日本エアシステム(JD/JAS)
以前は東亜国内航空と呼ばれていましたが、ソウルへの国際線開設を機に、社名が日本エアシステムになりました。機材はワイドボディ機がA300とB777、ナローボディ機にMD-81やMD-90を運航していました。俗に「航空憲法」などといわれた「45-47体制」時には国からローカル線担当にされましたが、この体制が終わってからは国内幹線にも積極的に参入、日本の航空会社は3大手で、それなりに競合していたわけですが、日本航空が生き残りのために統合、その後は合理化のために日本エアシステムが築いたローカル便はほとんどなくなってしまいます。今となっては何のための統合だったのだろうとも思ってしまいます。 2021年4月記
MD-90、JA8070は日本航空へ移籍、その後デルタ航空へ売却されました。展望デッキより。(2004年8月13日 新潟KIJ) 2020年6月記        A300‐600R、JA012Dが羽田へ出発。日本航空へ移籍しましたが、マキシマム・エアカーゴへ売却され貨物機に改造されました。展望デッキより。(2004年8月2日 松山MYJ) 2020年7月記 A300-600R、JA8564が羽田へ出発。日本航空へ移籍しましたが、EATライプチッヒへ売却され貨物機に改造されました。展望デッキより。(2004年3月19日 広島HIJ) 2020年9月記 
MD-90、JA8064が出発。この機体は日本航空となりましたがデルタ航空へ売却されました。国際線ターミナルの展望デッキより。(2004年1月2日 名古屋NGO) 2020年9月記                B777-200、JA010Dが出発。この機体は日本航空となりました。展望デッキより。(2003年12月12日 熊本KMJ) 2021年3月記                 MD-90、JA006Dが出発。この機体は日本航空となりましたがデルタ航空に売却されました。展望デッキより。(2003年12月12日 熊本KMJ) 2021年3月記                 
A300-600R、JA8529が出発。この機体は日本航空となりましたが、EATライプチッヒへ売却され貨物機に改造されました。展望デッキより。(2003年12月12日 熊本KMJ) 2021年3月記 B777-200、JA8977が出発。この機体は日本航空となりましたがアメリカのリース会社に売却されました。展望デッキより。(2003年12月15日 伊丹ITM) 2021年3月記                  MD-87、JA8279が間もなく離陸。この機体は日本航空となりましたが、タイのワン・ツー・ゴーへ売却されました。展望ホールより。(2003年8月4日 関西KIX) 2021年4月記                
A300-600R、JA8527が羽田へ出発。この機体は日本航空となりましたが、EATライプチッヒへ売却され貨物機に改造されました。空港よこの公園より。(2003年7月28日 旭川AKJ) 2021年4月記           A300-600R、JA8527が羽田へ出発。この機体は日本航空となりましたが、EATライプチッヒへ売却され貨物機に改造されました。空港よこの公園より。(2003年7月28日 旭川AKJ) 2021年4月記           MD-81、JA8496が到着。東亜国内航空からの機体で、日本航空となりましたが、アメリカのアレジアント・エアへ売却されました。展望デッキより。(2003年7月28日 旭川AKJ) 2021年4月記