタルエアブリッジのDHC-8-200、JA802Bが市街地の空港に着陸。(2010年8月13日 福岡FUK) 2014年2月記 オリエンタルエアブリッジのDHC-8-200、JA802Bが対馬へ離陸。(2010年4月5日 長崎NGS) 2014年2月記 オリエンタルエアブリッジのDHC-8-200、JA802B。後方は大村湾。(2010年4月5日 長崎NGS) 2014年2月記
オリエンタルエアブリッジのDHC-8-200、JA802Bが長崎に向けて出発。(2010年4月8日 福江FUJ) 2014年2月記 オリエンタルエアブリッジのDHC-8-200、JA802B。福江は意外にも山の中の空港でした。(2010年4月8日 福江FUJ) 2014年2月記 エアトランセのビーチクラフト1900、JA017Aですが定期路線はなくなったようです。(2007年7月21日 仙台SDJ) 2014年2月記