エア・セルビア(Jat航空)(JU/ASL)・クロアチア航空(OU/CTN)・
アドリア航空(JP/ADR)・ソリンエア(SOP)
旧ユーゴスラビアだった国の航空会社をまとめて紹介です。エア・セルビアはかつてはユーゴスラビアを代表する航空会社だったJat航空(Jugoslovenski Aero Transport)の現在の姿で、セルビアの首都となったベオグラードを拠点にします。ユーゴスラビア時代もベオグラードは首都でした。クロアチア航空はクロアチアのザグレブを拠点にし、旧ユーゴの航空会社では近代化が進んでいて「スターアライアンス」に参加しています。アドリア航空はスロベニアのリュブリャナを拠点にします。ソリンエアはスロベニアの貨物航空会社で、トルコのMNGカーゴと関わりがあるようです。 2016年11月記
エア・セルビアのA319、YU-APAがベオグラードへ出発。この機体は元アルメニアのアルマビア。出国後のエリアより。(2014年6月15日 ワルシャワWAW) 2016年11月記 エア・セルビアのA319、YU-APAがベオグラードへ出発。この機体は元アルメニアのアルマビア。出国後のエリアより。(2014年6月15日 ワルシャワWAW) 2016年11月記 ソリンエアのA300F、S5-ABSが滑走路35Rを離陸滑走。この機体は元シンガポール航空の旅客型ですが、売却されたようです。空港裏側のショッピングセンター「フライ・イン」より。(2013年11月8日 イスタンブールIST) 2016年11月記
クロアチア航空のA319、9A-CTIがザグレブから到着。展望デッキより。(2012年6月7日 アムステルダムAMS) 2016年11月記 クロアチア航空のA319、9A-CTIがザグレブから到着。展望デッキより。(2012年6月7日 アムステルダムAMS) 2016年11月記 Jat航空のB737-300、YU-ANLがベオグラードから到着。この機体はエア・セルビアとなりました。展望デッキより。(2012年6月7日 アムステルダムAMS) 2016年11月記
Jat航空のB737-300、YU-ANLがベオグラードへ出発。この機体はエア・セルビアとなりました。展望デッキより。(2012年6月7日 アムステルダムAMS) 2016年11月記 アドリア航空のボンバルディアCRJ-200、S5-AADがリュブリャナへ出発。カフェテリアより。(2012年6月10日 ブリュッセルBRU) 2016年11月記 クロアチア航空のボンバルディアDHC-8-400、9A-CQFがザグレブから到着。カーパークより。(2012年6月10日 ブリュッセルBRU) 2016年11月記
クロアチア航空のA319、9A-CTHがザグレブから到着。展望デッキより。(2012年6月18日 アムステルダムAMS) 2016年11月記 クロアチア航空のA319、9A-CTHがザグレブから到着。展望デッキより。(2012年6月18日 アムステルダムAMS) 2016年11月記 アドリア航空のボンバルディアCRJ-200、S5-AAFがリュブリャナへ出発。展望デッキより。(2012年6月18日 アムステルダムAMS) 2016年11月記
クロアチア航空のボンバルディアDHC-8-400、9A-CQCがザグレブから到着。展望デッキより。(2012年6月18日 アムステルダムAMS) 2016年11月記