ソラシドエア/スカイネットアジア航空(LQ/SNJ)
日本の空に価格破壊をとスカイマークエアラインズ(現在スカイマーク)が誕生し、それに続けと誕生したのがエア・ドゥとスカイネットアジア航空でした。前身はパンアジア航空といい、福岡を拠点にするはずだったのですが、福岡にはスカイマークエアラインズが就航していたので、宮崎拠点にし、スカイネットアジア航空となりました。しかし、スカイマークエアラインズなどに比べて知名度が低く、利用者は低迷しました。産業再生機構の支援を受けることになり、その後はANAと提携、コードシェアをしたり、ANA撤退路線を運航したりと、ANAの運航会社的なポジションに。価格破壊を目指して参入したはずですが、現在は大手でもなくLCCでもなく中途半端です。理解に苦しむのは、スカイネットアジア航空すら知名度が低いのに、ソラシドエアに変えたこと。スカイネットアジア航空が社名でソラシドエアがブランド名らしいですが、ますます分かりません。社名は多くの人に覚えてもらって「なんぼ」だと思うのですが…。 2014年4月記
B737-800、JA811Xが神戸から到着。北側の展望デッキより。(2016年8月17日 那覇OKA) 2016年8月記 B737-800、JA802Xが神戸から到着。北側の展望デッキより。(2016年8月18日 那覇OKA) 2016年8月記 これから石垣に向かいます。(2016年8月18日 那覇OKA) 2016年8月記
石垣行きの搭乗開始です。(2016年8月18日 那覇OKA) 2016年8月記 B737-800、JA809X機内。那覇から石垣に向かっています。(2016年8月18日) 2016年8月記 B737-800、JA809X。那覇から石垣に向かっています。(2016年8月18日) 2016年8月記
B737-800、JA806Xが那覇から到着。展望デッキより。(2016年8月20日 石垣ISG) 2016年8月記 B737-800、JA806Xが那覇へ出発。展望デッキより。(2016年8月20日 石垣ISG) 2016年8月記 B737-800、JA806Xが那覇へ間もなく離陸。展望デッキより。(2016年8月20日 石垣ISG) 2016年8月記
B737-800、JA801Xが到着。福岡には乗り入れていないのでチャーター便でしょうか?ターミナル2の展望デッキより。(2016年8月6日 福岡FUK) 2016年8月記 B737-800、JA808Xが羽田から到着。(2016年2月22日 熊本KMJ) 2016年8月記 B737-800、JA808Xが羽田へ離陸。(2016年2月22日 熊本KMJ) 2016年8月記
B737-800、JA802Xが神戸へ出発。南側の展望デッキより。(2016年1月22日 那覇OKA) 2016年2月記 B737-800、JA806Xが石垣へ離陸。南側の展望デッキより。(2016年1月22日 那覇OKA) 2016年2月記 B737-800、JA802Xが神戸へ離陸。南側の展望デッキより。(2016年1月22日 那覇OKA) 2016年2月記
B737-800、JA807Xが那覇から到着。展望デッキより。(2016年1月23日 石垣ISG) 2016年2月記 B737-800、JA807X機内。石垣から那覇に向かいました。(2016年1月23日) 2016年2月記 B737-800、JA804Xが石垣に出発。北側の展望デッキより。(2016年1月27日 那覇OKA) 2016年2月記
B737-800、JA808Xが那覇へ離陸。展望デッキより。(2016年1月10日 鹿児島KOJ) 2016年1月記 B737-800、JA804Xが羽田へ離陸。展望デッキより。(2016年1月13日 宮崎KMI) 2016年1月記 B737-800、JA803Xが羽田へ間もなく離陸。後方にJR日南線の列車が田吉駅に停車中。展望デッキより。(2016年1月14日 宮崎KMI) 2016年1月記
B737-800、JA809Xが伊勢湾を左手に那覇から到着。展望デッキより。(2015年7月26日 中部NGO) 2015年7月記 B737-800、JA807X。国内線ターミナル2に隣接する駐車場より。(2015年3月16日 羽田HND) 2015年7月記 B737-800、JA802Xが東京湾を左手に出発。機体にはくまもん。国内線ターミナル2の展望デッキより。(2014年10月25日 羽田HND) 2015年7月記
