新中央航空(CUK)・東邦航空・旭神航空(KOK)
新中央航空は東京の調布飛行場から大島、新島、神津島へ飛んでいます。東京都内の離島便専門の航空会社ということですね。現在飛んでいる機体はドイツのドルニエ製228という機体です。大手航空会社のプロペラ便同様にターボプロップ機ですが、与圧装置はなく低空しか飛べません。以前はピラタス・ブリテンノーマンBN-2アイランダーというイギリス製の、その名の通り、離島便用の機材も使われていましたが、現在は引退しています。東邦航空の東京愛らんどシャトルは日本で唯一定期的に飛んでいるヘリコプター便で、島と島の間を結んでいます。旭神航空は以前、新潟と佐渡を結んでいましたが、運航をやめてしまいました現在は新日本航空という会社がこの間を運航しているようです。 2012年10月記
新中央航空、ドルニエ228、JA32CAが新島に向けて出発。(2013年6月8日 調布) 2013年6月記 新中央航空、ドルニエ228、JA32CAが新島に向けて離陸。(2013年6月8日 調布) 2013年6月記 新中央航空、ドルニエ228、JA34CAが大島に向けて出発。(2013年6月8日 調布) 2013年6月記
新中央航空、ドルニエ228、JA34CA。尾翼は飛び魚のマーク。(2013年6月8日 調布) 2013年6月記 新中央航空、ドルニエ228、JA34CA。機体が新しくなって5枚ブレードに。(2013年6月8日 調布) 2013年6月記 新中央航空、ドルニエ228、JA34CA。荷物は機首部分に。(2013年6月8日 調布) 2013年6月記
東邦航空の「東京愛らんどシャトル」、シコルスキーS-76、JA761A。ヘリコプターですが滑走路から離陸。(2010年6月4日 八丈島HAC) 2012年10月記 東邦航空の「東京愛らんどシャトル」、シコルスキーS-76、JA761A。青ヶ島から到着して御蔵島に向かうところです。(2010年6月4日 八丈島HAC) 2012年10月記 新中央航空、ドルニエ228、JA33CAから。調布を離陸するとすぐに味の素スタジアム。(2008年10月26日) 2012年10月記
新中央航空、ドルニエ228、JA33CAから。続いて中央自動車道上空。(2008年10月26日) 2012年10月記 新中央航空、ドルニエ228、JA33CAから。相模湾に出たところで江ノ島が。(2008年10月26日) 2012年10月記 新中央航空、ドルニエ228、JA33CAの機内。与圧してないので断面が円形ではなく四角形。(2008年10月26日) 2012年10月記
新中央航空、ドルニエ228、JA33CAから。利島上空です。(2008年10月26日) 2012年10月記 新中央航空、ドルニエ228、JA33CA。間もなく新島に着陸。(2008年10月26日) 2012年10月記 新中央航空、ドルニエ228、JA33CA。日本では珍しいドイツ製の機体。(2008年10月26日 新島) 2012年10月記
東邦航空の東京愛らんどシャトル、シコルスキーS-76、JA6648ですが、現在引退したようです。(2008年10月27日 利島) 2012年10月記 新中央航空、ピラタス・ブリテンノーマンBN-2アイランダー、JA5305ですが、現在は引退したようです。(2008年10月28日 大島OIM) 2012年10月記 旭神航空、ピラタス・ブリテンノーマンBN-2アイランダー、JA5321ですが、この機体は引退、会社もなくなってしまいました。(2008年8月13日 新潟KIJ) 2012年10月記
新中央航空、ピラタス・ブリテンノーマンBN-2アイランダー、JA5305。ドルニエとともに伊豆七島に飛んでいました。(2008年2月7日 調布) 2012年10月記 新中央航空、ドルニエ228、JA21CA。調布と大島、新島、神津島を結びます。(2008年2月7日 調布) 2012年10月記