エアアジア・インディア(I5/IAD)・キングフィッシャー航空(IT/KFR)・
ブルー・ダート・アビエーション(BZ/BDA)・トゥルー・ジェット(2T/TRJ)
エアアジア・インディアはマレーシアのエアアジアがインドにも進出しているということです。キングフィッシャー航空はかつてあった航空会社で、バンコク、シンガポール、また長距離国際線としてロンドンへも飛んでいました。国内線ではすでに国内を運航していたエア・デカンを統合したので、国内線・国際線を多く運航し、一時は「ワンワールド」参加表明、A380も発注していたのですが、運航停止となりました。ブルー・ダート・アビエーションは貨物航空会社、トゥルー・ジェットはプロペラ機で運航します。 2020年1月記
エアアジア・インディアのA320、VT-BLRが滑走路11を離陸。この機体はエア・アジアから移籍しています。(2020年2月28日 デリーDEL) 2020年3月記  エアアジア・インディアのA320、VT-ATBが滑走路11を離陸。この機体はエア・アジアから移籍しています。(2020年2月28日 デリーDEL) 2020年3月記  トゥルー・ジェットのATR-72、VT-TMCがアプローチ。近郊鉄道のチェンバー駅より。(2020年3月4日 ムンバイBOM) 2020年3月記 
トゥルー・ジェットのATR-72、VT-TMNがアプローチ。近郊鉄道のチェンバー駅より。この機体は元ジェットエアウェイズ。(2020年3月4日 ムンバイBOM) 2020年3月記  エアアジア・インディアのA320、VT-HKG。この機体は元ピーチ・アビエーション。(2020年3月9日 デリーDEL) 2020年3月記  エアアジア・インディアのA320、VT-HKG。この機体は元ピーチ・アビエーション。機首部分はインドの国旗。(2020年3月9日 デリーDEL) 2020年3月記 
エアアジア・インディアのA320、VT-ATFが滑走路07へアプローチ。(2020年1月6日 チェンナイMAA) 2020年1月記  エアアジア・インディアのA320、VT-GWHが滑走路07へアプローチ。この機体は元エア・アジア。(2020年1月7日 チェンナイMAA) 2020年1月記   ブルー・ダート・アビエーションのB757-200PCF、VT-BDBが滑走路07へアプローチ。この機体は元アメリカン・トランス航空の旅客型。(2020年1月7日 チェンナイMAA) 2020年1月記   
トゥルー・ジェットのATR-72、VT-TMMが滑走路07へアプローチ。この機体は元ジェットエアウェイズ。(2020年1月7日 チェンナイMAA) 2020年1月記     エアアジア・インディアのA320、VT-BOMがジャイプルから到着。出国後のエリアより。(2020年1月13日 バンガロールBLR) 2020年1月記           キングフィッシャー航空のA320、VT-DKVがコルカタから滑走路19Rにアプローチ。この機体は元エア・デカンですが、エア・セルビアに売却されたようです。空港周辺の歩道橋より。(2012年2月26日 バンコクBKK) 2016年7月記
キングフィッシャー航空のA330-200、VT-VJLが滑走路07Rをムンバイへ離陸。この機体はナイジェリアのアリクエアに売却されたようです。スカイデッキより。(2011年4月18日 香港HKG) 2016年7月記 キングフィッシャー航空のA330-200、VT-VJL。この機体はナイジェリアのアリクエアに売却されたようです。出国後のエリアより。(2011年4月20日 香港HKG) 2016年7月記 キングフィッシャー航空のA330-200、VT-VJPがムンバイへ出発。この機体はベトナム航空に売却されたようです。出国後のエリアより。(2010年5月13日 シンガポールSIN) 2016年7月記
キングフィッシャー航空のA330-200、VT-VJPがムンバイへ出発。この機体はベトナム航空に売却されたようです。出国後のエリアより。(2010年5月13日 シンガポールSIN) 2016年7月記