エチオピア航空(ET/ETH)・ケニア航空(KQ/KQA)
アフリカ中部の国、エチオピアとケニアの航空会社をまとめて紹介です。エチオピア航空はエチオピアのアジスアベバを拠点にする航空会社で、アフリカの航空会社ではもっとも新機材導入に積極的で、就航地も多岐にわたっています。日本へは香港経由で成田へB787が乗り入れて、日本へ乗り入れる唯一のアフリカ系航空会社です。ただ成田発着が夜間なので撮影は難しいようですが。ケニア航空は首都ナイロビを拠点にする航空会社で、アジアでは広州、香港、ハノイ、バンコクに乗り入れています。 2016年10月記
エチオピア航空のB787-8、ET-AOTがアジスアベバから滑走路01にアプローチ。(2014年7月7日 北京PEK) 2016年10月記 エチオピア航空のB767-300、ET-AMGがアジスアベバから滑走路19Rに着陸。空港周辺の歩道橋より。(2013年1月12日 バンコクBKK) 2016年10月記 ケニア航空のB777-200、5Y-AOTが滑走路01Lを香港へ離陸。この機体はオムニインターナショナルに売却されたようです。空港周辺の歩道橋より。(2013年1月13日 バンコクBKK) 2016年10月記
エチオピア航空のB767-300、ET-ALLが滑走路01Lをクアラルンプールへ離陸。この機体はMIATモンゴル航空に売却されたようです。空港周辺の歩道橋より。(2013年1月13日 バンコクBKK) 2016年10月記 ケニア航空のB767-300、5Y-KQXがナイロビから到着。この機体は元ユーロ・アトランティック・エアウェイズでしたが、売却されたようです。展望デッキより。(2012年6月17日 アムステルダムAMS) 2016年10月記 ケニア航空のB767-300、5Y-AQZがバンコクから到着。展望デッキより二重のガラス越し。(2012年2月23日 バンコクBKK) 2016年10月記
ケニア航空のB767-300、5Y-KQZが香港へ離陸。この機体はユーロアトランティック・エアウェイズの機体で現在は戻ったようです。空港周辺のグランインカムホテルの客室より。(2012年2月25日 バンコクBKK) 2016年10月記 エチオピア航空のB767-300、ET-ALLがクアラルンプールへ離陸。この機体はMIATモンゴル航空に売却されたようです。空港周辺のグランインカムホテルの客室より。(2012年2月25日 バンコクBKK) 2016年10月記 エチオピア航空のB767-300、ET-ALLがクアラルンプールへ離陸。この機体はMIATモンゴル航空に売却されたようです。空港周辺のグランインカムホテルの客室より。(2012年2月25日 バンコクBKK) 2016年10月記
ケニア航空のB767-300、5Y-KQYがナイロビから滑走路19Rに到着。この機体はユーロアトランティック・エアウェイズの機体で現在は戻ったようです。空港周辺の歩道橋より。(2012年2月25日 バンコクBKK) 2016年10月記 ケニア航空のB767-300、5Y-KQYがナイロビから滑走路19Rに到着。この機体はユーロアトランティック・エアウェイズの機体で現在は戻ったようです。空港周辺の歩道橋より。(2012年2月25日 バンコクBKK) 2016年10月記 エチオピア航空のB767-300、ET-ALOがバンコクから滑走路25Rにアプローチ。スカイデッキより。(2011年4月16日 香港HKG) 2016年10月記