エアーニッポン(EL/ANK)
エアーニッポンは現在はANAに統合されたため存在していません。元はといえば日本近距離航空が始まりで、エアーニッポンとなり、ANAのローカル便担当のような感じではありましたが、自社ブランドで運航していました。最盛期にはANAとの共同使用の機体ではありましたが、EL便として台北便を運航していたこともあります。親会社のANAが中国本土便を運航していたからで、当時は日本航空に対する日本アジア航空のような役割をエアーニッポンが担っていました。やがてその必要もなくなり親会社のANA本体が台北に就航、国内線でもエアーニッポンはANAの便を運航する「運航会社」となり、自社ブランドでの便もなくなりましたが、後にANAと統合されて完全に「エアーニッポン」はなくなりました。 2012年10月記
B737-500、JA8595。この機体は現在はエア・ドゥで運航しています。(2008年10月9日 中部NGO) 2012年10月記 B737-500、JA8195。エアーニッポンの機体は尾翼の表記が「ANA」ではなく「ANK」でした。(2008年8月10日 新潟KIJ) 2012年10月記 B737-500、JA8196。日本航空のジャンボ機と。(2007年9月2日 中部NGO) 2012年10月記
ボンバルディアDHC-8-300、JA805K。この機体はANAに移籍したのち売却されました。展望デッキより。(2006年7月2日 新千歳CTS) 2018年11月記  ボンバルディアDHC-8-300、JA805K。この機体はANAに移籍したのち売却されました。展望デッキより。(2006年7月2日 新千歳CTS) 2018年11月記   A320、JA8391は元全日空の機体でしたが、現在はバニラ・エアに移籍しました。展望デッキより。(2006年4月9日 新潟KIJ) 2018年12月記   
A320、JA8391は元全日空の機体でしたが、現在はバニラ・エアに移籍しました。展望デッキより。(2006年4月9日 新潟KIJ) 2018年12月記     B737-400、JA392K。この機体は元ヴァージン・エクスプレスの機体でしたが、エア・ドゥ、スカイネットアジア航空、さらに海外へ売却されました。ターミナル2の展望デッキより。(2005年7月16日 羽田HND) 2020年4月記      B737-500、JA8195。この機体はANAへ移籍し、その後売却されました。ターミナル2北側の展望デッキより。(2004年12月6日 羽田HND) 2020年6月記      
ボンバルディアDHC-8-300、JA801K。この機体はANAに移籍した後、カナダに売却されました。ターミナル2北側の展望デッキより。(2004年12月6日 羽田HND) 2020年6月記    A320、JA8391は元全日空の機体でしたが、現在はバニラ・エアに移籍しました。展望デッキより。(2004年8月13日 新潟KIJ) 2020年6月記      B737-500、JA300Kが羽田へ出発。この機体はANAへ移籍、エア・ドゥへもリースされましたが、アメリカへ売却されました。展望デッキより。(2004年7月21日 能登NTQ) 2020年7月記      
B737-500、JA300Kが羽田へ離陸。この機体はANAへ移籍、エア・ドゥへもリースされましたが、アメリカへ売却されました。展望デッキより。(2004年7月21日 能登NTQ) 2020年7月記        A320、JA8389。この機体は元ANAで、エアーニッポン終了後にANAに戻りましたが引退しました。展望デッキより。(2003年7月27日 新千歳CTS) 2021年4月記         YS-11、JA8772が到着。展望デッキより。元ANAの機体でしたがプーケット航空へ売却されました。(2003年6月15日 新千歳CTS) 2021年5月記         
