日本航空(JL/JAL)その6 B787・A350

日本航空が運航するボーイングとエアバスの新鋭機、B787とA350です。B787は当初は国際線に導入され、新路線展開に活躍しました。具体的にはプノンペン、ヘルシンキ、ボストン、サンディエゴなどに飛び、B777を運航させるほどの需要のない都市への直行便を実現させました。2019年からは国内線にも進出しています。また、一時日本航空は「世界の主要航空会社で唯一エアバスを発注していない航空会社」などともいわれましたが、A350導入で、将来的にはワイドボディ機の半分はエアバスになりそうです。現在飛んでいる-900は国内線用ですが、-1000が導入されると国際線を飛びます。ともにB777の後継機になるようです。 2019年11月記
A350-900、JA02XJが福岡から到着。ターミナル1の展望デッキより。(2019年11月1日 羽田HND) 2019年11月記                    A350-900、JA02XJが福岡から到着。ターミナル1の展望デッキより。(2019年11月1日 羽田HND) 2019年11月記                    A350-900、JA03XJが福岡から到着。ターミナル1の展望デッキより。(2019年11月1日 羽田HND) 2019年11月記                   
12時30分発の伊丹行きに乗ります。(2019年11月1日 羽田HND) 2019年11月記                    B787-8、JA846Jに乗って伊丹へ向かいます。(2019年11月1日 羽田HND) 2019年11月記                    伊丹行きの搭乗開始です。(2019年11月1日 羽田HND) 2019年11月記                   
 
B787-8、JA846J機内。羽田から伊丹へ向かっています。(2019年11月1日) 2019年11月記                    B787-8、JA846J機内。羽田から伊丹へ向かっています。(2019年11月1日) 2019年11月記                    B787-8、JA846J機内。羽田から伊丹へ向かっています。(2019年11月1日) 2019年11月記                   
B787-8、JA846Jに乗って羽田から伊丹へ到着。(2019年11月1日 伊丹ITM) 2019年11月記                    B787-8、JA846Jが羽田へ離陸。展望デッキより。(2019年11月1日 伊丹ITM) 2019年11月記                    B787-8、JA823Jが伊勢湾を左手に成田へ離陸。(2019年10月17日 中部NGO) 2019年11月記                   
B787-9、JA876Jがホノルルから到着。(2019年10月17日 中部NGO) 2019年11月記                    A350、JA02XJが到着。訓練飛行でしょうか?ターミナル2北側の展望デッキより。(2019年10月1日 成田NRT) 2019年11月記                    B787-8、JA821Jが大連へ出発。ターミナル1の展望デッキより。(2019年9月28日 成田NRT) 2019年9月記                   
A350-900、JA02XJが新千歳から到着。訓練飛行のようです。ターミナル1の展望デッキより。(2019年9月28日 成田NRT) 2019年9月記 A350-900、JA01XJが福岡から着陸。ターミナル1の展望デッキより。(2019年9月20日 羽田HND) 2019年9月記         A350-900、JA01XJが福岡から到着。ターミナル1の展望デッキより。(2019年9月20日 羽田HND) 2019年9月記        
B787-8、JA825Jが到着。ターミナル1の展望デッキより。(2019年8月18日 成田NRT) 2019年9月記         B787-9、JA873Jがホノルルから到着。ターミナル2北側の展望デッキより。(2019年6月28日 成田NRT) 2019年6月記       B787-9、JA873Jがホノルルから到着。展望ホールより。(2019年6月22日 関西KIX) 2019年6月記       
B787-8、JA824Jが大連へ出発。ターミナル1の展望デッキより。(2019年5月5日 成田NRT) 2019年5月記     B787-8、JA838Jがモスクワへ出発。ターミナル1の展望デッキより。(2019年5月5日 成田NRT) 2019年5月記      B787-9、JA876Jがホノルルへ出発準備中。展望デッキより。(2019年3月23日 中部NGO) 2019年3月記     
