イベリア航空(IB/IBE)・エア・ヨーロッパ(UX/AEA)・ブエリング航空(VY/VLG)・
エア・プラス・コメット(A7/MPD)・スパンエアー(JK/JKK)・
TAPポルトガル航空(TP/TAP)・ユーロアトランティック・エアウェイズ(YU/MMZ)・
ハイフライ航空(5K/HFY)
スペインとポルトガルの航空会社をまとめて紹介です。スペインを代表する航空会社がイベリア航空で、A330を使って日本へも乗り入れています。かつてはB747やA340で乗り入れていた時代もありました。日本航空と同じ「ワン・ワールド」に参加しています。スペインきってのリゾート地マヨルカ島を拠点にするのがエア・ヨーロッパです。バルセロナを拠点にするLCCがブエリング航空で、イベリア航空系列のLCCだったクリックエアーと統合したため、現在はブエリング航空もイベリア航空系列になっています。ポルトガルを代表する航空会社がTAPポルトガル航空で、かつてはアジア路線としてマカオへ運航した実績がありますが、現在はアジア路線がありません。 2017年2月記
ハイフライ航空のA380がパリから到着。(2020年2月20日 ハノイHAN) 2020年3月記  ハイフライ航空のA380がパリから到着。(2020年2月20日 ハノイHAN) 2020年3月記   イベリア航空のA330‐200、EC-MUDがマドリードへ出発。ターミナル1の展望デッキより。(2019年9月28日 成田NRT) 2020年3月記 
イベリア航空のA330‐200、EC-MLPがマドリードから到着。ターミナル2北側の展望デッキより。(2016年11月16日 成田NRT) 2017年2月記 イベリア航空のA330‐200、EC-MLPがマドリードから到着。ターミナル2北側の展望デッキより。(2016年11月16日 成田NRT) 2017年2月記 イベリア航空のA330‐200、EC-MLPがマドリードへ離陸。ターミナル1の展望デッキより。(2016年11月16日 成田NRT) 2017年2月記
イベリア航空のA320、EC-LKG。展望デッキより。(2012年6月7日 アムステルダムAMS) 2017年2月記 ブエリング航空のA320、EC-LQMは元スパンエアーの機体。展望デッキより。(2012年6月7日 アムステルダムAMS) 2017年2月記 ユーロアトランティック・エアウェイズのB737-800、CS-TQU。展望デッキより。(2012年6月7日 アムステルダムAMS) 2017年2月記
TAPポルトガル航空のA321、CS-TJG。展望デッキより。(2012年6月7日 アムステルダムAMS) 2017年2月記 エア・ヨーロッパのエンブラエルERJ-195、EC-LKX。展望デッキより。(2012年6月7日 アムステルダムAMS) 2017年2月記 エア・ヨーロッパのエンブラエルERJ-195、EC-LKX。展望デッキより。(2012年6月7日 アムステルダムAMS) 2017年2月記
ユーロアトランティック・エアウェイズのB737-800、CS-TQU。展望デッキより。(2012年6月7日 アムステルダムAMS) 2017年2月記 TAPポルトガル航空のA321、CS-TJG。展望デッキより。(2012年6月7日 アムステルダムAMS) 2017年2月記 ブエリング航空のA320、EC-LOBが離陸。展望デッキより。(2012年6月7日 アムステルダムAMS) 2017年2月記
ブエリング航空のA320、EC-KLT。元クリックエアーの機体で、クリックエアーはブエリング航空と統合されました。展望デッキより。(2012年6月8日 アムステルダムAMS) 2017年2月記 ブエリング航空のA320、EC-LQMは元スパンエアーの機体。展望カフェより窓越し。(2012年6月10日 ブリュッセルBRU) 2017年2月記 イベリア航空のA320、EC-IEI。カーパークより。(2012年6月10日 ブリュッセルBRU) 2017年2月記
TAPポルトガル航空のA319、CS-TTB。カーパークより。(2012年6月10日 ブリュッセルBRU) 2017年2月記 TAPポルトガル航空のA320、CS-TNM。カーパークより。(2012年6月10日 ブリュッセルBRU) 2017年2月記 ブエリング航空のA320、EC-KKTですが、海外に売却されたようです。カーパークより。(2012年6月10日 ブリュッセルBRU) 2017年2月記
イベリア航空のA321、EC-IXD。展望デッキより。(2012年6月17日 アムステルダムAMS) 2017年2月記 イベリア航空のA340‐300、EC-HGVがマドリードへ間もなく離陸。空港周辺の歩道橋より。(2010年12月7日 メキシコシティMEX) 2017年2月記 イベリア航空のA340‐300、EC-HGVがマドリードへ間もなく離陸。空港周辺の歩道橋より。(2010年12月7日 メキシコシティMEX) 2017年2月記
エア・プラス・コメットのA310、EC-GOTが夏のチャーター便として到着。この機体は元パンアメリカン航空でデルタ航空を経ています。国内線ターミナルの展望デッキより。(2003年8月14日 名古屋NGO) 2021年4月記  エア・プラス・コメットのA310、EC-GOTが夏のチャーター便として出発。この機体は元パンアメリカン航空でデルタ航空を経ています。国際線ターミナルの展望デッキより。(2003年8月14日 名古屋NGO) 2021年4月記   TAPポルトガル航空のA319、CS-TTBがリスボンへ出発。この機体は引退しました。展望デッキより窓越し。(2003年6月22日 ジュネーブGVA) 2021年5月記   
TAPポルトガル航空のA319、CS-TTCがリスボンから到着。展望デッキより。(2003年6月28日 チューリッヒZRH) 2021年5月記     スパンエアーのA320、EC-ILHが到着。この機体はブエリング航空、さらにユナイテッド航空へ売却されました。空港内ツアーより。(2003年6月28日 チューリッヒZRH) 2021年5月記      スパンエアーのMD-83、EC-GNYが出発。元トランスウェート・エアウェイズの機体でしたが、さまざまな航空会社を経てアメリカへ売却されました。展望デッキより。(2003年6月28日 チューリッヒZRH) 2021年5月記       
スパンエアーのA320、EC-ILHが出発。この機体はブエリング航空、さらにユナイテッド航空へ売却されました。展望デッキより。(2003年6月28日 チューリッヒZRH) 2021年5月記