YS-11、JA8772が出発。展望デッキより。元ANAの機体でしたがプーケット航空へ売却されました。(2003年6月15日 新千歳CTS) 2021年5月記           B737-500、JA356Kに乗って羽田から大島へ到着。この機体はデンマークのマースク航空で、エストニアン・エアやルーマニアのタロム航空を経ていましたが引退しました。(2003年3月4日 大島OIM) 2021年6月記         ボンバルディアDHC-8-300、JA801Kが羽田から到着、折り返し羽田行きに乗ります。この機体はANAに移籍した後、カナダに売却されました。展望デッキより。(2003年3月4日 大島OIM) 2021年6月記    
ボンバルディアDHC-8-300、JA801Kが羽田から到着、折り返し羽田行きに乗ります。この機体はANAに移籍した後、カナダに売却されました。展望デッキより。(2003年3月4日 大島OIM) 2021年6月記      ボンバルディアDHC-8-300、JA801Kに乗って羽田へ向かいます。この機体はANAに移籍した後、カナダに売却されました。(2003年3月4日 大島OIM) 2021年6月記      ボンバルディアDHC-8-300、JA801Kに乗って羽田へ向かいます。この機体はANAに移籍した後、カナダに売却されました。(2003年3月4日 大島OIM) 2021年6月記      
ボンバルディアDHC-8-300、JA801Kに乗って羽田へ向かいます。この機体はANAに移籍した後、カナダに売却されました。(2003年3月4日 大島OIM) 2021年6月記  ボンバルディアDHC-8-300、JA801K機内。大島から羽田へ向かっています。この機体はANAに移籍した後、カナダに売却されました。(2003年3月4日) 2021年6月記   ボンバルディアDHC-8-300、JA801K機内。大島から羽田へ向かっています。鉄道のような4人向かい合わせの座席もありました。この機体はANAに移籍した後、カナダへ売却されました。(2003年3月4日) 2021年6月記   
B737-400、JA392Kに乗って八丈島へ向かうのですが、管制塔の通信トラブルとかで出発が大幅に遅れ、機外で待機中。この機体は元ヴァージンエキスプレスでしたが、売却。(2003年3月1日 羽田HND) 2021年6月記     B737-400、JA392Kに乗って羽田から八丈島へ向かっています。この機体は元ヴァージンエキスプレスで、さまざまな航空会社を経た後に南アフリカへ売却されました。(2003年3月1日) 2021年6月記      八丈島から羽田へ乗る予定だった便になる羽田からの便が強風で着陸できず、欠航になってしまいました。(2003年3月1日 八丈島) 2021年6月記      
 
 
八丈島から羽田へ乗る予定だった便になる羽田からの便が強風で着陸できず、欠航になってしまいました。次の便も天候調査中になってますが、欠航になりました。(2003年3月1日 八丈島) 2021年6月記        B737-400、JA392Kが羽田から無事に到着。折り返し羽田行きに乗ります。この機体は元ヴァージンエキスプレスでしたが売却されました。展望デッキより。(2003年3月2日 八丈島HAC) 2021年7月記         私と同じく便の欠航で帰れなくなった横浜から来たご夫婦。この日は飛べるのでほっと一息。(2003年3月2日 八丈島HAC) 2021年7月記         
B737-400、JA392Kが八丈島を離陸して羽田へ向かいます。この機体は元ヴァージンエキスプレスでしたが、エア・ドゥ。ソラシドエアなどを経て海外へ売却されました。(2003年3月2日 八丈島HAC) 2021年7月記          B737-400、JA392Kが八丈島から羽田へ向かっています。この機体は元ヴァージンエキスプレスでしたがエア・ドゥ、ソラシドエアなどを経て海外へ売却されました。(2003年3月2日) 2021年7月記           B737-400、JA391Kが到着。折り返し羽田行きに乗ります。この機体は元フーツラでしたが、エア・ドゥなどを経てアメリカへ売却されました。展望デッキより。(2003年1月11日 鹿児島KOJ) 2021年7月記         
B737-500、JA358Kが間もなく出発。この機体は元デンマークのマースク航空で、ANAへ移管されましたが、アメリカ企業へ売却されました。展望デッキより。(2003年1月17日 長崎NGS) 2021年7月記