B787-8、JA826Jが上海から到着。ターミナル2北側の展望デッキより。(2019年1月2日 成田NRT) 2019年1月記    B787-8、JA826Jが上海から到着。ターミナル2北側の展望デッキより。(2019年1月2日 成田NRT) 2019年1月記     B787-8、JA834Jがロサンゼルスへ間もなく離陸。展望ホールより。(2018年7月30日 関西KIX) 2018年9月記  
B787-9、JA870Jが出発。ターミナル1の展望デッキより。(2018年5月6日 成田NRT) 2018年9月記        B787-9、JA866Jが到着。ターミナル2の出国後のエリアより。(2018年5月6日 成田NRT) 2018年9月記         B787-9、JA868Jが滑走路07Rを成田へ離陸。(2018年2月6日 香港HKG) 2018年9月記        
B787-9、JA862Jが成田へ間もなく離陸。シャーロー湾より。(2018年2月8日 香港HKG) 2018年9月記          B787-9、JA863Jが離陸。ターミナル1の展望デッキより。(2017年9月15日 成田NRT) 2018年9月記         B787-9、JA865Jが到着。ターミナル2北側の展望デッキより。(2017年9月15日 成田NRT) 2018年9月記         
B787-8、JA844Jが到着。ターミナル2の出国後のエリアより。(2017年2月28日 成田NRT) 2018年9月記          B787-8、JA823Jが中部から滑走路19Rに到着。空港周辺の歩道橋より。(2017年3月9日 バンコクBKK) 2018年9月記            B787-8、JA827Jが金浦へ出発。ターミナル1の展望デッキより。(2017年1月6日 羽田HND) 2017年1月記
B787-8、JA830Jが台北から到着。(2016年7月20日 関西KIX) 2016年8月記 B787-8、JA829Jがボストンから到着。さくらの山公園より。(2016年4月30日 成田NRT) 2016年4月記 B787-8、JA821Jが台北へ離陸。展望ホールより。(2015年7月24日 関西KIX) 2015年8月記
B787-8、JA832Jが台北から到着。展望ホールより。(2015年7月25日 関西KIX) 2015年7月記 B787-8、JA823Jが伊勢湾を右手にバンコクから到着。展望デッキより。(2015年7月26日 中部NGO) 2015年7月記 B787-8、JA838Jが伊勢湾を左手に成田に離陸。展望デッキより。(2015年7月26日 中部NGO) 2015年7月記
B787-8、JA823Jが伊勢湾を右手にバンコクへ離陸。展望デッキより。(2015年7月26日 中部NGO) 2015年7月記 B787-9、JA861Jがジャカルタへ出発。ターミナル1の展望デッキより。(2015年7月14日 成田NRT) 2015年7月記 B787-8、JA837Jが出発。ターミナル2南側の展望デッキより。(2015年3月17日 成田NRT) 2015年5月記
B787-8、JA834JがA滑走路を北へ離陸。ターミナル1の展望デッキより。(2014年7月25日 成田NRT) 2014年10月記 B787-8、JA823J。ターミナル2北側の展望デッキより。(2014年7月25日 成田NRT) 2014年8月記 B787-8、JA821J。この時期、羽田〜北京便に運航していました。(2014年2月3日 羽田HND) 2014年4月記
B787-8、JA826J。主翼のしなり具合が新しい機体を感じさせます。(2014年1月11日 成田NRT) 2014年1月記 B787-8、JA821JとJA828J。この機体は垂直尾翼の形に特徴があります。(2014年1月11日 成田NRT) 2014年1月記 B787-8、JA824J。バッテリー問題でしばらく運航停止になっていましたが、訓練飛行でしょうか?(2013年5月18日 成田NRT) 2013年5月記
B787-8、JA824J。外観の特徴はエンジンのギザギザでしょうか。(2013年5月18日 成田NRT) 2013年5月記 B787-8、JA824J。訓練飛行なのか軽そうに離陸しました。(2013年5月18日 成田NRT) 2013年5月記 B787、JA828J。アニメ制作会社スタジオジブリの特別塗装機。(2012年12月11日 成田NRT) 2012年12月記
最新鋭の中型機B787-8、JA822Jがデリーから到着。機体の多くの部分が日本製。(2012年7月28日 成田NRT) 2012年9月記 B787-8、JA827Jがモスクワへ出発。日本航空ではこの機材の導入でボストンやサンディエゴ便を開設。(2012年7月28日 成田NRT) 2012年9月記 B787-8、JA825J。エンジンのギザギザが特徴で、こうすることで騒音を低減。(2012年4月30日 成田NRT) 2012年9月記