日本アジア航空(EG/JAA)・JALウェイズ(JO/JAZ)

日本アジア航空は、日本航空本体が中国便の運航をはじめた際、政治的配慮から台湾便を運航する会社を便宜上別会社としたものでした。しかし晩年は便名だけが日本アジア航空で、機体は日本航空そのもので運航していました。現在となっては中国の航空会社が堂々と台湾へ、台湾の航空会社がやはり堂々と中国に乗り入れていますので、日本アジア航空も昔話、といったところでしょうか。JALウェイズの前身は日本航空のチャーター部門ともいえるジャパン・エア・チャーターという会社だったのですが、次第に日本航空の便を請け負う運航会社となり、後に自社便名でグアムやハワイに飛ぶようになりましたが、再び日本航空と統合されて消滅しました。 2012年10月記

日本アジア航空B747-300、JA8185。引退後は貨物専用機に改造されアメリカのカリッタ・エアに売却されたようです。(2008年2月28日 成田NRT) 2012年10月記 JALウェイズB747-200、JA8150。引退後はオリエント・タイ航空に売却されたようです。(2007年6月20日 新千歳CTS) 2012年10月記 JALウェイズB747-300、JA8186。この機体は元日本航空でしたが、ナイジェリアのマックスエアに売却されたようです。(2007年6月4日 成田NRT) 2012年10月記
JALウェイズのB747-300、JA8187が出発。元日本航空の機体で、トランスアエロ航空に売却されましたが、その後トランスアエロ航空は倒産してしまいました。展望デッキより。(2007年4月9日 小松KMQ) 2017年10月記 JALウェイズのB747-300、JA8187が出発。元日本航空の機体で、トランスアエロ航空に売却されましたが、その後トランスアエロ航空は倒産してしまいました。展望デッキより。(2007年4月9日 小松KMQ) 2017年10月記  JALウェイズのB747-300、JA8187が離陸。元日本航空の機体で、トランスアエロ航空に売却されましたが、その後トランスアエロ航空は倒産してしまいました。展望デッキより。(2007年4月9日 小松KMQ) 2017年10月記 
JALウェイズB747-300、JA8186。この機体は元日本航空でしたが、ナイジェリアのマックスエアに売却されました。ターミナル1の展望デッキより。(2006年4月17日 羽田HND) 2018年12月記 JALウェイズのB747-300、JA8187がホノルルから到着。元日本航空の機体で、トランスアエロ航空に売却されましたが、その後トランスアエロ航空は倒産しました。展望ホールより。(2005年7月28日 関西KIX) 2020年4月記 JALウェイズのB747-300、JA8186が出発。この機体は元日本航空でしたが、ナイジェリアのマックスエアに売却されました。ターミナル1の展望デッキより。(2004年7月13日 成田NRT) 2020年7月記 
JALウェイズのDC-10、JA8544。この機体は元日本航空でしたが、系列のさまざまな航空会社を経て、オメガ・エアへ売却されました。ターミナル2北側の展望デッキより。(2004年1月7日 成田NRT) 2020年9月記   日本航空のB747-200、JA8129が台北へ出発。この機体は元日本航空でしたが、オリエント・タイ航空へ売却されました。ターミナル2南側の展望デッキより。(2003年11月4日 成田NRT) 2021年3月記