日本航空(JL/JAL)その4 B767

B767はあまり目立つ存在の機体ではありませんが、日本航空では国内主要路線と国際線では主にアジア便に使われています。国内線用と国際線用は異なる機体で、国内線用はB767-300、国際線用はB767-300ER(Extended Renge=長距離型)です。このほか機体が短いB767-200も使われていましたが引退、B767-300F(Freighter=貨物機)も運航されていましたがこちらは貨物便の運航自体を行わなくなり引退しました。、ともに引退して海外の航空会社に払い下げられています。とくに貨物型は短い期間の運航で、払い下げといっても新品に近い機体が放出されました。 2012年9月記
B767-300、JA8268が羽田へ。(2012年9月8日 女満別MMB) 2012年9月記 B767-300、JA8987。霧が多いことで有名な釧路ですが、ご覧の有様。(2012年9月10日 釧路KUH) 2012年9月記 B767-300、JA602J。桜で日本を紹介した機体。(2012年4月30日 成田NRT) 2012年9月記
B767-300、JA8988。市街地にある福岡空港に着陸。(2012年2月12日 福岡FUK) 2012年9月記 B767-300、JA604J。「ワンワールド」塗装機。(2011年11月23日 成田NRT) 2012年9月記 B767-300、JA8266が成田から到着。(2011年11月2日 ソウル・仁川ICN) 2012年9月記
B767-300、JA8988。北海道の大地にアプローチ。(2011年7月31日 新千歳CTS) 2012年9月記 B767-300、JA8980。日本トランスオーシャン航空機と。後方は国際線ターミナル。(2011年7月7日 羽田HND) 2012年9月記 B767-300、JA8980。後方の煙突は川崎の工業地帯。(2011年7月7日 羽田HND) 2012年9月記
B767-300、JA8980。滑走路に載った「ワンワールド」塗装機。(2011年2月7日 那覇OKA) 2012年9月記 B767-300、JA8267。沖縄の青い海をバックに。(2011年2月7日 那覇OKA) 2012年9月記 B767-300、JA619J。出発する国際線、後方は国際線ターミナルとコントロールタワー。(2010年11月2日 羽田HND) 2012年9月記
B767-300、JA602J。この機体は国際線用。(2010年11月2日 羽田HND) 2012年9月記 B767-300、JA8976。後方は国際線ターミナル。(2010年11月2日 羽田HND) 2012年9月記 B767-300、JA8269。バックは大阪府南部の海岸沿いの街。(2010年8月26日 関西KIX) 2012年9月記
B767-300、JA8975。関空に通じるスカイゲートブリッジとりんくうゲートタワービルをバックに。(2010年8月26日 関西KIX) 2012年9月記 B767-300、JA8268。霧島連山をバックに。(2010年8月28日 鹿児島KOJ) 2012年9月記 B767-300、JA8365。小松空港は小松市街地の近く。(2010年6月24日 小松KMQ) 2012年9月記
B767-300、JA8253。空港は豊後水道に面しています。(2010年1月12日 大分OIT) 2012年9月記 B767-300、JA8980。空港から市街地がすぐ。(2009年12月18日 福岡FUK) 2012年9月記 B767-300、JA612J。中国東方航空、エアインディア機とともに。(2009年10月22日 成田NRT) 2012年9月記
B767-300、JA8266。広島空港は三原市の山の中。(2009年10月12日 広島HIJ) 2012年9月記 B767-300、JA8269。風向きによりますが、展望デッキから離陸機が望めます。(2009年9月30日 新千歳CTS) 2012年9月記 B767-300、JA8980。夕方の光に照らされて。(2009年9月30日 新千歳CTS) 2012年9月記
B767-300、JA8267が羽田へ。(2009年9月4日 小松KMQ) 2012年9月記 B767-300、JA8988。後方は自衛隊の小松基地。(2009年9月4日 小松KMQ) 2012年9月記 B767-300、JA8364。2016年の東京オリンピック誘致のための塗装機ですが、結果はご存じの通りリオデジャネイロに。(2009年9月4日 小松KMQ) 2012年9月記
B767-300、JA604J。関西空港展望ホールより。(2009年8月15日 関西KIX) 2012年9月記 B767-200、JA8233。機体の短い-200型ですが、この機体はアメリカのダイナミック・アビエーション・グループ(リース会社)に。そしてタイのジェット・アジア・エアウェイズにリースされているようです。(2009年8月16日 関西KIX) 2012年9月記 B767-300、JA8265をカーゴルクスのジャンボ機がお迎え。この機体はタイのオリエント・タイ航空に売却されたようです。(2009年7月4日 小松KMQ) 2012年9月記
B767-300、JA615Jが中部から到着。(2009年5月12日 天津TSN) 2012年9月記 B767-300、JA615Jが折り返し中部に出発。(2009年5月12日 天津TSN) 2012年9月記 B767-300F、JA632J。現在はメキシコの貨物航空会社マス・エアに売却されたようです。(2009年5月12日 天津TSN) 2012年9月記
B767-300、JA619JがANA機の後をタキシング、着陸するのはアリタリア航空機。(2009年4月23日 成田NRT) 2012年9月記 B767-300、JA603J、後方はB777-300。(2009年2月21日 成田NRT) 2012年9月記 B767-300F、JA633J。現在はアメリカの貨物航空会社フロリダウエスト航空に売却されたようです。(2008年10月23日 成田NRT) 2012年9月記
B767-300、JA8364。バックは多摩川河口エリア。(2008年10月19日 羽田HND) 2012年9月記 B767-300、JA612J。伊勢湾をバックに離陸。(2008年10月9日 中部NGO) 2012年9月記 B767-200、JA8231。現在はアメリカのダイナミック・アビエーション・グループへ。(2008年5月21日 成田NRT) 2012年9月記
B767-300、JA8365。左上はB滑走路に南側からアプローチするフィンエアー機。(2008年5月16日 成田NRT) 2012年9月記 B767-300、JA8987がA滑走路を北へ向けて離陸。(2007年12月2日 成田NRT) 2012年9月記 B767-300、JA606J。後方には中国南方航空機が2機。(2007年12月2日 成田NRT) 2012年9月記
B767-300、JA8236。後方は建設中の国際線ターミナルと富士山。この機体はすでに引退。(2007年11月13日 羽田HND) 2012年9月記 B767-300、JA8398が東京湾を右手にC滑走路を離陸。(2007年11月13日 羽田HND) 2012年9月記 B767-200、JA8231。後方はJALエクスプレス機と伊勢湾。(2007年9月2日 中部NGO) 2012年9月記
B767-300、JA8264。チャイナエアラインも出発、その向こうにシンガポール機とANA機。(2007年9月2日 中部NGO) 2012年9月記 B767-300、JA8399。後方は離陸滑走中のジャンボ機。(2007年7月27日 関西KIX) 2012年9月記 B767-300F、JA631J。現在はチリの貨物航空会社ラン・カーゴに売却されたようです。(2007年7月28日 関西KIX) 2012年9月記
B767-300、JA603J。2代目の鶴丸塗装。(2007年7月28日 関西KIX) 2012年9月記 B767-200、JA8231。機体の短い-200型。(2007年6月20日 新千歳CTS) 2012年9月記 B767-300、JA8266。世界に日本をアピールした、ようこそJAPAN塗装機。(2007年6月7日 成田NRT) 2012年9月記
B滑走路にアプローチするB767-300、JA8399。(2007年6月4日 成田NRT) 2012年9月記