昆明航空(KY/KNA)・重慶航空(OQ/CQN)・華夏航空(G5/HXA)・
深セン東海航空(DZ/EPA)・青島航空(QW/QDA)・チベット航空(TV/TBA)・
河北航空(NS/HBH)・浙江長龍航空(GJ/CDC)・長城航空(IJ/GWL)・
中国貨運郵政航空(CF/CYZ)・銀河航空(GD/GSC)・
ユニトップエアラインズ(UW/UTP)・順豊航空(O3/CFF)
昆明航空はその名の通り昆明を拠点に運航します。重慶航空は重慶を拠点にする中国南方航空系列の航空会社。華夏航空はRJ機を使って貴陽を拠点に運航する航空会社。深セン東海航空は深センを拠点にする貨物航空会社。長城航空は上海を拠点にする貨物航空会社。中国貨運郵政航空は、郵便輸送などを行い、南京を拠点にし、関西にも乗り入れている貨物航空会社。銀河航空は天津を拠点にする貨物航空会社です。 2015年3月記
チベット航空のA319、B-6443が滑走路15を達州へ離陸。(2018年10月15日 深センSZX) 2018年10月記   順豊航空のB757-200SF、B-2820が滑走路34に着陸。元中国西南航空の旅客機で、中国国際航空を経ています。(2018年10月17日 深センSZX) 2018年10月記   順豊航空のB737-400SF、B-2017が滑走路34に着陸。元ドイツのはパックロイドフルークの機体で日本トランスオーシャン航空を経ています。(2018年10月17日 深センSZX) 2018年10月記  
浙江長龍航空のA320、B-1675が杭州から滑走路34に着陸。(2018年10月17日 深センSZX) 2018年10月記   河北航空のB737-800、B-5456が石家庄から滑走路34に着陸。この機体は元厦門航空。(2018年10月17日 深センSZX) 2018年10月記   深セン東海航空のB737-800、B-7630が宣昌から滑走路34に着陸。(2018年10月17日 深センSZX) 2018年10月記  
チベット航空のA319、B-6467が達州から滑走路34に着陸。(2018年10月17日 深センSZX) 2018年10月記   青島航空のA320、B-9955。ランプバス下車時に撮影。(2017年2月28日 南京NKG) 2017年7月記  ユニトップエアラインズのA300-600F、B-2325が深センから到着。この機体は元中国東方航空の旅客型。(2016年12月22日 関西KIX) 2017年7月記  
華夏航空のボンバルディアCRJ-900、B-3366が到着。周水子駅の陸橋より。(2014年9月21日 大連DLC) 2015年3月記 深セン東海航空のB737-800、B-5313は元中国国際航空の機体。周水子駅の陸橋より。(2014年9月21日 大連DLC) 2015年3月記 昆明航空のB737-700、B-2679は元アメリカのミッドウィ・エアラインズの機体で深セン航空を経て昆明航空となりました。(2013年3月16日 昆明KMG) 2015年3月記
長城航空のB747-400BCF、 B-2430は元シンガポール航空の旅客用でアンセット・オーストラリア航空を経て貨物機に改造、長城航空となりますが、現在は中国貨運航空に売却されました。(2012年4月30日 成田NRT) 2015年3月記 長城航空のB747-400BCF、 B-2430は元シンガポール航空の旅客用でアンセット・オーストラリア航空を経て貨物機に改造、長城航空となりますが、現在は中国貨運航空に売却されました。(2012年4月30日 成田NRT) 2015年3月記 中国貨運郵政航空のB737-400SFは元インドのジェットエアウェイズの旅客用。展望ホールより。(2011年7月22日 関西KIX) 2015年3月記
深セン東海航空のB737-300SF、B-5046は元ヴァリグの旅客用で、貨物機に造され、中国貨運郵政航空を経て深セン東海航空となりました。スカイデッキより。(2011年4月14日 香港HKG) 2015年3月記 中国貨運郵政航空のB737-400SFは元インドのジェットエアウェイズの旅客用で、貨物機に改造されて中国貨運郵政航空となりました。(2010年10月9日 南京NKG) 2015年3月記 中国貨運郵政航空のB737-400QCは元ヴァリグの旅客用で、貨物兼用機に改造され、中国南方航空を経て中国貨運郵政航空となりました。(2010年10月9日 南京NKG) 2015年3月記
重慶航空のA320、B-2347は元中国南方航空の機体。(2009年5月11日 北京PEK) 2015年3月記 銀河航空のB747-400F、B-2427は元大韓航空の機体。(2009年5月12日 天津TSN) 2015年3月記