B737-800、JA803X。B滑走路への着陸を城南島公園から。(2013年4月27日 羽田HND) 2014年4月記 B737-800、JA805X。機体下部にも社名が書かれています。(2013年4月27日 羽田HND) 2014年4月記 B737-400、JA737A。元イスタンブール・エアラインズの機体で、ベルギーのシティ・バードを経ています。(2013年4月15日 大分OIT) 2014年4月記
B737-400、JA737F。バックは別府湾です。(2013年4月19日 大分OIT) 2014年4月記 B737-800、JA805X。空港そばの公園より。(2013年3月24日 大分OIT) 2014年4月記 B737-800、JA803X。後方は東京湾。ターミナル2の展望デッキより。(2012年11月9日 羽田HND) 2014年4月記
B737-400、JA737A。国際線ターミナルの展望デッキより。(2012年11月9日 羽田HND) 2014年4月記 B737-400、JA734H が大村湾を眼下に着陸します。(2012年3月25日 長崎NGS) 2014年4月記 B737-800、JA801X。海上空港に着陸。展望デッキより。(2012年3月25日 長崎NGS) 2014年4月記
B737-400、JA391K。この機体はスペインのフーツラ航空、トランスブラジル航空、エアーニッポン、エア・ドゥを経ています。(2012年2月4日 羽田HND) 2014年4月記 B737-400、JA734H。後方は東京湾、ターミナル2の展望デッキより。(2012年2月4日 羽田HND) 2014年4月記 B737-400、JA737E。この機体はエア・ウクライナからマレーヴ・ハンガリー航空などを経ています。(2012年1月21日 那覇OKI) 2014年4月記
B737-400、JA737W 機内。羽田から熊本に向かっています。(2011年10月31日) 2014年4月記 B737-400、JA737W 機内。サービスされるのは飲物だけ。(2011年10月31日) 2014年4月記 B737-400、JA737W 機内より。大分から熊本にかけての山々。(2011年10月31日) 2014年4月記
B737-400、JA737W。機体はスカイネットアジア航空ですが、クルーの制服はソラシドエア。(2011年10月31日 熊本KMJ) 2014年4月記 B737-400、JA737W。この機体はアエロフロート・ロシア航空、ガルーダ・インドネシア航空、アエロコントラクターズ・ナイジェリアを経ています。(2011年10月31日 熊本KMJ) 2014年4月記 B737-400、JA737G。この機体はチェイナエアライン、イスタンブール・エアラインズ、シティ・バード、インドのエア・サハラ、エア・ライトを経ています。(2011年10月31日 熊本KMJ) 2014年4月記
B737-400、JA737G。熊本空港は山に囲まれていました。(2011年10月31日 熊本KMJ) 2014年4月記 B737-800、JA801X。A滑走路を離陸、後方は国際線ターミナル。(2011年7月15日 羽田HND) 2014年4月記 B737-400、JA391K。A滑走路を離陸、ターミナル1の展望デッキより。(2011年7月7日 羽田HND) 2014年4月記
B737-400、JA737FとJA737H。九州〜沖縄間を多く運航。(2011年2月3日 那覇OKI) 2014年4月記 B737-400、JA737V。この機体はアエロフロート・ロシア航空、ガルーダ・インドネシア航空、アエロコントラクターズ・ナイジェリアを経ています。(2011年2月6日 那覇OKI) 2014年4月記 B737-400、JA737E。利用者700万に達成でしょうか。(2010年12月31日 大分OIT) 2014年4月記
B737-400、JA737E。大分でも雪が積もることがあるんですね。(2010年12月31日 大分OIT) 2014年4月記 B737-400、JA737G。霧島連山をバックにタキシング。(2010年8月28日 鹿児島KOJ) 2014年4月記 B737-400、JA737F。長崎空港の船乗り場付近からです。(2010年4月5日 長崎NGS) 2014年4月記
B737-400、JA392K。この機体はベルギーのヴァージン・エキスプレス、カナダのエア・トランザット、エアーニッポン、エア・ドゥを経ています。(2010年8月28日 宮崎KMI) 2014年4月記 B737-400、JA737B。後方を日本航空A300が着陸。(2008年7月5日 羽田HND) 2014年4月記