ウズベキスタン航空(HY/UZB)
ウズベキスタン航空は旧ソ連からの独立国の航空会社で、週2便ですが首都のタシュケントから成田へ乗り入れています。以前は関西も経由していた時期もありました。機材はB767ですが、B757があるほか、その以前はA310が使われていることもありました。また、定期便として乗り入れる以前は旧ソ連製のイリューシンIl-62という機材を使ってチャーター便として乗り入れていた時代もありました。就航地は国内ほか、東南アジア、中近東、ヨーロッパ、そしてアメリカ便としてニューヨークにも運航しています 2016年7月記
B757-200、VP-BUHが年末年始のチャーター便としてアンカレッジから到着。元トランス・ワールド航空で、アメリカン航空を経てウズベキスタン航空に。ターミナル2北側の展望デッキより。(2016年1月3日 成田NRT) 2016年7月記 B757-200、VP-BUHが年末年始のチャーター便としてアンカレッジから到着後、タシュケントへ回航。元トランス・ワールド航空の機体で、アメリカン航空経由。ターミナル2北側の展望デッキより。(2016年1月3日 成田NRT) 2016年7月記 B757-200、VP-BUHが年末年始のチャーター便としてアンカレッジから到着後、タシュケントへ回航。元トランス・ワールド航空の機体で、アメリカン航空経由。ターミナル2北側の展望デッキより。(2016年1月3日 成田NRT) 2016年7月記
B757-200、VP-BUHが年末年始のチャーター便としてアンカレッジから到着後、タシュケントへ回航。元トランス・ワールド航空の機体で、アメリカン航空経由。ターミナル2北側の展望デッキより。(2016年1月3日 成田NRT) 2016年7月記 B767-300、UK67005がタシュケントへ離陸。ターミナル1の展望デッキより。(2014年10月3日 成田NRT) 2016年7月記 B767-300、UK67005がタシュケントへ出発。ターミナル1の展望デッキより。(2013年8月30日 成田NRT) 2016年7月記
B757-200、VP-BUJがタシュケントから滑走路19Rにアプローチ。空港周辺の歩道橋より。(2013年1月12日 バンコクBKK) 2016年7月記 B757-200、VP-BUHがタシュケントから到着。この機体は元トランス・ワールド航空で、アメリカン航空を経てウズベキスタン航空へ。空港周辺のグランインカムホテルの客室より。(2012年2月25日 バンコクBKK) 2016年7月記 B757-200、VP-BUHがタシュケントから到着。この機体は元トランス・ワールド航空で、アメリカン航空を経てウズベキスタン航空へ。空港周辺のグランインカムホテルの客室より。(2012年2月25日 バンコクBKK) 2016年7月記
B767-300、UK67001がタシュケントからA滑走路南側にアプローチ。(2011年4月29日 成田NRT) 2016年7月記 B767-300、UK67001がA滑走路北側からタシュケントへ間もなく離陸。(2011年4月29日 成田NRT) 2016年7月記 B767-300、VP-BUEがタシュケントからアプローチ。ターミナル2南側の展望デッキより。(2008年5月16日 成田NRT) 2016年7月記
B767-300、VP-BUEがタシュケントから到着。ターミナル2南側の展望デッキより。(2008年5月16日 成田NRT) 2016年7月記 B767-300、VP-BUAがタシュケントへ出発。展望ホールより。(2007年7月27日 関西KIX) 2016年7月記